タグアーカイブ | うつ

うつの服薬をやめた時に行った3つのこと

『うつ病を自分で治す』私が服薬をやめた時に行った3つのこと。

をお贈りします。

始めに、服薬が必要な時期はあります。こんな方法もあるというご紹介ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まず、どんな時にうつになるのか?

★真反対の出来事が起こった時、どちらを選んでも誰かを苦しめることになる時

例えば、自分の会社での成績を上げることは出来るが、お世話になった取引先をないがしろにしてしまう。

または、自分の気持と反することを親から言われ強要された場合

★自分が思い描いていた将来の自分になれない

例えば、いい大学に入って、一流企業に就職して、順調に出世して、家庭を持って・・・・、そうなれなかった自分を認めることができない。

★今までの価値観で生きられない

例えば、進学で都会に引っ越した時や、転勤や移動で、違った文化の職場に配属になった際に、これまでの自分を変えることができない場合。

などが挙げられます。

こんな場合に、まずはなるべく早く、うつの原因となる環境から遠ざかることですが、なかなか本人含めてうつだとはすぐに気が付かないという問題があります。

うつになるとこのような状態になります。

★本を読んでもまったく理解できない

★朝起きれない、なんとか起きても活動できないが、夕方になると頭がスッキリしてくる

★何かをしようという気力がない、そんな気にならない

★物事に集中できない

★生きているのが辛い、死にたいと思う

などの感情や状態が起こっていたら、うつの可能性が高いです。

私の場合には、3年間うつの服薬をしました。

職場の退職をきっかけに服薬をやめてみたところ、うまくいきました。

ちょうど服薬をやめられるタイミングだったのだと思います。

それでは、うつの薬をやめた時に行った3つのこと。

★朝早くおきて、太陽の光を1時間浴びる

・・・・北欧では日光が当たらない時期が長いのでうつが多いそうです。その反対の考えで、太陽の光を午前中に1時間当たりました。そうするとその日の夜から眠れるようになります。うつの時には眠れないことが多るく、それだけでも本当に辛いのですが、夜眠れるだけでもかなり楽になります。一週間続けるだけで、身体が元気になったのが分かると思います。

★ヨガ

・・・・やればやるほど身体から悪いもの(うつの原因となるもの)が出ていくような感覚でした。ポーズとともに呼吸を通すので、副交感神経が優位になりリラックスも出来るようになります。

★パワースポット、自然の中で過ごす

・・・・パワースポットをめぐる、海岸で潮風に当たる、森林浴(おすすめは木とハグすること)。

この3つです。この3つとも浄化の効果が高いと思います。

この方法を続けていたら、3ヶ月後には仕事への復帰を果たしました。正確には、仕事ができるレベルまで回復したということになります。

何かのご参考になれば幸いです★

サバイバー・依存と離人感、自分の人生とは思えない

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

・・・・ということで、今日は自分の人生である感覚がない/離人感についてです。

依存的行動の裏には離人症または自分の人生であるとは思えない状態があります。

依存的な行動とは、ゲームに没頭する、ネットショッピング、高価なブランド物を買い続けること、アルコールや、タバコ、コーヒーなどのカフェインもあります。

また、摂食障害や、片付けられないことなども、依存と関係しています。

これらの行動が、依存かどうかを見極めるポイントですが、楽しんでそれをやっているのか、何かから逃れるために行っているのかが分かれ目です。

タバコは、心から楽しんでというより、ストレスを感じるたびに吸いたくなります。コーヒーやアルコールでも同じ理由の場合の、こういったストレス解消やちょっとした逃避行動は誰もがやっていることで、悪いわけではありません。

しかし依存的となれば何より自分自身の害になっています。つまり、違う視点から見ると、自分を傷つけているのです。

そしてもっと良くないことは、依存的行動が自分自身を傷つけていることに、当の本人が気が付かないことです。

それを離人感という視点で説明します。

例えば、ゲームをやり続ける。明日仕事だと分かっていても夜中までやってしまう。止められない。

収入よりも高価なものを買い続けてしまう。後で後悔して、今月はちゃんと収入内でと思うが、また気がついたらカードで買ってしまう。やめられない。

同じようなことが摂食障害にも当てはまります。過食が止められない。食べ続けたあとで、とても辛くなる。自分なんていなくなればいいと思う。

または、砂糖を摂り続けていたり、趣味がやめられなくなり逆に辛いといった依存もあります。

こうやって、文章にしてみると、確かに傷ついているはずだ、きっと辛いだろうな、やめれるならやめたほうがいいと思えますよね。

きっと、あなたの友達がこのような行動に苦しんでいたら、なんとかしてあげようと思うんじゃないでしょうか。

しかし、当事者となると、友達を見るように客観的にはなれません。自覚なくやってしまいます。

その時には、自分の人生だという感覚が薄くなっているか、なくなっているんです。もしくは、自分の人生を大切にしようとは思えない、または愛情を自分にかけてあげられない。そんな状態だと思います。

それよりも、なんで生きているのかな・・・、周りのみんなの人生は充実してるんだ、へえー、私にはそんなものはないけど・・・、自分のことを大切にするってどんな感じなんだろうな・・・・、豊かさの意味がわからない・・・・、自分を愛するってもっと分からない。という感じです。

だからこそ、友達だったら止めるようなことを、自分には平気でやれてしまうわけですよね。

これは、私の経験ですが、自分の人生じゃないような感じ/離人感のエネルギーの層のようなものが私のエネルギー体に蓄積していたことがありました。なんだか全身の上にモヤがかかっているみたいで、世界が遠くにあるようなそんな感覚でした。

しかしもっと潜在意識の奥では、自分自身がこれ以上傷つかないように、すべての感覚を閉ざすための自己防御でもありました。

つまり、自分でそうしていたんです。

理解し難いかも知れませんが、依存的行動とは、潜在意識の奥では、自分でそうしているのです。

そして、離人感の膜をまとうために、自分で自分が何をやっているのかを分からなくするために、その依存的な行動を続けている、そんな感じです。

では、どうして自分で自分を傷つけてるような依存的な行動をとり、自ら離人感を感じられるようにしているのでしょうか。

それはどうしても、何があっても、自分自身にも気が付かれたくない、ひた隠しにしておきたいことがあるからです。

それは、母親から愛されたことがないという事実でした。

しかしいつかその絶対に自分自身にも気が付かれたくないと思ったことも、目の前に問題となって浮かび上がってくる日が来るわけです。

この時代は、どんなに見たくないと思ったことも、見る必要がでてきます。逆に言えば、辛いことに向き合うチャンスじゃないかと思います。

もし今みなさんが、自分の人生に実感が持てずいるとしたら、ぜひ友達が自分の洋の状態だったら、何と言ってあげるだろうか?と考えてみてください。きっとやめたほうが良いよとか、私が一緒に居てあげるからといってあげるのではないでしょうか。その言葉は自分への愛情です。ぜひ、あなただけはあなたと一緒に居てあげてくださいね。

今日は依存と自分の人生の感覚がないことについてお伝えしました。

良い一日を♫

白黒思考とうつ『世界は限りないグレー色』

ヒーラーのHidekoです。

今日は、白黒思考、ゼロか100か、という考え方についてです。

結論から言いますと、ゼロか100か、つまり100%ポジティブなこと、100%ネガティブなことはこの世にはありません。

東洋の陰陽の考え方にしても、陰と陽が混じり合っているのがこの世界であると言っています。どんなに素晴らしい完璧な人が行ったことであっても、人である以上、100%はありえませんから。

それが、うつになる人の多くは、この100%を求めるスーパー完璧主義さんだと思います。

・自分に厳しい。

・自分のミスが許せないように思ってしまう。

・100点が出ないのならやらない方を選ぶ。

・コンプレックスがある。例えば学歴。

そんな感じでしょうか。

この考え方を持っていると大変です。

なにせ自分の少しのミスも、実は全く許していないのですからね。ミスをすると落ち込むし、自分はダメだと思うし、だったら次はやらないと閉ざす方向にむかってしまいます。うつの時にはこのメカニズムが発現しています。

学歴コンプレックスについて少しお話しますと、コンプレックス自体はいいものでも悪いものでもありません。それを糧に頑張って何かを成し遂げることもありますからね。

しかし、学歴コンプレックスがあることで、失敗することがやたら怖くなる場合があります。学歴がなくただでさえ自信がないのに、失敗やミスなど絶対にできないと思ってしまうからです。

そんな時にはコンプレックスがあることを許していませんし、自分でもそんなものなかったかのように取り繕っています。そこが厄介なのです。

そして何らかの言い訳をみつけて、失敗しない方を選ぶことを繰り返すというわけです。

私もそうでした。コンプレックスだらけでしたが、学歴ももちろんです。

ちなみに私の場合は、周り大卒、私だけ専門学校卒という環境で数年おりましたが、有名大学になるとそのネームバリューで差が生まれるそうで、その意味では上を見ても全くきりがないのかも知れませんね。

そんな私の白黒思考が変わったのにはきっかけがありましたので少し紹介します。

それが『世界は限りないグレー色』、本当に色の体験だったんです。

砂曼荼羅を行っていた時のこと。砂曼荼羅とはチベットで行われる砂で曼荼羅を創っていくというもの。もちろんチベットの砂曼荼羅ではなく日本で受講しました。いつもはカラフルなのですが、その日は、白から黒までの様々な色で世界を表現するクラスでした。

自分自身の曼荼羅に向き合い、完成させたあと、破壇といって、せっかく創った曼荼羅を自らの手で壊す作業をまでを行います。

曼荼羅とはこの宇宙世界を表しています。破壇した時に、私が創った世界に、予期せぬグレーの色が出現したんです。

その時に気がついたんですね。あっ、世界って、白と黒が少しか、または同じくらいか、とにかく混じっていて、完璧に創ったつもりが、そうではなく、そうではないのが世界なんだって。

そんな感じで自分って、これまで白か黒か、1か100かっていう考えだったのかも・・・・と気がついていきました。

この考えを握りしめていた私でしたが、とうとう手放せる日がきたのでした。

手放すと本当に楽になりますね★

何かの参考になれば幸いです。

私がうつを治した実際の方法

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。今日は新月★

今日は、私がうつの時に行った方法をご紹介します。

私は、今からあげる方法だけでうつから仕事復帰を果たしましたので是非参考にされてください。

が、その前にひとつ大切なことがあります。

それは、私もそうでしたが、服薬が必要な時期があるということ。

焦る必要はなく、自分の状態と相談しながら、信頼のできるDrがいる人は相談しながら進めてくださいね。

では、今日からできることはこちら。

  1. 太陽に当たる
  2. 朝早く起きる
  3. 朝散歩する
  4. 気のいいところに行く(パワースポット)
  5. ヨガ(深呼吸)

まず太陽に当たることで、とにかく夜ぐっすり眠れるようになります。できれば午前中のうちに1時間ほど当たるのががおすすめです。これで全然違ってきます。

うつの時には夜眠れないこともままありますし、すごくつらいですよね。それが熟睡できるだけで気持ちも身体もかなり楽になりますからね。

そして、それを出来れば朝早く起きて太陽に当たりながら散歩ができればもっといいですね。

身体と心は繋がっています。散歩をして毎日規則的に身体を動かすだけでも、10日ほどしたら体調が良くなっていることに気が付きますし、それが朝早くの太陽を浴びながらだとさらにいいと思います。

が、実際には雨の日もありますし、毎日太陽に1時間当たるのは難しいかもしれません。

私は通勤で毎日1時間歩いていた時期がありました。家から駅まで15分、駅から職場まで15分、往復で1時間です。最悪と思いましたが、実際には夜は熟睡で体調はとても整いました。通勤通学で歩くのはおすすめですね。

また、出かけたくないという場合や、雨の日には、北欧の人たちが太陽の代わりに浴びるライトがあります。北欧の人はうつになりやすく、そのライトに当たると太陽に当たるのと同じ効果があるというもの。(*私の体感では効果は太陽より若干落ちる)アマゾンなどで検索すると出てきます。昔は数万円しましたが、今は数千円からあります。

毎日太陽に当たる、体を動かす、早起きするのうちのどれかだけでもOKですし、平日やって土日は休んでも全然大丈夫です。身体があれ、なんか体調いいかもって感じられるのは励みになりますよね。

次は4の気のいい場所に行くですが、パワースポットに行って、いい気を身体に取り入れてください。気って何?ってことになりますが、波動の高いエネルギーのこと。

神社仏閣を思いうかべると思いますが、そこについても、早朝から午前中がおすすめです。私のおすすめは、海や山、森林などの自然の中です。

そして、5のヨガですが、身体の周りの気のことをプラーナといいます。

4の続きになりますが、パワースポットや自然の中に巡っているいい気、波動の高いエネルギーは、どこに取り込むか?というと、自分の周りに巡っているプラーナに取り込むことになります。(*もっと詳しく言うとエーテル体です)

そこで必要なのは、深呼吸です。神社の前でヨガはできなくても深呼吸はできますよね。ぜひ呼吸で取り入れてください。

そして、ヨガを通して呼吸をする時にはポーズをしますよね。ポーズをして呼吸を身体に通す。それで身体に溜まったネガティブなものをリリースすることができます。

そのネガティブなものとは、前回お話したうつに繋がる考え方の癖、それに至る体験のエネルギーなど、うつの原因であったりします。

という訳で、今日はうつの時にできる今日からできることをお伝えしました。

私の場合には、服薬を完全にやめて、この方法を3ヶ月ほど行い、仕事復帰を果たしました。

正確に言うと、仕事が通常どおりに行える程度にまで体調が回復した、というところです。

実際に、その後何年も断ってからうつの原因となったエネルギーが潜在意識の奥の方から出てきました笑。

が、とりあえず仕事に戻れるまでになれたら良いと思いますね。

これを読んでくださっている方も、できる範囲で体調と相談しながら取り入れてみてくださいね★

また、ご質問やご感想もお待ちしています♪

うつは自分で治せる

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

ここでは、うつを薬を服用せずに治すことについてを私自身の完治した経験も交えてお伝えします。

結論から言うと、うつを薬を使わずに治すことは可能です。

もともとうつだったという人はいません。みなさん生まれた時にはうつではなかったはずです。ということは、育ってきた過程での出来事によって、学校や職場や家族や人間関係があってうつとなっている訳です。

★目次★

  1. どんな時にうつになるの?
  2. うつの時はこんな状態に
  3. うつを治すってできるの?

今や学校にも職場にもうつや精神疾患で休む人も珍しくなくなりました。100人中5人以上がうつであるとのデータもあります。

1 どんな時にうつになるの?

・・・・理想の自分と現実がかけ離れていると感じた時。例えば、夢はデザイナーだったが自分より才能のある人がたくさんいた。または、一流大学・企業に入れなかった。などと、理想とする自分になることもできず、かといって今の自分を受け入れることもできない。

・・・・トラウマやショックな出来事が起こった時に、感情を感じないようにしてしまう。本来は辛い、苦しい、怒り、泣くなどの感情を感じることができればその出来事は解消していけるが、解消できずに抱えている状態。生きるための防衛としてとっさにそうするが、後々それがうつのきっかけとなったり、原因の一つとなったりする。

・・・・人間関係での我慢。自分を表現できない、本音が言えない、不当な扱いに甘んじる。その状態が続く。

・・・・環境が変わりそれを処理できない。進学や就職などの時期の引っ越しが原因となることがある。今まで出会ったことのない人々や世界に触れたことや誰も知り合いがいないことなど、自分のキャパを越えてしまう。

・・・・絶望。宣告を受けるような体験。希望を絶たれた時。

などは一例です。

家庭環境や性格にもともと何らかの原因があり、その上にきっかけとなる出来事が加わってうつとなる場合もあります。

3.うつってどんな状態になるの?

体調としては、どんよりとした気分、何もする気になれない・実際にできない、イライラする、1日中眠たい、または眠れない、集中力がなくなる、考えられなくなる、文章が読めない、私が悪いと思う、そのうちに死にたいと思うようになる、そんな状態です。

ちなみに脳内では、緊張とストレスでセロトニンが減少し、楽しみがなくなるとドーパミンが減少し、何にも興味がわかない時にはノルアドレナリンの減少が起こっています。

4.うつは治せるの?

★うつにつながる考え方の癖がある★

もともとの家庭や、これまで過ごした環境からの影響での、考え方の癖というものが誰にもあります。

同じ出来事でも人によって受け取り方はさまざまですよね。

雨が降って嬉しいと思う人もいれば、最悪と思う人もいれば、自分が悪いと思う人もいます。どちらの人がうつになりやすいかは一目瞭然です。

このような考え方の癖のなかで、自分自身の負担になっているもの、うつにつながるものに気がついて解消していくことで、うつを治していくことができます。

次回は、「私がうつを治した実際の方法」です。こちらより。