タグアーカイブ | 感謝

最後のありがとう・介護の話

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。介護士歴14年ほどの私が、心に残るありがとうの言葉です。

『最後のありがとう』

・・・・・デイサービスに通っているかずさん(仮名)。身体が小さくって、面白いこともおっしゃる、誰からも好かれているとってもかわいい方である。そのかずさんが、病気でしばらく入院していた。

2ヶ月ぶりで、デイに戻ってきた時には、酸素マスクをつけてだった。

状態ははっきりいって良くなかった。ナースも、あと数ヶ月かな。夏はこせないと思うよ。と言っていた。

久しぶりのデイサービス、入浴を私が担当した。

「こんなになっちゃって、頭ポカーンとたたいてやろう。」「みんなに迷惑かけて。」と自分で何度も言っていた。

「なーんも、迷惑でないよ。ちゃーんと話しできるもん。」と私。

日中は比較的お元気で過ごし、ご飯も、少しずつ食べることが出来たようだ。

さあ、今日は何事もなかったね、よかったといねという帰り際、

私を見つけて、

「今日は、お風呂ありがとう。ありがとうねえ。」とかずさん。

かずさんは分かっている。もう二度とこの言葉を私に言えないかも知れないことを。

「またね、待ってるよ。」

と言って、私はトイレに駆け込んだ。涙があふれた。

今まで、この「ありがとう」を、私はちゃんと聞いてきただろうか。

これ以上嬉しいことなどない、「ありがとう」の言葉。

他のことなどどうでもいいと思った。誰が何をしたなど、もうどうでも良くなった。

・・・・それからかずさんは、状態が落ちてきて、デイの利用は無くなった。

あの「ありがとう」は、私の宝物となった。

{7DF28BBC-1407-4B03-A66A-10B5FF3AD27A}

感謝万能説・感謝は神との直通LINE?

 こんにちは、
Hideko Quan Yinです。
先日の神聖幾何学講座より、がぜん感謝モードになっています。
参加された皆様においては、それぞれに最善の事が起こっていましたが、全体を通してのテーマの一つが感謝でした。
これまでにも、感謝できないでいる自分は分かっていましたので、私においても感謝とは何かを体得するタイミングだったようです。
講座の翌日、とあるイベントで、みんなが私に優しくなっていることに気がついたり(優しくされることに慣れていない自分がいたのですが)、何かが行われる際に、私が縁の下で辛い思いをしなくてもいいことが分かったりと、気づきが起こっていて、早速の感謝効果が。
それにつづいて起こったことは、恥ずかしいと思っていた自分の過去と向きあったことでした。
起きた出来事そのものよりも、恥ずかしいと言われたことが本当に辛かったんですが、それは、言った人がそうだったというだけのこと。
私が恥ずかしいのではなかった。
そして、恥という概念は、感謝や愛の波動には存在できないこと。
どちらを選ぶかを決めるのは私だということ。
そんな変容を体験しました。
元来私って不平不満の人なんじゃないかと思っていたこともありましたが(今でもありますが)、講座からは、何と!不平不満を思った自分にも感謝してしまっています。
一つ行動、一つ感謝。
ふざけんなよ!と言った、思った自分には、そう思ってくれてありがとう!とつぶやいてみてる。
そうすると身体がびっくりするのが面白い発見。
神聖幾何学講座では、神の創造を体験していきます。
神の創造とは、ディバインであり、聖なる流れ、グレース。
それを、この次元の言葉であらわすと、感謝になるかな。
感謝ですべてがまかなえるわけではないと思うけれど、
感謝はすべての潤滑油であり、もしかしたら、神と一番近いのかも。
そんな風に思えています。
みなさんも、感謝の波動で、まさに創世記のごとく神とともにあってくださいね。