連載・母と子供①全ての問題はインナーチャイルドの問題である。

ここから4回で、母と子供の関係についてをお話ししたいと思います。

と言いますのも、セッションを受けられる方の多くが、

ほとんどと言ってもいいのですが、

この母子間のことが根底にあるからです。

今日はその①、

全ての問題はインナーチャイルドの問題である

です。

子供が育つ過程では、母親の愛情を目一杯に受ける、受けとることが特に必要な時期があります。

そこではお母さんが(または代わりとなってくれた祖母、姉、おばなどの存在が)、無条件の愛で包んでくれることが、健全なパーソナリティを育むには不可欠です。

お腹の中から、乳児期、幼児期2歳ごろまでの段階です。

多くの場合には、無条件の愛でいつも包むことが難しいかもしれません。

また幼児期後期の課題には、自主性があります。はじめて友達の中、世の中に出てみて、どうやったらいいのか、何をしたいのか、どうすればできるのかということの基礎的な訓練をする時期。

その時には、友達の中でうまいかかなくても、家に帰ればそれを無条件で認めてくれて、また行ってらっしゃいと送り出してくれるお母さんや家族の存在が大切になります。絶対の安心が必要なんです。

しかし、このころに親が過干渉であったり、支配的であったり、拒否されていたとしたら、つまり、親の都合を押し付けられたとしたら、

自主性が育まれることはなく、親の考えに基づいて生きていくようになってしまいます。多くは恐怖心からそうならざるをえない。また、うまくできなかったという罪悪感も持つようになっていきます。

さて、自分の人生を生きるために、自分自身を取り戻す時、

ある程度までくると、

これら胎児、乳児、幼児期の癒しが必要となってきます。

インナーチャイルドの癒やしです。

親の方に、

子供が自分とは違う一人の人間であるという認識がない

自分のコンプレックスを子供で解消したい

ストレスを子供にぶつけてしまう親。

無関心、過干渉、時にその両方。

そんな中で子供は、

ここが安全だと思えない

世界は危険である 怖い

自分は恥である

自分に価値があるとは思えない

お母さんのため、家族のため、周りの誰かのために生きるのが当たり前になる

おさめることのできない怒りを持っている。

etc。

玉ねぎの皮を一枚一枚向いていくかのように、

自分自身を取り戻していく過程になっていきます。

そこにあるのは、めくってもめくっても、

親子関係であり、お母さんとの関係なんです。

体験の数だけインナーチャイルドはいます。そして、助けてくれるのを待っています。

全ての問題はインナーチャイルドの問題なんです本当に。突き詰めて考えてると、あなたの目の前の問題は、ここから始まっている。

それほどインナーチャイルドは大切です。

☆☆インナーチャイルドの癒し方☆☆
・インナーチャイルドは体のどこかにいます。体の違和感のあるところにいることが多いです。例えば肩が痛かったら手を当ててあげて言葉をかけてあげてください。「大丈夫だよ。一緒にいるよ。ありがとう。」
・そして、日ごろから体と対話することを心がけます。そうすると体は喜びますし、インナーチャイルドの存在も分かるようになってきます。
・傷ついているので、そっと大切に触れてあげてくださいね。

次は、強い承認欲求は、親にぶつかってみる!で解決しよう。

投稿者:Hideko Quan Yin 投稿日時:

連載・母と子③諦める

昨日の承認欲求の話し、自分にも心当たりあるなあという方も多かったのではないでしょうか。普通ありますからね。ご心配なく。

今日は、諦める!です。

それは、誰かがあなたを認めてくれることを諦めましょう。

深い部分では、お母さんがあなたを認めてくれることをになります。

お母さんは、あなたの欲しいものを与えることはできないんです。

誰かがあなたを認めてくれることはない。あなたが与えてほしいと思っているものをくれることはない。

ということです。

多くの人の世の中で認められたいの根底にあるのが、

母に認められたいというものです。

頑張っていい成績を取ろうとする、

お母さんが喜ぶからと、周りの人を助けなくちゃと思っている、

お母さんが望む自分でいなくっちゃだめ。

認められたいと思ってとる行動には、

一見、認められたいとは思えないようなこともあるんです。

お母さんより優秀にならない、

お母さんより醜くなろう、

お母さんが望んだダメな自分になることでお母さんに認めてもらいたい!ということさえあります。

なんだかとても切ないですよね。

どんな親でも、子供にとっては唯一のお母さんなんですね。

しかし、どんなに頑張っても、

お母さんはあなたを認めることはありません。

それはできません。

なぜなら、お母さん自身がそれを与えてもらえなかったんです。

だから、あなたにあげるものを、それは無条件の愛にほかならないのですが、それを持ち合わせていないのです。

だから、あなたにそれをあげることができなかった。

子供としては、呆然となるばかりですが、

諦めるしかない。

悲しいけれどこれが、私たち子供が知る必要のある客観的事実。

じゃあどうすればいいの!?

ちゃんと答えがありますよ

それでは、続きをどうぞ。

人生って、誰のものでしょう?

投稿者:Hideko Quan Yin 投稿日時: