アーカイブ

次の6/10新月瞑想会はクンダリーニの活性化です♫

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

次回の瞑想会です♫

日時:

☆新月6月10日(木)18時30分〜☆クンダリーニの活性化瞑想♫

☆満月6月25日(金)18時30分〜【4つの細胞の浄化】細胞レベルでのクリアリングにより症状や不調を癒す瞑想♫

内容:ドルフィンスターテンプルの光の瞑想会

身体をリラックスさせてあげ光で浄化、オーラ、チャクラを整え、地球の神意識と繋がりグラウンディングしていきます。そして、高次元のあなた自身であるハイアーセルフと繋がり、ガイダンスをもらいましょう。

瞑想会の様子ご感想はこちら

これまでの瞑想会はこちら

場所:遠隔ZOOMにて。全国どこからでもご参加いただけます。事前にURLをメールでお知らせします。

参加費:2000円 事前のお支払いをお願いしております。返信メールをご確認ください。

お申し込みはこちらより、お名前、メールと6月10日または25日瞑想会希望の旨をお知らせください。

当日はエネルギーが動きますのでミネラルウォーターを多めに摂ってください。

恐すぎて笑★血管の中に誰かの怨念が・・・・

こんにちは、Hidekoです。

今日は、健康の要である血管の中に発見してしまったあるものについてのなんとも恐い?!笑話です。

要点を言うと、肉体もエネルギー体であり、血管もエネルギーであると捉えます。そしてその血管に病気の原因となる異物がたくさんあったのを見てしまったのです。

私自身の血管の中に、黒魔術のシンボルがたくさん流れてたんです・・・・

黒魔術のシンボル・・・

日本的に言うと、呪いのお札ってところですかねO_O;

呪いのお札というと、おどろおどろしいですが、誰かの念というとわかりやすいと思います。

その人物からの念が強すぎたために、ついに物質化してしまい、本人である私にも分かってしまったんですね。

ちなみにその人物とは、母親です。

良くないことですが、これも思考の現実化の一つです。

恐すぎですが、ここは笑いましょう。

こういう場合、血液数値の値が悪くなる・・・ということは、ここでは扱いません。エネルギーレベルでのアプローチのみです。

こんな捉え方も在るんだと、何かのご参考に★

私の父方は癌の家系(嫌な言い方ですが)で、特に胃や腸など消化器系が弱い家系でした。

私もだんだん父が最初に発症した年齢に近づいてきたため、これまでとは違う視点で自分自身を見るようになりました。

以前、高血圧が真実ではない人生を生きていたために脳血管障害になりかけたことを書きました。こちらより。

ことのときは収入に見合わないような家に住んでいるのに、それをやめようという発想がありませんでした。それを自覚できるようになったら、高血圧、めまいふらつきが治まったことがありました。

そして今度は、吐き気と胃酸過多、胃の痛みが続くようになったために、今回もなにか自分の魂の声に背いていることがあるかもしれないと思ったわけです。

続きを読む

自分の真実を生きていないと病気になるって気がついた

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日は私が実際に体験した、高血圧とめまい、ふらつきで倒れそうになったこと、そこからの回復についてです。

数年前のこと、家にいて、急にめまいとふらつきが起こりました。

とっさに、これって父親と同じだ、そう思いました。

父は、高血圧と動脈硬化のために早朝にふらつきで倒れ救急搬送されたことがあってそれが思い出されたんです。

幸い父は処置が早かったため、回復し後遺症もありませんでした。ただ、2週間ほどは入院となり、結構長かったことを覚えています。

それが私にも起こったと思ったんです。

続きを読む

うつの服薬をやめた時に行った3つのこと

『うつ病を自分で治す』私が服薬をやめた時に行った3つのこと。

をお贈りします。

始めに、服薬が必要な時期はあります。こんな方法もあるというご紹介ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まず、どんな時にうつになるのか?

★真反対の出来事が起こった時、どちらを選んでも誰かを苦しめることになる時

例えば、自分の会社での成績を上げることは出来るが、お世話になった取引先をないがしろにしてしまう。

または、自分の気持と反することを親から言われ強要された場合

★自分が思い描いていた将来の自分になれない

例えば、いい大学に入って、一流企業に就職して、順調に出世して、家庭を持って・・・・、そうなれなかった自分を認めることができない。

★今までの価値観で生きられない

例えば、進学で都会に引っ越した時や、転勤や移動で、違った文化の職場に配属になった際に、これまでの自分を変えることができない場合。

などが挙げられます。

こんな場合に、まずはなるべく早く、うつの原因となる環境から遠ざかることですが、なかなか本人含めてうつだとはすぐに気が付かないという問題があります。

うつになるとこのような状態になります。

★本を読んでもまったく理解できない

★朝起きれない、なんとか起きても活動できないが、夕方になると頭がスッキリしてくる

★何かをしようという気力がない、そんな気にならない

★物事に集中できない

★生きているのが辛い、死にたいと思う

などの感情や状態が起こっていたら、うつの可能性が高いです。

私の場合には、3年間うつの服薬をしました。

職場の退職をきっかけに服薬をやめてみたところ、うまくいきました。

ちょうど服薬をやめられるタイミングだったのだと思います。

それでは、うつの薬をやめた時に行った3つのこと。

★朝早くおきて、太陽の光を1時間浴びる

・・・・北欧では日光が当たらない時期が長いのでうつが多いそうです。その反対の考えで、太陽の光を午前中に1時間当たりました。そうするとその日の夜から眠れるようになります。うつの時には眠れないことが多るく、それだけでも本当に辛いのですが、夜眠れるだけでもかなり楽になります。一週間続けるだけで、身体が元気になったのが分かると思います。

★ヨガ

・・・・やればやるほど身体から悪いもの(うつの原因となるもの)が出ていくような感覚でした。ポーズとともに呼吸を通すので、副交感神経が優位になりリラックスも出来るようになります。

★パワースポット、自然の中で過ごす

・・・・パワースポットをめぐる、海岸で潮風に当たる、森林浴(おすすめは木とハグすること)。

この3つです。この3つとも浄化の効果が高いと思います。

この方法を続けていたら、3ヶ月後には仕事への復帰を果たしました。正確には、仕事ができるレベルまで回復したということになります。

何かのご参考になれば幸いです★

これまでに自分で治した病気

こんにちは。

ここでは、今までに私が内観や、契約の解除というヒーリングの手法を使って治してきた自分自身の病気や症状についてをまとめてあります。ぜひご参考になさってくださいね。

1 過敏性大腸炎 

私は元来頑固な便秘持ちでした。小学生の時にはすでに二週間排便がなくてトイレで泣いても出なかったという状態になっていました。

が、それもいったん下痢となると、それはそれで激しいものでした。そうやって下痢と便秘を繰り返しているような状態が大人になっても続きました。

当時は過敏性大腸炎という言葉もなく、子供の頃からのことでしたから、当たり前のように思っていました。

自分でエネルギーワークを行うようになって、「あ、今尾てい骨にある子供の頃のトラウマを解消しようとして過敏性大腸炎になっているんだ。」とまでわかるようになりました。

原因は何だったかを手短に言うと、人のネガティブなエネルギーを大腸で受け取っていたのです。

だんだんと治って、また再発してを繰り返して、気がついたら治っていました。

2 帯状疱疹 

以前は、毎年のように夏前になると帯状疱疹になっていたのですが、私はずっと虫刺されだと思っていたんですね笑。

しかし、ここ数年間で、それが帯状疱疹であることに気が付きました。

トリガーとなる出来事(人との関係性)があった後で帯状疱疹ができるとことがわかりました。詳しくはこちらを

3 過食症 

いちばん過食傾向が強かったのが高校生のころ。とても苦しかったのですが大人になると自然におさまったと思っていました。

しかし、これもここ5年間ほどで気がついたのですが、他の病気や人生の問題の影に隠れていただけで、治っていませんでした。

こちらにもはっきりとした原因=母との関係があることがわかり、解消されました。

4 がん

こちらは、発症していないのですが、私の家系ががんになった人がおおいことから、食事療法を予防として取り入れています。

5 離人症

 病気というより症状.状態ですが、こちらは自分の人生が現実のものとは思えないといったもので、私はやったことはないのですが、リストカットをしてしまう人は離人症であることが多いと言われます。過食、拒食もそうですね。

宇宙からきた人が、この世界を生きづらいと感じていることに似ています。

離人症の原因としては、あまりに辛い体験をして、その辛さを感じずに済むように、わざと自分で自分の感覚感情を感じないで済むようにしていることがあります。

6、高血圧、動脈硬化、脳血管障害

 こちらはなんと父親とそっくりな行動をとっていたことが原因だったのでした。つまり、遺伝などではなく、生活を一緒にしていたために行動や考え方が同じになっていたことから高血圧によるのぼせ、めまいふらつきが起こり、それに気がついたことで解消できたのです。

くわしくはこちら「自分の真実をいきていないと病気になる」

7.不整脈と狭心症

こちらは、介護士時代にストレスと、夜勤で体に無理がかかった為に発症しました。

夜勤をやめたら治ったので完全に環境によるものですね。

ちなみに、世の中には二種類の人間がいます。それは夜勤が得意な人と、夜勤が苦手な人です笑。

私は苦手な人で、一回の夜勤をした後、体調が戻るのに数日かかり、疲れたまま次の夜勤を迎えるのでずっと疲れている状態でした。夜勤中の2時間の仮眠は死んだように寝ていました。一方夜勤が得意な人は何と仮眠を取らないくても平気なんですね。苦手な人は夜勤はやらない方がいいと思いますね。

以上、思い出せただけを書いてみました。もしかするともっとあるかもしれません。

これらは全て契約の解除という手法で、原因となっている行動や考え方に気がつくことで、病気や症状を解消してきました。

それによって病気が治るばかりか、10年ほどは風邪も引かなくなりました。

食事も大切だと思っていますが、病気の解消にはそれ以上に自分の無意識の行動様式に気づくことが大切です。意識や行動を変えていくことで解消できるという考え方です。

病気は契約解除で治る。スピリチュアルリーディングはこちらより。