タグアーカイブ | スピリチュアル

独親の介護って可能なんだろうか②

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

昨日から今日までで、母と私、つまり独親と娘、又は介護が必要な親と子の関係性が変化してきたのを感じたのでUPしています。

1日だけでも、こんなに変わるってやはりエネルギーでの変容は大きいですね。

どのように変化したかというと、

これまでのような、傷つけられるしか、母との接点がなかった関係から、

母がおそらく生まれて初めてわたしに、

〇〇がないから買って来てくれない?

と頼んだのです。

記憶を思い返しましたが、母が素直にわたしにお願いするなんて!!

通常だったら、親戚や近所の人、私の友人も巻き込んで、大騒ぎした挙句、どうやら〇〇して欲しいのかな?と推察するしかない。

その繰り返しでした。

驚きとともに、やはり自分が変わることで、母との関係も変わるのだと実感。

まだまだいろいろあるとは思いますが、一晩のうちにでも関係性を変えることは可能なんだと実感できました。

相手は変えられませんが、自分自身なら変化変容できるんです。

そしてこちらが変われば、相手も変わらざるをえない。

では、いい1日を!

毒親の介護って可能なんだろうか

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

私自身がこじらせAC(アダルトチルドレン)であり、母親の介護という課題も最近増えた。というそんな話です。

自分が愛されたことがないと感じている母の介護をするということは、これまでの私には考えられないことでした。

私自身は、誰かに依存して生きることより、自立してきている方がずっと気が楽だと感じています。

しかし、私の母の場合には、娘や周りの人に依存しないと生きることはできない人です。それは明白です。

また、私の住む地方では、親の世話を子供がするのが当たり前、そうしない人は親不孝だとさえ言われます。

すでに、親戚の人からは、言われてしまいました。

親と一緒に住まないこと自体が親不孝だと。

私自身は首都圏でずっと生活してきましたので、都会のドライな人間関係のほうが心地よいですし、また、都会では自ら希望して一人暮らしをしている高齢者の人も多くいたりします。子供やお嫁さんと一緒だと気を使うからという理由だったりします。

一方田舎では、コロナの影響で薄まったとはいえ、もともとが濃密な人間関係です。職場では、誰がどこに住んでいて、家族関係はどうだ、親の勤め先はどこだなどどいうことが分かってしまっている中で生きていくしかありません。

田舎で通勤していたころは、本当にしんどかったです。

本題の、ACで愛情をかけてもらったことがない私が親のケアってできるものなのかな?ですが、はっきり言ってやりたくはありません。

人間は優しくされたときに、こちらも優しくできるものです。

子供時代に優しさをかけてもらえていたなら、当然優しくしたいと思っているはずなんです。

潜在意識はそうなっていますし、実感としてそうだなと思います。

母は私を恨むことで生きてきた人ですから、私がケアしたところで、ほんとうの意味で優しくされることもないと分かっているんです。

ここで私が決めたことは、周りになんと言われようが、自分をいちばんに大切にしようということです。

誰になんと思われてもいいと腹をくくってしまう。

いい子をやめる。

この先、ヘルパーさんに、あそこの娘さんってひどいよねと言われたとしてもしかたないって思うしかない。そう思っています。

やれることとやれないことがある。やれることだけすればいい。

うちの母の場合には、娘の幸せが絶対に許せないがゆえの過干渉です。

これまでには、会社に電話してきたり、不動産屋さんに私がいかにだめな人間かを示す謎の書類を送ってみたりと、行く先々で、私のためという御旗を振りかざして、私の人生を壊し続けてきました。

最終的にはいつも、言うことを聞かなければ死ぬしかないという脅し文句によって、私は言うなりになってきました。父が生きていた頃は、二人で一緒になってその脅し文句で私は支配されていました。

今冷静になってよく分かるのは、1ミリでも愛情があったらこんなことできるはずがない、ということだけを私にやり続けているということです。

つまり、母は私のことが大嫌いだという紛れもない事実があります。

だから、私も嫌いで当たり前です。

これを自分で認めることができるまでに、私は相当な歳月がかかりました。

プラス厄介なのが、子供のためという自分が絶対に悪くならないための仕組みと、親と一緒に住まないのは親不孝だという圧力です。

が、ここで分かっていることがあります。

スピリチュアルなことをさんざん学んできましたから笑。

罪悪感が、この事態を招いていることを。

そう、罪悪感なんです。

どうしても、幸せになっては悪いと思ってしまう。

私だけが、スピリチュアルに進化してはならないと思ってしまう。

湧き出してくる罪悪感が、今の現状をつくっているんですね。

そして、これも分かっているんです。

私が変われば、母も変わらざるを得ないことも。

母の私への(精神的に)暴力的な扱いでしか、母と接することができなかった関係から、違った関係へ変化せざるを得なくなるわけです。

なんとなくですが、母と私の関係性が変わるような感じがしています。

生まれてから数十年にわたる精神的暴力が、どのように変化するのか?

少し楽しみでもあり、信じられなくもあります。

今日は、こんな感じです。なにかの参考になれば幸いです★

スピリチュアル社会学

土曜日・スピリチュアルの社会学、今日は「世の中の同調圧力」っていう話です。

何か周りと合わせなければならないとか、みんなと同じ行動をしなければと、日本のすべての人が思っているのでは?というほど、社会のあらゆる階層にあらゆる場面で同調圧力があるように感じます。

コロナに感染した方のご家族が自殺するということさえ起こってしまいました。

誰にもどうすることもできない出来事であっても、まるで社会的な逸脱行為のように日本人はみんな過敏に反応してしまうのだと思います。

おそらく何の良いこともない、この同調圧力ですが、どうにかできないでしょうか?

考えてみました。

それには、同調圧力って、ほんとにあるのかな?

という視点が良いのかなと思います。

同調圧力は、本当にあります。それはエネルギーとして層のようになっていたり、雲のようになっていたりするんですね。

本当に存在するから、言い出しにくいと感じて、言うことをやめたりしています。

しかし、一方で、目には見えません。実際にはみんな感じているのですが、目ではまだ見えていません。

ですから、それを逆手に取って、そんなもの無かったかのように生きるのがいいかと思います笑。

つまり、スーパーKYになるってことです。

もうちょっというと、何と思われてもいいって開き直るってことですね。

圧力をかけてくる方と戦うより、さっさと自分が変わった方が効果的です。

私もものすごい怖がりです。

友人に「それって違うよ。」と言うだけなのに、数ヶ月寝かせてしまう人でした。

そして、意を決して言ったところ、「分かった。」の一言。

友人は、すぐに理解してくれて、それで終わり。

・・・・・

私の数カ月は何だったのだ〜!という感じですが、この場合は、私が友人を信頼できなかった、つまりは自分自身を信頼できなかったということだと気が付きました。

また、自分が思っているほど、みんな自分のことを見ていないという事実もありますよね笑。

同調圧力が先か、自意識(過剰)が先か、という話でもあります。

同調圧力には鈍感になって、その分だけ自分自身に正直に在りたいものです。

では、今日もありがとうございました。

image