タグアーカイブ | プラーナ

月と太陽、インドではイダー、ピンガラー

イダー(左脈管)はチャンドラナーディー(月の脈管)、ピンがラー(右脈管)はスーリやナーディー(太陽の脈管)。クンダリーニ上昇の経路でもある。

太陽と月、そして地球。これを三位一体とするなら、人体のエーテル体にある、イダーとピンガラー、そしてスシュムナー。イダーが月の道、ピンガラーが太陽の道、スシュムナーは中央脈管。それも三位一体。

イダーが副交感神経を司り、呼吸は深くゆっくりとなり、消化器がよく働く。一方、ピンガラーが交感神経を司り、呼吸は浅く、消化の働きを抑える。

中央脈管のスシュムナーとは、会陰から咽頭、そして脳髄にいたるプラーナの幹線道路。タントラでは大宇宙と小宇宙の一致を思想とする。その際に、背骨を人体宇宙の中心とする。背骨は、頸椎7つ、胸椎12個、腰椎5つ、仙骨5つ、尾てい骨5つ、で構成される。

  •  背骨  チャクラ   ☆五大元素
  • 尾てい骨・会陰のチャクラ☆地
  • 仙骨・生殖器のチャクラ☆水
  • 腰椎・臍のチャクラ☆火
  • 胸椎・心臓のチャクラ☆風
  • 頸椎・喉のチャクラ☆空

会陰のチャクラから7200本の脈管が上昇、左イダーと右ピンがラーに分かれる。宇宙現象の多様性を、人体ではこれらの無数の脈管を通って移動するプラーナとして表現される。

生と死、音楽とそれを聞く者、真実と虚偽など、対立するあらゆる概念を、左右の脈管の中を流れるプラーナにあてはめて、相克ないしは中和・止揚させて、中央脈管に通すとイメージする。仏陀の中道にも通ずる概念。

ハタヨガの目的は、この太陽と月、イダーとピンガラー、つまりは二元性の象徴を、中央脈管で一つにすること。マーヤーとブラフマン、輪廻と解脱という二元性も含まれる。

こちらもどうそ★めくるめくインド

クンダリーニの癒しと活性化セッションはこちらから★

私がうつを治した実際の方法

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。今日は新月★

今日は、私がうつの時に行った方法をご紹介します。

私は、今からあげる方法だけでうつから仕事復帰を果たしましたので是非参考にされてください。

が、その前にひとつ大切なことがあります。

それは、私もそうでしたが、服薬が必要な時期があるということ。

焦る必要はなく、自分の状態と相談しながら、信頼のできるDrがいる人は相談しながら進めてくださいね。

では、今日からできることはこちら。

  1. 太陽に当たる
  2. 朝早く起きる
  3. 朝散歩する
  4. 気のいいところに行く(パワースポット)
  5. ヨガ(深呼吸)

まず太陽に当たることで、とにかく夜ぐっすり眠れるようになります。できれば午前中のうちに1時間ほど当たるのががおすすめです。これで全然違ってきます。

うつの時には夜眠れないこともままありますし、すごくつらいですよね。それが熟睡できるだけで気持ちも身体もかなり楽になりますからね。

そして、それを出来れば朝早く起きて太陽に当たりながら散歩ができればもっといいですね。

身体と心は繋がっています。散歩をして毎日規則的に身体を動かすだけでも、10日ほどしたら体調が良くなっていることに気が付きますし、それが朝早くの太陽を浴びながらだとさらにいいと思います。

が、実際には雨の日もありますし、毎日太陽に1時間当たるのは難しいかもしれません。

私は通勤で毎日1時間歩いていた時期がありました。家から駅まで15分、駅から職場まで15分、往復で1時間です。最悪と思いましたが、実際には夜は熟睡で体調はとても整いました。通勤通学で歩くのはおすすめですね。

また、出かけたくないという場合や、雨の日には、北欧の人たちが太陽の代わりに浴びるライトがあります。北欧の人はうつになりやすく、そのライトに当たると太陽に当たるのと同じ効果があるというもの。(*私の体感では効果は太陽より若干落ちる)アマゾンなどで検索すると出てきます。昔は数万円しましたが、今は数千円からあります。

毎日太陽に当たる、体を動かす、早起きするのうちのどれかだけでもOKですし、平日やって土日は休んでも全然大丈夫です。身体があれ、なんか体調いいかもって感じられるのは励みになりますよね。

次は4の気のいい場所に行くですが、パワースポットに行って、いい気を身体に取り入れてください。気って何?ってことになりますが、波動の高いエネルギーのこと。

神社仏閣を思いうかべると思いますが、そこについても、早朝から午前中がおすすめです。私のおすすめは、海や山、森林などの自然の中です。

そして、5のヨガですが、身体の周りの気のことをプラーナといいます。

4の続きになりますが、パワースポットや自然の中に巡っているいい気、波動の高いエネルギーは、どこに取り込むか?というと、自分の周りに巡っているプラーナに取り込むことになります。(*もっと詳しく言うとエーテル体です)

そこで必要なのは、深呼吸です。神社の前でヨガはできなくても深呼吸はできますよね。ぜひ呼吸で取り入れてください。

そして、ヨガを通して呼吸をする時にはポーズをしますよね。ポーズをして呼吸を身体に通す。それで身体に溜まったネガティブなものをリリースすることができます。

そのネガティブなものとは、前回お話したうつに繋がる考え方の癖、それに至る体験のエネルギーなど、うつの原因であったりします。

という訳で、今日はうつの時にできる今日からできることをお伝えしました。

私の場合には、服薬を完全にやめて、この方法を3ヶ月ほど行い、仕事復帰を果たしました。

正確に言うと、仕事が通常どおりに行える程度にまで体調が回復した、というところです。

実際に、その後何年も断ってからうつの原因となったエネルギーが潜在意識の奥の方から出てきました笑。

が、とりあえず仕事に戻れるまでになれたら良いと思いますね。

これを読んでくださっている方も、できる範囲で体調と相談しながら取り入れてみてくださいね★

また、ご質問やご感想もお待ちしています♪