アーカイブ

ひっそりと咲く名もない花の真の力

こんにちは。いつもありがとうございます。このページを見てくださっているみなさんにメッセージです。それは名もない木々の精霊からのメッセージ。

人知れず、誰からも見られることもなく、ひっそりと夜に咲く花があります。

あなたが知ることのないその花が、この地球を癒し、ひいてはあなたを癒していることをあなたが知ることはありません。

それと同じように、名もないあなたという存在が、会うことのない地球上の誰かの生きる糧になっている事が本当にあるのです。

それは誰かに評価されることでなければ、認められることでもない。

しかし、自分の存在が確実に誰かの人生を間接的に支えているとしたら、それだけで、と言うよりも、それ以上によろこびとなることなどないのではないでしょうか。

等々力渓谷の木々の精霊より

遠回りしていると思ってもそれが最短

仏教の教えの中にあなた自身を愛することというものがあります。

(観音が来て話してくれています。)

あなた自身を愛せなかったら誰も愛せない

これが私の最も深い真理だと分かっている人はいないに等しい

私が愛情を説いたのは本当にまずは自分自身をもっと愛してほしかったかから

どうして他人を愛すことができるでしょう自分を愛することなしに

分かっていると思いますが、潜在意識では自分と他人の区別はつきませんよね

愛するか愛さないか(愛せないか)のどちらかしかないのです

私達ドルフィンスターテンプルの存在はプレアデスの教えにより特に愛情、無条件の愛情を地上の皆さんにお伝えしています。私観音をはじめ、マグダラのマリア、アマテラス、聖母マリア、木花咲耶姫といった日本の神様たちと一緒にみなさまに伝えていること、それは愛に関することだけです

愛を持つか持たないか

それを今心に決めましょう

そして、お願いしたいことは、心に決めたあなたいっぱいの愛情をあなた自身に目一杯向けること

あなた自身をこれでもかと、やりすぎだと思うほどに愛してはぐくんで癒やしてほしいのです

あなた自身を愛することが、あなたの願望への最短距離であることも一緒にお伝えしておきます

プレアデスの癒やしの使者と聖母庁のメンバーより