タグアーカイブ | ドルイド

人との違いに感謝する・ドルイド

こんにちは★今日は月齢が1.4のまだ新月のエネルギーが満ちてる最中です。

今日私の上にはいにしえのドルイドの過去世が降り注いでいます。というか横たわっています。

過去世でドルイドに属していた人々は今生も一緒に転生していることが多いと思いますが、そんなみなさまに今日はドルイドの過去世を癒やすためのメッセージとなるようです。

『広い意味でのドルイドとは宗派を問わず属性も問うことなく、誰もが共同体の一員であるという認識のもとに私達は生活していました。

しかし、一部の今古代ドルイドとしてメディアなどに取り上げられている生贄の習慣や厳しい戒律を持っていたドルイド僧といった人たちが存在していました。それは、もちろん真心からそういった方向に走ったのですが、今現在だとしてもまた、当時であっても、それは受け入れがたい戒律を伴うものでした。

人を神様に差し出すことなど神が望んでいるわけがないということは、現代人であれば共通の理解が可能だと思います。

しかし、生まれたときからドルイドの家系に生まれた人たちからすると、善意という真心は、次第にこう在るべきであるだとか、何としてでも私たちが人類を救わなければならないといった、信じる心とは全く逆の考えに侵食されていきました。

本来信仰心とは、自分という存在を、それを超えた大いなる存在(これを私達プレアデス流にはハイアーセルフといいます)に明け渡すことが大前提です。どの程度それができるのかは問われません。あなたの学びの程度にそれがされたときに、祈りは叶うわけです。

大いなるものに自分を明け渡すことが困難であったも(それはときに犠牲を払うように感じたとしても・本来はそうではないのですが)、私達が今取ることのできる自分のあり方があります。

それは、『人との違いに感謝する』ということです。もっと言えば、人と分かり合えないことに感謝することになります。

分かり合えない人を私たちは(私も含めて)忌み嫌います。時に、分かってくれないと言って責めたり、罵ったり、殺人の原因(本当に殺す以外でも)となることさえあります。

私自身も、どうして分かってくれないのだろう・・・・、分かってくれさえすれば、全てが解決するのに・・・・・と、思い続けてきました。しかし、そう思えば思うほど、物事は進みません。掘る必要のない場所をずっと堀り続けているようなものです。そこからは美しい湧き水が出ることもないのに。

あきらめが肝心という言葉もありますが、いつなんどきにこのあきらめがやってくるのか・・・・私にはみなさんのその時は分かりませんが・・・・分かって欲しいと思うことをあきらめ、やめた時、そこに在るのは、あなた自身への敬意と尊敬、信頼、自分への愛などでしょう。

ドルイドの時代に人によっては激しく自分を律してきたのかもしれません。

しかし、その時代はもう終わりました。もう自由になってもだれもあなたを責めたりしません。

究極的に戒律を守ってきた私たちが、それを守らない人たちを受け入れるのは至難の業でしょう。しかも、それを守らなかった人々は、当時もそしていま現在でも、のうのうと暮らしているんです(そのように見えてしまいます)。

しかし、あなたの目の前のどうしても分かり合えないと感じる人を許した時、古代の痛みは消えてなくなり、そしてまた、今現在のあなたの魂が癒やされ統合されるんです。

今日はぜひ、この分かってもらいたいという地球人すべての痛みの原型を手放し、分かり合えないことに感謝してください。それは、実際に喜ばしいことなんです。あなたのできる限りにおいて。きっとできます。

新月のエネルギーとともに。』

・・・・では、ドルイドの精霊たちとともにプレアデスの癒やしの使者のメッセージをHidekoの体験もまじえてお伝えしました。良い一日を★

ドルイドの言葉

こんにちはヒーラーのHidekoです。

昨日は美しい月が見えていましたね〜★今日は月齢が16です。

今日はこれからの生き方にとって示唆的だなあと思った文章があったのでご紹介します。ケルト・ドルイドについてのホーフェンという人の言葉です。

ドルイドという部分を魂の生き方、イニシエート、スピリチュアリスト、ヒーラー、または真の人類、これからの生き方などに置き換えて読んで頂いてもいいかなと。

『ドルイドは周囲の自然界からインスピレーションを得る。彼女はあたらに雪に覆われた草原の上でキツネたちが跳ね回り、お互いに追いかけっこをしているのを見て、寒い冬の朝に喜びを見出す。彼女は寒い秋の日、さかりがついた鹿の呼び声を聞いて、熱さと情熱を感じる。彼女は夏の日差しのもと、食べ物と抜く餅を求めて飛ぶ蝶に純粋な喜びを発見する。彼女は猫が獲物に忍び寄る姿を見るとき、狩りのスリルを見出す。彼女は鷹の羽で曇り空を突き抜けて上昇するとき、人生の螺旋を反映する空の伸びゆく螺旋に上昇気流を見つける。彼女は人間の本性の精神を讃えながら、市の中心部で奏でられる人間の弦楽の響きの歌に耳を傾ける。

ドルイドであるということは、自分の周囲と同様、自分の行動についても責任を持つということだ。人はこれ以上それについて知らないではすまされない。目覚めて、力の限りを尽くして、できること、イエスと言えるすべてのことを理解するという言質を与えるべきである。それは周囲と分かち合えることと同様、自分の行動パターンを学ぶということである。それはいつ開放されるか、いつ蟄居(謹慎)するか、いつ叫び、いつ静かにするかを知ることである。

ドルイドであるということは、リサイクルについて監視することから、水道水がどこから来るかを知ることまで、生活のすべてのことが選択できるということである。私達が食べる食べ物から住宅地が広がったため住み処を失ったアナグマのことまで、すべてのことと関係を持つということである。無知をあきらめ。世界に対して目を開き、よりよい場所にするために、できることを理解するという、大きな犠牲を伴うことをおこなうことである。』(出典https://mikiomiyamoto.bake-neko.net/awen02.htm

ドルイドという響きに、どうしても過去世を思い出すためか笑、懐かしくも複雑な感情を抱いてきましたが、現在ではネオドルイドとして生きていく和が広がっています。

また、森羅万象の中に自分がいるという日本人の原風景とも重なっていると感じます。

これらの言葉を私なりに捉えると、『自らの行動の全てに霊的な責任を持つ』というになると思います。

私自身そうしたいと思いますし(出来ていない部分もたくさんありますが)、少なくとも今日着ているTシャツがアジアのどこかの国の少女が辛い思いをして作ったものかどうかに無関心ではもういられないわけです。

または、動物と彼らの高次意識の了解を得ないで、繁殖売買していることに無知ではいられないわけです。

私自身が、知っているのに見ようとしなかったこと、できないとただ思い込んでいたたくさんのこと、それらを教えてくれるのはいつも、植物や動物たち、そして自然のいとなみです。

どうぞ、良い一日をお過ごしくださいね★