月と太陽、インドではイダー、ピンガラー

イダー(左脈管)はチャンドラナーディー(月の脈管)、ピンがラー(右脈管)はスーリやナーディー(太陽の脈管)。クンダリーニ上昇の経路でもある。 太陽と月、そして地球。これを三位一体とするなら、人体のエーテル体にある、イダー […]