アーカイブ

月と太陽、インドではイダー、ピンガラー

イダー(左脈管)はチャンドラナーディー(月の脈管)、ピンがラー(右脈管)はスーリやナーディー(太陽の脈管)。クンダリーニ上昇の経路でもある。

太陽と月、そして地球。これを三位一体とするなら、人体のエーテル体にある、イダーとピンガラー、そしてスシュムナー。イダーが月の道、ピンガラーが太陽の道、スシュムナーは中央脈管。それも三位一体。

イダーが副交感神経を司り、呼吸は深くゆっくりとなり、消化器がよく働く。一方、ピンガラーが交感神経を司り、呼吸は浅く、消化の働きを抑える。

中央脈管のスシュムナーとは、会陰から咽頭、そして脳髄にいたるプラーナの幹線道路。タントラでは大宇宙と小宇宙の一致を思想とする。その際に、背骨を人体宇宙の中心とする。背骨は、頸椎7つ、胸椎12個、腰椎5つ、仙骨5つ、尾てい骨5つ、で構成される。

  •  背骨  チャクラ   ☆五大元素
  • 尾てい骨・会陰のチャクラ☆地
  • 仙骨・生殖器のチャクラ☆水
  • 腰椎・臍のチャクラ☆火
  • 胸椎・心臓のチャクラ☆風
  • 頸椎・喉のチャクラ☆空

会陰のチャクラから7200本の脈管が上昇、左イダーと右ピンがラーに分かれる。宇宙現象の多様性を、人体ではこれらの無数の脈管を通って移動するプラーナとして表現される。

生と死、音楽とそれを聞く者、真実と虚偽など、対立するあらゆる概念を、左右の脈管の中を流れるプラーナにあてはめて、相克ないしは中和・止揚させて、中央脈管に通すとイメージする。仏陀の中道にも通ずる概念。

ハタヨガの目的は、この太陽と月、イダーとピンガラー、つまりは二元性の象徴を、中央脈管で一つにすること。マーヤーとブラフマン、輪廻と解脱という二元性も含まれる。

こちらもどうそ★めくるめくインド

クンダリーニの癒しと活性化セッションはこちらから★

円成実証の世界

私は、仏教の究極の解釈はこの円成実証ではないかと思います。

どういうことかと言いますと、最も苦しいと思った体験の中に飛び込むことをブッダは求めていたと思います。飛び込むとは、これまで抑圧してきた体験に光を当てることです。思い出すくらいなら死んだほうがいいと抑圧し続けてきたもののなかにその中に飛び込むことなのです。ブッダはそこで中道を見つけました。そこで見える景色こそ人生最大のギフトであること。

さて、そうした時に何が起こるでしょうか。・・・・ブッダと成るのです。生きる意味・使命を知ることによって。ブッダと成る。ブッダとは覚醒に至った人のこと。それを一言で表すとするなら、宇宙との一体感を体得したと言えるでしょう。宇宙がそのまま自己の中に存在することを体得した、さながら円である宇宙が自己であることが分かったのです。円である宇宙がすなわち自己と成る。それを身をもって実証したこと。それが円成実証。ブッダがそれを意図したかどうかは分かりませんが、後々の仏教徒たちが、解釈に解釈を重ねていき、大乗仏教、そして密教、チベット、中国、そして日本に渡っていきました。後の仏教徒たちがブッダの教えを解釈し続け、展開して行ったことそれ自体が円成実証であり、もしかするとブッダの本当の意図はそこにあったのかと思うほどです。

そして、私たち後世の仏教好きの円成実証とは、宇宙との一体感を得る為には、あなたの命をかけた人生を送ることを選択すること。その具体的な方法は、あなたの最も辛く苦しい体験の中に飛び込むと決めること。つまりは、意識下に抑圧してきた体験を癒していくと決めること。

あなたが最もいたたまれなかったあなたをあなたが受け入れること。その時、あなたの人生が、本当の輝きとなり、本来の姿を表すのです。

それを後世の仏教徒は円成実証と言って、ブッダの真意を著したのです。

インドでは牛は神聖(笑)なのだ〜

今日はインドの聖なる牛についてです。わざわざ牛についてページを使ってお伝えする意味あるのか?

そんなツッコミも聞こえてきそうですが、インドに行きますと、そこら中に動物が行きかっています。カフェにも鶏が入ってきたり普通にします。猿や犬猫もたくさんいます。

その中でも牛は聖なる生き物です。それは、シヴァ神の乗り物が牛だったことに関わるかもしれません。

そして、インド仏教が中国に渡ると、『十牛図』となって発展していきました。

中国宋の禅僧・郭庵によるものが有名な『十牛図』ですが、ここでもやっぱり牛がフューチャーされていますね。

この十牛図は、悟りに至るまでの人の心の揺れを描いた10枚の絵からなる物語です。人が悟りに向かうとは、一体どのような機微があるのかをよく表しています。それは、聖なる牛と一体となることで、自分のエゴが終わりを告げ、それはまるで全てのものとの一体感を得ることができるその様子が表されています。それは、『空』であり、α波シータ波の状態であるとも言えます。そしてまた人は変容していく有様を描きます。それを牛と一体となることで得るとは、やはり牛は聖なる生き物に違いありませんね!

そんな聖なる動物をこの次元では食べているわけです。

神聖な存在であると、全ての命ある存在をとらえることが大切になります。

集合意識として、このまま動物たちをいじめ続けると、牛の集合意識が、もう人間とは一緒にやれないと、この星を後にしてしまうかもしれないのです。絶滅の危機にある動物たちは、集合意識で、この惑星を離れることに決めています。

今一度、聖なる牛に想いをはせてみますと、牛たちは私たち人間を昔から支え続けてくれています。ミルクや肉体を提供してくれています。

そんな牛になって、今、私自身を見た時に、牛たちは何を思うんでしょうか?せっかく提供してやってるのに、全く施しがいのないやつだ〜と呆れられるかも知れません。

日頃私もカフェラテをよく飲みますので、牛たちに呆れられないように、せめて感謝していただこうと思います笑。

これからは、自然と共存しているもの食品で、誰も悲しむことのないものを使いたいものです。

一つのものが出来上がる過程で、一体誰が何をしているのかが分かるもので、誰も傷つくことのない、できれば全てがハッピーな行程を経のものを。

牛に想いを馳せ、生きとし生けるものの視点で暮らしたいですね。

今日もありがとうございました。

カーラチャクラと太陽礼拝

☆☆ハタヨガの太陽礼拝/スーリヤ・ナマスカーラの一連の動きは、私たちが大宇宙に呼応する小宇宙であることをあらわしたもの。

  • 冬至に始まる。ヴェーダ時代の元旦は冬至だった。太陽の命日であり、誕生日でもある。☆山(タダ)のポーズ。
  • 涼しい季節。インドでも冬は寒い。が、1月を過ぎるとだんだんと春めいてくるよう。☆三日月のポーズ。
  • 春は短く夏がやってくる。3月。大地は乾いている。☆足に手を付けるポーズ。
  • 4月頃。牡牛が生け贄として雨乞いする。☆牡牛のポーズ。
  • 5月。夏、酷暑。☆ダウンドッグ・犬のポーズは死の象徴。
  • 雨期。激しいスコールで暑さが収まる。雨に人々は笑い歓喜する。☆身体の8つを地面につけて感謝する、アシュタンガのポーズ。
  • 雨期になると地面から蛇が這い出てくる。蛇は生命力の象徴である。☆コブラのポーズ。
  • 再び☆ダウンドッグ・犬のポーズ。ここでは犬は多産・生命の象徴
  • 再び☆牡牛のポーズ。ここでは田畑を耕す牡牛。食物を運んでくる神々をあらわす。
  • 、夏の凶暴な暑さから、澄みわたる秋の空、穏やかさが漂い、食物は成長していく。☆足に手を付けるポーズ
  • 収穫の季節、吉祥の女神ラクシュミのお祭りが行われる。富と幸運を祈る。☆三日月のポーズ。収穫の喜びを表現する。
  • 12月中頃より寒くなっていく。☆山(タダ)のポーズへと戻り、一年が終わる。

 

☆☆カーラチャクラタントラ・・・・インド仏教が行き着いた思想が、密教であり、カーラチャクラ・時輪。人として経験する時間のサイクルを、大宇宙の時間のサイクルと合致させれば、大小宇宙の合一、すなわち解脱はなるという思想。インド仏教の衰退後も、時輪思想は、ヒンドゥータントラ(ヒンドゥー密教)のハタヨガなどに継承される。

☆☆連続ポーズである太陽礼拝は、宇宙サイクルの一年間を、小宇宙である人間の短時間の動きに映し出すものになっている必要が在る。大宇宙と小宇宙である人間の合一は、すべてのタントラ(密教)において核となる思想である。そしてハタヨガの動きによって、それを身体で体得することが可能となる。

インドのマスターと女神・・・ババジからターラ神まで

こんにちは。今日も観音とともに、インドのマスターたちをご紹介していきます。

☆☆ババジは、ヒマラヤで数千年に渡って生きているアセンデッドマスター。ヨガナンダの師の師の師です。

余談ですが、ハワイ島に住むパワスボツアーをしている日本人の方と話したとき、若い時のババジ熱って、一体なんだったんでしょうね?という話しになりました。ババジは知る人ぞ知る存在、ババジを求める人は熱にうなされたようになる、そんなカリスマ的なマスターです。ヨガナンダもババジ熱にうなされて、家出を何度もしています。私もかつて熱狂したひとり(笑)。

今は、オラクルカードに登場していたりして、昔よりカジュアルに親しみやすくなってる気がします。

☆☆マイトレーヤ。日本では布袋様で、インド仏教では弥勒菩薩。容姿が全然違いますが同じ存在です。大きなおなかでいつも笑顔のマイトレーヤ。喜びのマスターであり、救済の仏教神です。

☆☆観音は、私たちの銀河の神女神なる存在でもあります。対になる男性性の神がアヴァロキテシュバラともマイトレーヤとも言われます。

千手観音は、観音が世衆のすべてを救済することをあらわしたもの。

☆☆そして仏陀。仏陀の教えが、原始仏教の時代から大乗仏教から密教まで、拡大解釈され続けて、原型をとどめることなく発展して(理論的には仏陀の教えと抵触していないとされていますが)、日本までにも広まりました。

☆☆ヨガナンダは、シュリ・ユクテスワの弟子で、シュリユクテスワの師はマヒリマハサヤ、そしてマヒリマハサヤの師が、ババジ。という系図になっています。ヨガナンダは西洋にヨガを広めましたが、ヨガナンダの広めたのはクリアヨガというもの。ハタヨガ、パワーヨガなどのいわゆるヨガとは異なります。『あるヨギの自叙伝』はヨガナンダの名作。

☆☆ターラ神は、大乗仏教後期の密教で人気のタントラの女神です。ホワイトターラグリーンターラ、それぞれの色には、それぞれにターラ神がついています。ホワイトターラは真実や純粋さのエネルギーをもたらしてくれます。また、緊急的な時はグリーンターラを招いて助けてもらうことが出来ます。ちなみに、他の色のターラ神も存在します。赤、白、黄、黒、緑。

っと、今日はこんなところまで。

インド思想をおさらいしておこう②ヒンドゥー教

こんにちは〜。今日もインド思想をざっくりざっくりと、観音とともにおさらいしておきましょう。

☆☆ヒンドゥー教とは?・・・現代でもインドの80%以上の人が信仰する宗教。「ヒンドゥー」Hinduはペルシャ語で、サンスクリット語の「シンドゥ」Sindhuから。Sindhuは「河」の意味で、特に「インダス河」をさす。ヒンドゥーとはインダス川周辺に住む人、インド人。

いつからヒンドゥー教が始まったかは定かでないが、仏教が隆盛の後でヒンドゥー教が盛んとなる。BC4世紀、マケドニアのアレクサンドロス大王のインド侵攻。(歴史で習った〜、懐かしい!)BC4世紀末、チャンドラグプタがマウリヤ朝を興す。ギリシア人メガステネスは、チャンドラグプタ時代に、大使としてインドに駐在。彼の引用断片は今に伝わり、「ディオニュソスの信仰」や「マトゥーラ地方でのヘラクレス信仰」と伝えられたものは、ディオニュソスはシヴァ、ヘラクレスはクリシュナを指している。

仏教を保護したマウリア朝アショーカ王の頃には、まだヒンドゥー教は盛んではなかった。が、シヴァ神やヴィシュヌの信仰は始まっていた。

二大叙事詩である『マハーヴァータラ』と『ラーマーヤナ』も、この頃から書き始められていく。

☆☆ヴェーダからヒンドゥー教へ神々の交代☆

ヴェーダの神は、インドラ、ヴァルナ、アグニ神

ヒンドゥー教では、シヴァ、ヴィシュヌ・・・インド全土に広まる中で、その土地の土着の神様とも融合しながら多面的複合的な神となっていった。また、叙事詩に出てくるラーマ、クリシュナも登場する。

☆☆シヴァ派とヴィシュヌ派・・・ヒンドゥー教はシヴァ派とヴィシュヌ派に分かれる。ヴィシュヌ派は排他的で、他派のマントラを唱えることも禁じる。しかし、同時に他派の教義の中に容認出来る部分があれば認めていくことも行われている。

☆☆トリムールティ・・・ブラフマー、シヴァ、ヴィシュヌの3神が役割を分担するという説も生まれた。さらには、ヴィシュヌとシヴァが両派の教義の中に登場することになっていった。

☆☆トリヴァルガ・・・人生の3つの目的「アルタ」「カーマ」「ダルマ」

☆☆アルタ・・・実利・名誉、富、権力など現世で追求されるもの

☆☆カーマ・・・性愛・論書であるカーマ・シャーストラは性行為の指南書である。美的で文化的な要素が強い。

☆☆ダルマ・・・法・いわゆる法律よりも遥かに幅が広く、宗教的・道徳的な義務も含む。ダルマの追求には、来世にまで及ぶ。

と、今日はここまでに。

出展元、沼津高専教養科

インド思想をおさらいしておこう①

今日も、インドの哲学思想を、ざっとたどっていきたいと思います。あくまでざっとです。インド思想は奥が深く、生涯をかけて解説してもし足りない?ほどですからね。

インド最古の思想はヴェーダです。

☆☆『リグ・ヴェーダ本集』・・・最も古く重要なヴェーダ。神々をヴェーダの祭式に呼んで、賛賞する讃歌の本。神々の姿在り方が描かれていて、神話のようでもあり。ここでの神女神の中には、火の神=アグニ、川の女神サラスヴァティーがいて、もうこの頃には活躍し始めていた様子。そして、讃歌=マントラはこの頃にはもう在ったようですね。

☆☆ブラーフマナの時代・・・・祭式に神々を呼び入れて、マントラを唱え、祭場に神秘的な力を顕在させて願望を成就させるようになった。

さらには、マントラそのものが宇宙を支配する原理とされた。マントラの力はこの頃には最上級に認識されていたようです。

☆☆ウパニシャッド・・・ヴェーダ最後の思想。それは、自己を絶対的な存在と合一させる神秘に触れ、体験することを目指す。梵我一如の思想と言われる。ウパニシャッドは奥義書と訳されるように、神秘的傾向が強く、体験である。

梵我一如・自分と神を一つにすることを目指す思想は、後期大乗仏教でも登場しますが、この時にすでに出来ていたのですね。梵とは、梵天、つまりブラフマー・最高神。この頃に人気最高潮だったんですね。

☆☆仏教・・・仏教でも多くの概念や法、行動目標が出てきますが、ここでは独断でスピリチュアルにとって大切と思われるものを紹介します。

☆☆縁起・・・世界中の思想の中で、この世の成り立ちをもっともよく解説しているのが、仏教の『縁起』である。これはあるマスターの言葉です。縁起とは、すべての事象は、因果の関係であり、自分が発したことが、瞬間瞬間に生成し続けていく、変わり続けて波及していくその様のこと。根本にあるのは、自分が発した苦しみである。苦しみの原因をさかのぼって解消するための試みでもあります。

☆☆無執着・・・執着心がどれだけ自由を奪うか、そのことは仏陀の言葉の中でも多く出てきます。

☆☆慈しみの心・慈悲・・・大乗仏教では、慈悲の精神が思想の核となります。スピ的には、まずは自分を慈しむことで、目の前の人を慈しむことができる。とこんな感じですかね。

☆☆空の思想・・・中観派の祖、ナーガールジュナ(龍樹)の中論による。この世界は縁起によるが、その本質は『空』であるとする。

☆☆唯識・・・世親らによる。心とは何かを問い続けた。最終的に、潜在意識(現代で言うと)を解明し、心の働きとは、潜在意識に種をまくようなものだと。その時は分からないが、やがて自分のまいた種が、育って顕在化する時が来る。それが、因果応報であり、輪廻である。その心の働きを、健全になるように瞑想しましょうと言って、瞑想(ヨーガ)を重んじている。唯識は、日本の仏教の基本です。ざっくり過ぎです(笑)。

☆☆密教・・・大衆で広まる。呪術的であり、自己と大日如来の合一により即身成仏を目指す。呪術は、曼荼羅の前で真言を唱えて行う。インドの民衆の信仰により、ヒンドゥーの神々も登場してくるように。後期密教ではタントラが取り入れられるようになった。

今日はこんなところまで。

参考はこちら沼津高専哲学科

インド・神様関係図

インドには神様がたくさんいます。今日は観音とともに、インドの神様をおさらいしておきましょう。


インドの最高創造主と言えばシヴァ、ヴィシュヌなのではなく、もともとはブラフマー。今は信仰が衰えてあまり表には出てこなくなったようです。
ブラフマーの奥さまは、音楽・芸術・学問の女神サラスヴァティーです。日本では弁財天。

そしてシヴァ神。破壊と恐怖、殺戮と同時に祝福恩恵の神様です。シヴァの奥さまは、美と愛、豊かさのパールヴァーティ、子供はガネーシャです。これがシヴァファミリー!

もうひとりの神、ヴィシュヌ。正義と法を司り、全宇宙を維持繁栄させる最高神です。クリシュナとは、ヴィシュヌの8番目の化身のこと。クリシュナはインドでは国民的に愛されています。富と美の女神ラクシュミがヴィシュヌの奥さま。

破壊と戦いの女神ドゥルガーもインドでは大人気。そのドゥルガーがパワーアップすると、恐怖の女神カーリー。になります。肌は黒く腕は8本。生き血を飲むので舌を出している・・・ここまでくるとホントに神様?って思いますが、そこはインドの解釈が入ります。つまりは、すべての事象に神が宿るのがインドの神様の在り方。恐怖も、生き血を飲むことも(?)、この世の中ではあることです。それがあるからこの世界は成り立っている。うーん、そう言えばそうですね。そう考えるなら、すべての事象のは神の計らい、恐怖や生き血を飲むことの中にも神が宿っていると考えるのがインド流でしょう。

さらに、千手観音という概念を。ここまでくると、神とは、人間の造った概念なのかとさえ思います。カーリーやドゥルガーも千手の姿をしていますよね。それは観音様の化身という側面を表しています。

ただ一般的には観音の別の現れ方が千手観音です。

因みに観音を英語では、kannon ,kuanYin , Goddess of marcy または、Avalokitesyvara とも訳されます。

千手観音になると、thousand-armed Avalokitesyvara Thousand Armde Kannon thousand armed marcy などと訳されます。

観音:kannonが女性性でavalokitesyvaraが男性性の表し方です。

仏陀チャネリング☆『縁起』

仏陀による『縁起』

あなたの世界があなた自身をあらわしていることを知るがいい

あなたが世界をどのように思っているのか、

どう捉えているのか、

あなたの目の前にあることは、そのままあなたの内側を、

もっというなら、価値観と信念をあらわしている

それが、困難を呼び起こしているとしたら、ただあなたの内面を変えればいいのだ

あなたができることはそれだけなのだ

それは、またいい側面があることでもある

あなたが自分の信念を変えようとする時、

それを一緒に体験している周りの人に影響を与えることが出来る

あなたは、ただ自分の信念をチェンジしていけばいい

周りを見ていてごらんなさい

あなたの根底にある信念が180度変わるとき、

あなたはまさに世界が変わることを体験するだろう

それは、宇宙の摂理と繋がっていく体験だ

いいかい、縁起、仏教の縁起は、人生を(カルマを)繰り返すためにあるのではない

あなたが人生観を変えるとき、その素晴らしい影響を周りの与えるためにある、宇宙の摂理なのだ

しかし、宇宙は仏教に偉大なギフトを授けてくれた

それが紛れもない、この縁起・宇宙の摂理なのだよ

仏陀

インド仏教の基本の思想のひとつに、「縁起」というのがあります。

縁起とは、すべてのものがつながっていて生起していること。森羅万象は繋がりの中にあり、原因が結果を引き起こし、それが永遠に続いていること、まるで折り重なるタペストリーのように、

ちなみに、大雨も、台風も、私たち人間の意識の影響で起きると言われています

原因が結果を、その結果もまた原因となり、次の結果を生み出し続ける、そしてその中に私たちもあること、

意識体としての私、そしてすべての意識体によって、原因と結果を創り続けている。

そして、それが分かった時に、「空」を観想することができる・・・・

ざっくり言ってこんな感じ

普通に言う縁起とは、ちょっと違っていますね。

余談ですが、ホントにインド仏教って奥が深いのです。仏陀亡き後、後継者たちが、仏陀の教えを解釈、解釈、・・・拡大解釈を続けに続けて、密教にまで至りました。そして、その教えは、インドを超えて、中国、チベット、日本にも。すごいですよね、仏陀ってなんて愛されている人だっていつも思います。

ラクシュミ☆チャネリング

『私のもとを訪れる者はだれもが豊かさの源泉と繋がることになるでしょう。

豊かさの源泉とは、富や名誉とは少し異なった性質のものです。

それは、仮にも神の自由とここでは言っておきましょう。自由とは、あなたの自在性を存分に発揮すること。

あなたは行きたいところに行きたい時に存在することが可能なのを分かっているでしょうか?これまでのあなたと、これからのあなたが同じだとは思わないでください。あなたの理想通りにあなたは好きなことが出来るのですよ。

あなたが今行いたいことをもっとも望むことを思い浮かべましょう。今現在の自分が出来ることより、理想の自分なら出来ていることを今思い浮かべましょう。

言葉を変えて言うなら、最も高次の願望に繋がるということです。

あなたが自在性を発揮してやり遂げたいこととは?

それがすなわち豊かさの源泉と繋がることを約束してくれる原動力なのです。』

・・・・つまり、自分の使命をまっとうすうことが、豊かさを招く、ということ。なのかな。

2016.6.27美と富の女神、ラクシュミからです。

永遠の若さ、
私は、永遠を奏でる

永遠とは、すなわち今ここにあることがわかりますか?

永遠の今を生きることだけが、あなたの使命だと言ってもいいくらいです。

そこにはすべてがあります

本当にあなたのすべては、今ここに、あなたの手の中にあります

そのすべてを手に入れるために、あなたがするべきことは、楽しむこと!

あなたが喜びの波動でいればただそれでいいのです。

ただシンプルにただ楽しめば、あなたの願いは叶えられていきます。