タグアーカイブ | マルディック

マルディックにおける、共通事項とは。

『 それは、彼らの脳の松果腺は、同意にもとづいた活性化のときまでは、高次元の波動やコミュニケーションや光を受けとるための装備ができあがっていないという、単純な理由からです。そのときとは、26000年の進化のサイクルで最初の5200年周期のちょうど半分に当たる2600年をさしていました。』

こんにちはヒーラーのHidekoです。今日はマルディックの4つの社会での、松果腺の活性化、染色体の浄化、肉体と魂のつながりなどなど、共通事項についてです。

『 以上のマルディック4つの社会は、最初の2000年間はお互いに完全に孤立した状態を保っていました。それはそれぞれの社会が遠距離にあり、最初から出会う時期が決められていたことによるものでした。

どの集団にも新しい故郷の惑星とその環境に慣れるための、そして可能なかぎり遺伝子レベルで癒されるための、また探検という意識的に衝動を発達させるための時間が必要だったのです。

そして2000年ごとにマルディック上の大部分の植物や動物の染色体の変異が浄化されると、マルディック人はそれらのより健康的な食料源に対して、魂のレベルでそしてDNAのレベルで癒やされるというかたちで反応しはじめました。

マルディック人は概して単純で少し無気力な人々でした。

そして彼らの肉体への魂のつながりの一部の側面と、七番目のチャクラにおける創造への衝動は、染色体の変異が少なくとも部分的に癒やされるまでは休止状態にとどめられることが前もって決められていました。』


2000年ごとにマルディック上の大部分の植物や動物の染色体の変異が浄化される

マルディック人はそれらのより健康的な食料源に対して、魂のレベルでそしてDNAのレベルで癒やされるというかたちで反応しはじめました

最初から4つの社会が出会う時期が決められていた

七番目のチャクラにおける創造への衝動 体への魂のつながり 染色体の変異が少なくとも部分的に癒やされるまでは休止状態

彼らの脳の松果腺は、同意にもとづいた活性化のときまでは、高次元の波動やコミュニケーションや光を受けとるための装備ができあがっていない

聖なる男女が配置された

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日もプレアデス人類と惑星の物語より、マルディック、大天使ルシファー、そして、聖なる男女についてです。

マルディックの人々の自己信頼の欠如と、DNAに刻み込まれた死と変化への怖れを修正する必要性のために、

「至高存在」としてつかえる一人の守護者がマルディックの大気中にとどまることを決定されました。

それが大天使ルシファーでした。

その役割とは、

個と一体を同時に保有することができる非常に進化した存在であり、

惑星全体や惑星のすべての種のために、「聖なる計画」という「夢」を保持し、

惑星や宇宙や銀河の星々からの符号をつねに完全に受容できる状態にあり、

いつでも問題が生じたときには必要なことを自分で決めて解決する能力がなければならなかった。

プレアデスの光の使者やアンドロメダからの天使存在の集団も集まってきました。

また、多くの傷つたいアンドロメダ人がここにやってきた。

彼らは来たるべき地球上での「宇宙的な人種の混合」という「聖なる計画」のためにやってきたのでした。

マルディックにつかえるすべての存在たちは同じプロセスを体験した。

銀河の中心と溶け合い符号化されたあとで彼らはシリウスの意識と門を通過し、

更にアルシオネの意識と門を通過し、

それからプレアデスのすべての星々を通過して、

最後にあなたがたの太陽系の太陽を通過しました。

より大きな姿をした守護者の一部が、惑星の「チャクラ・システム’を維持するためにマルディックの大気中の渦巻状の地点に配置されました。

先例の一つとなったのが、互いに対になった聖なる男女の存在たちをマルディックの中心核に配置したことです。

彼らはタントラのエネルギーや創造的な生命力、男女の愛、バランス、平等を保持しています。

それらの対になった存在は、太陽の符号やルシファーからの特別な指示にもとづいて指令を受けとり、その惑星とそこに住む人々のために内側から外に向けてエネルギーパターンを確立させるのです。

男性性と女性性のバランスを取ることと性的な癒やしは、もとの火星人にとってもマルディックに来て人間として生きることを選択したその他の集団にとっても、いまだに大きなカルマの課題だったのです。


これは、今の地球上で最も癒やされなければならない課題であり、また、プレアデスの姉妹図書である、『タントラワークブック』は、日本での出版が大変遅れたというこもありました。

タントラという言葉から神聖さを受け取っている人は未だ少ないのかなとも思います。タントラはある意味すべてです。

生命の誕生は神と女神のタントラによって生み出されるもの。そこには全てに繋がる全てが生み出されます。

マルディック/死と変化への怖れ

マルディックと聞いて魂がざわざわとするのは私だけでしょうか?

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

マルディックでの人類の物語が始まります。マルディックとはどんなところなだったのでしょうか。

私たちの太陽系の進化に関するラーの話が続きます。

火星上の生命が破壊された直後に、この銀河内の生命体は総じて遺伝子に傷を持っていることが分かった。

その遺伝子の傷が、不自然な早死の傾向をもたらしていた。

それで、遺伝子内の染色体の循環パターンと周波数がその惑星自身や太陽の軌道周期と密接に調整されました。

目の瞬きと同じように、その時空の連続体におけるたった千分の一秒間に、すべての生命ある種は、一瞬だけ停止し、「現実との照合」を刻みつけます。それから彼らは現時点での太陽の符号に合わせて再調整され、一見変わりないように見えるみずからの生命の軌跡をふたたび歩み続けるのです。

そのためには,染色体がその瞬間だけ回転を止めて需要的になる能力を秘めていなければなりません。

早死という寿命の短縮化とは、「停止よりも萎縮を」という染色体の反応によるものでした。

そしてその植物を食べる人間にもそれと同じ現象が起こっていた。

これによって人間のなかに「細胞レベルでの変化と死」への恐怖という感情的な衝撃がもたらされた。

死と変化への怖れは人生への抵抗というかたちであらわれた。

その後、植物や動物や人間の肉体が意識の休息やパターンの変化に反応することができないことが発見され、それが寿命が短くなる決定的要因であることが明らかになった。

そのために、細胞や染色体の萎縮反応を無効する意識を合体させるという目的のためにDNAの鎖のなかでさまざまな変化が起こされた。その成果として520年周期の休止が起こったとき、エーテル体と肉体とが意識の反応パターンにしたがうことができた。

最終的に、時空の連続体の短い休息のあいだに染色体と細胞がただ「停止」し、それから意識が新しくも馴染みのある活動に戻ったときにそれらの通常の回転を再開することが可能になった。

新しいDNAをもった新しい動物や植物を充分に誕生させることで、残りの動物や植物たちもさらに数周期をかけて順応していった。

プレアデス人とデイヴァによって解決される次の問題は、相対的な進化のパターンを変更せずに、人間のスピリットへの魂の刷り込み「死と変化への恐怖という感情的な衝撃」をいかにして修正するかというということだった。

そして、人間を新しい肉体に誕生させ、彼らに正しい染色体のパターンを持つ植物や動物を食べさせる以外にそれを可能にする方法はないと決定された。

これがマルディックが位置していた場所です。

マルディックは、マルディックに連れられてくる人々の自己信頼の欠如と、つねに一定のしかたで修正される必要がある進行中の染色体とDNAの変化というなかにあったのでした