アーカイブ

連載・母と子③諦める

②の承認欲求の話し、自分にも心当たりあるなあという方、普通ありますからご心配なく。

今日のテーマは諦める!です。

誰かがあなたを認めてくれることを諦めましょう。

深い部分では、お母さんがあなたを認めてくれることをになります。

お母さんは、あなたの欲しいものを与えることはできないんです。

誰かがあなたを認めてくれることはない。

つまり、あなたが与えてほしいと思っているものをくれることはない。

ということです。

多くの人の世の中で認められたいの根底にあるのが、

母に認められたいというものです。

頑張っていい成績を取ろうとする、

お母さんが喜ぶからと、周りの人を助けなくちゃと思っている、

お母さんが望む自分でいなくっちゃだめ。

認められたいと思ってとる行動には、

一見、認められたいとは思えないようなこともあります。

お母さんより優秀にならない、

お母さんより醜くなろう、

お母さんが望んだダメな自分になることでお母さんに認めてもらいたい!ということさえあります。

切ないですが、割とみんなこれをやっています。

どんな親でも、子供にとっては唯一のお母さんなんですね。

しかし、どんなに頑張っても、お母さんはあなたを認めることはありません。

それはできません。

なぜなら、お母さん自身がそれを与えてもらえなかったんです。

だから、あなたにあげるものを、それは無条件の愛にほかならないのですが、それを持ち合わせていないのです。

諦めるしかない。

悲しいけれどこれが、私たち子供が知る必要のある客観的事実。

私はこれの客観的事実を知ってから諦めるまでにかなりの年数を要しました。いやあ、頭では分かっていても、腹には中々落ちないものですね笑。ここは、結構頑張りどころでした。

しかし、この諦めるということをやれるようになる時、人生が開けます。

次は、人生って、誰のものでしょう?へ。

連載・母と子④自分の人生を生きるとは

昨日お伝えした通り、お母さんは、あなたが欲しい愛を与えることはできない。なぜなら、お母さん自身が愛をもらえなかったから。だから諦めましょう笑。

という事実があります。

でも、大丈夫。少しだけでも手放していけたら、その分だけ、あなたの人生が開けるといういいことがあります。

 あなたの人生をつかむために、
あなたがあなたを認めてあげることを始めてください。

これからは、

あなた自身が、あなたのことを第1番に認めてあげる。

たとえ、誰も認めてくれなくても、

あなただけはあなたの味方でいてあげる。

あなたのことを本当に分かってあげられるのはあなたしかいません。

それは、自分の責任を自分で取ることとイコールです。

本当の意味で、あなた自身の人生を生きると決めるということです。

そこには本当の自由があります。母親と依存の関係にあるうちは本当には自由ではありません。

あなたは自由になっていい。

もう誰かの承認を得る必要はありません。

母親に承認してほしいという欲求が強ければ強いほど、それはかなわないことは、いつの日か気が付かざるを得ません。

しかし、母親からの承認を手放した時、そこには信じられないような宝の山があるんです。

どうぞ両手を広げてあなたの人生をつかんでください。

そうなったあなたには恩恵が待っています。

それはこれまでどんなに親を責めても全く聞いてもらえなかったのに、あなたがあなたの人生を生き始めた途端、お母さんや家族が、変わってしまうのです。

これを波動が変わる、周波数が変わるという言い方をすることもあります。

そこには感じよく話しかけてくる別人の彼らがいたりします。それには笑ってしまいますね。

言い方を変えると、お母さんも自分の人生を見つけ始めます。

あなたの周りの人たちも。

そして、生き方を変えることができない人は、あなたの人生から去って行きます。

世界が変わり始めます。あなたが、変わることで、住んでいる世界が変わるんです。

さてさて、それだけじゃない。そこには更なる恩恵があるんですよ。

スピリチュアリティとしてのあなたとお母さんの関係というものに気が付き始めます。

あなたと親との深いところでの繋がり。

本当はあなたのご両親、お母さんは、あなたのためにその役割を担ってくれていたという事実があります。

それは、愛からの申し出だったに違いありません。

彼らの愛を受けとるとき、

あなたの世界はさらに一変するでしょう。

最も苦しんだところに最も大きい恩恵は転がっているものです。

あなたの使命や、人生の目的もそこに。

どうぞ人生の恩恵を受け取ってくださいね。

スピリチュアルリーディング

インナーチャイルドセラピー