タグアーカイブ | キリスト

キリスト、マグダラのマリア、その子供サラ

こんにちは、Hideko Quan Yinです。 

キリストとマグダラのマリアにはサラという子供がいました。

彼女はのちのテンプル騎士団となった団体で活動していました。テンプル騎士団は、フランスではとても有名な団体でした。教科書には出てきませんが、今も人々の間ではテンプル騎士団のことは語り継がれているほど、親しみがあるようです。

さて、サラの言葉が降りてくることがります。私もサラとは親しい感情をいだいています。魂レベルでの近さです。

彼女はもちろん、アセンデッドマスターの一人です。では、サラの言葉をどうぞ。

宇宙と共鳴する。地球自身とつながる。その間にいるのが私。

 
 

『今日の日をどのように迎えているでしょうか?

とりたてて普通の日のように思っているようですが、今日は特別な宇宙レベルの日なのです。それは、私が生まれた日が、今日5月10日なのです。

私が生まれた日がどうして特別だといえるのでしょうか。しかも、宇宙レベルでの特別さとは?なんでしょう。

誤解を恐れずに話すなら、私は特別の使命を持った人間として生まれました。

それは、父と母の遺伝子を残すことにありました。現在でも私の子孫はこの地上に生きていますが、そのことが重要なわけではありません。

父と母のDNAを次の世界へもたらすことが必要だったのです。

ご存知のように、父はイエス・キリストと言われる人になります。しかし、父は全く普通の人間でした。本当にあなたと同じ人間だったのです。偉大なことを達成した人はとかく全てにおいて素晴らしいのだろうと思われているようですが、私の知る限り父も母も、普通の人間に過ぎなかったと言えると思います。

母がいつも心配性だったこと、父が時にうつのようになっていたことから見ても、私と同じ、あなたと変わりない存在だったというのが真実です。私においてもそれは同じく、私が地上で成し遂げたこととは別に、私自身を振り返ると全く喜怒哀楽の時に激しかった人でした。今のあなたと同じように。それにもまして酷かったかもしれませんね(笑)。

それにもかかわらず、今日の私の生誕の日とは、宇宙にとって特別な日にほかなりません。私の成し遂げたことがあって、今みなさんは生きているからです。これは自慢でも何でもないこと、正確に話していますから。正確さが必要になります。あなたの人生を見たときにもそうです。

今あなたの人生の棚卸しを始める時です。棚卸しとは、あなたの人生に何があったのかを、正確な目で見てほしいのです。あなたがそれを見たのは、遠い昔、子供時代でしょう。子供時代に決めたことが今でもそのままなのはやはり正確さにかけることでしょう。

あなたの最大の出来事を紐解いていって、今現在のあなたの目でそれを見てみましょう。

観察するようにしましょう。

あなたの答えはそこに全てあります。私がそうだったように。そして、みなこの過程を通って進化していくことを知っておいてほしいと思います。今日はあなたとともにあります。

サラ』

2018/05/10にup

マグダラのマリア教会の様子はこちらより

光あれ・・・ サラの言葉①

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日から7日間に渡って、サラからのガイダンスにより、創世記(旧約聖書)の創造の7日間とサラからのメッセージをお伝えします。

テキストは、岩波文庫『創世記』です。

創世記の最初、それはこの世界の創造されたときについてを物語っています。

テキストには、

創造

第一章 始めに神が天地を創造された。地は混沌としていた。暗黒(やみ)が原始の海の表面にあり、神の霊風が大水の表面に吹きまくっていたが、神が「光あれよ」と言われると、光が出来た。神は光を見てよしとされた。神は光と暗黒との混合を分け、神は光を昼と呼び、暗黒を夜と呼ばれた。こうして夕があり、また朝があった。以上が最初の一日である。

・・・・英語版では・・・・

In the beginning God created the heavens and the earth.

Now the earth was formless and empty. Darkness was on the surface of the deep. God’s Spirit was hovering over the surface of the waters.

God’s said “Let there be light,” and there was light.

God saw the light, and saw that it was good. God divided the light from the darkness.

God called the light “day,” and the darkness he called “night.” There was evening and there was morning, one day.

では、この創造の第一日目についてサラの解説です。

みなさんは普段、この聖書のいちばん最初にでてくる創造を意識することはないでしょう。それは、どこかの天上にでもあるように思っています。神話か何かの中のことと。

しかしながら、生きるということは、すなわち創造の第一日目から七日目までを繰り返していることなのです。

創造の一日目で私たちはこの世界が光と暗黒に創り上げられるのを見ました。それはすなわち私たちの二面性を両極性を物語っています。そして、それを神はよし(good)とされているのです。

つまりここから読み解くと、暗黒さえも良いことの一部であるという理解ができます。光があるためには暗黒が必要です。それは、3次元でももっと高次の世界でも同じなのです。光だけを追い求めるのははっきり申し上げて間違っています。あなたに必要なことはあなたの暗黒を光で照らすことです

もう一度申し上げますが、光だけを求めるのはあなたがた人間にとっては自然ではありません。

光と同じくらい暗黒があなた達には存在しています。内面に同等にあるのです。

アセンションへ向かうためには、言葉を変えると地球のアセンションに貢献するには、プラスティック製品についてどうこうするのではなく(それもやってもいいですが、それよりも)、あなたの内面の暗黒さに光を当ててあげること。今の時代それは否応でも浮かび上がってきます。そこから目を背けることなく、神はあなたの光も暗黒も同じように愛おしく思ってらっしゃいます。それが神との共同創造であり、今の地球にあなたが出来る最大限の貢献です。

サラ