キリスト、マグダラのマリア、その子供サラ

こんにちは、Hideko Quan Yinです。
キリストとマグダラのマリアにはサラという子供がいました。
彼女はのちのテンプル騎士団となった団体で活動していました。テンプル騎士団は、フランスではとても有名な団体でした。教科書には出てきませんが、今も人々の間ではテンプル騎士団のことは語り継がれているほど、親しみがあるようです。
さて、サラの言葉が降りてくることがります。私もサラとは親しい感情をいだいています。魂レベルでの近さです。
彼女はもちろん、アセンデッドマスターの一人です。では、サラの言葉をどうぞ。
宇宙と共鳴する。地球自身とつながる。その間にいるのが私。
『今日の日をどのように迎えているでしょうか?
とりたてて普通の日のように思っているようですが、今日は特別な宇宙レベルの日なのです。それは、私が生まれた日が、今日5月10日なのです。
私が生まれた日がどうして特別だといえるのでしょうか。しかも、宇宙レベルでの特別さとは?なんでしょう。
誤解を恐れずに話すなら、私は特別の使命を持った人間として生まれました。
それは、父と母の遺伝子を残すことにありました。現在でも私の子孫はこの地上に生きていますが、そのことが重要なわけではありません。
父と母のDNAを次の世界へもたらすことが必要だったのです。
ご存知のように、父はイエス・キリストと言われる人になります。しかし、父は全く普通の人間でした。本当にあなたと同じ人間だったのです。偉大なことを達成した人はとかく全てにおいて素晴らしいのだろうと思われているようですが、私の知る限り父も母も、普通の人間に過ぎなかったと言えると思います。
母がいつも心配性だったこと、父が時にうつのようになっていたことから見ても、私と同じ、あなたと変わりない存在だったというのが真実です。私においてもそれは同じく、私が地上で成し遂げたこととは別に、私自身を振り返ると全く喜怒哀楽の時に激しかった人でした。今のあなたと同じように。それにもまして酷かったかもしれませんね(笑)。
それにもかかわらず、今日の私の生誕の日とは、宇宙にとって特別な日にほかなりません。私の成し遂げたことがあって、今みなさんは生きているからです。これは自慢でも何でもないこと、正確に話していますから。正確さが必要になります。あなたの人生を見たときにもそうです。
今あなたの人生の棚卸しを始める時です。棚卸しとは、あなたの人生に何があったのかを、正確な目で見てほしいのです。あなたがそれを見たのは、遠い昔、子供時代でしょう。子供時代に決めたことが今でもそのままなのはやはり正確さにかけることでしょう。
あなたの最大の出来事を紐解いていって、今現在のあなたの目でそれを見てみましょう。
観察するようにしましょう。
あなたの答えはそこに全てあります。私がそうだったように。そして、みなこの過程を通って進化していくことを知っておいてほしいと思います。今日はあなたとともにあります。
サラ』
  1. マグダラのマリアとサラの事に付いて知りたいと思い、こちらのプログにたどり着きました。とても納得の内容でした。ありがとうございました。
    サラからは他にはどんなメッセージを受け取られたのでしょうか?

    • コメントありがとうございます。おそらくキリストがいた場所に私もプレマ マリー様も、存在していたのだと思います。
      サラとは、私の一部がサラである、そんな感じで、人生の転期ごとに大切な教えを授かっていますが、今ではサラが内面から語ってくれるような感覚で、こちらは個人的な内容になりますね。

      先程からガイドたちが、サラのことを知りたいなら聖書にあたるのが良いと言っていまして、もしかすると、教会による改悪前の本来の聖書の本質をサラが保持しているということなのかもしれません。

      • 早速、質問に応えて頂き、感激でした。ありがとうございました。実は私の過去生でマグダラのマリアだったことがあったとのメッセージがあり、真実なのかどうか疑問でしたが、Hidekoさんのプログを読ませてもらい、心配性だったとのエピソードや返信を頂いたコメントから、もしかしたら本当なのかなと思いえるようになりました。その時代にイエス様やHidekoさんと一緒の時間を過ごしていたと思うと感慨深いです。何年か前にとても美しいイエス様が夢で現れ「今生では天のお父様に仕えなさい」と。
        今生はインドのサイババからメッセージをもらいながら生きています。どうやら今生はキリスト意識からは離れ、神に仕えながら、完全な純粋意識になって人生を豊かに楽しむ事が目的みたいですが。今は神を信じきることで、不安や恐れの思いを無くす訓練させられています。サラについては聖書にあたるのが良いのですね。本当にありがとうございました。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。