アーカイブ

毒親の介護って可能なんだろうか②

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

昨日から今日までで、母と私、つまり毒親と娘、又は介護が必要な親と子の関係性が変化してきたのを感じたのでUPしています。

1日だけでも、こんなに変わるってやはりエネルギーでの変容は大きいですね。

どのように変化したかというと、

これまでのような、傷つけられるしか、母との接点がなかった関係から、

母がおそらく生まれて初めてわたしに、

〇〇がないから買って来てくれない?

と頼んだのです。

記憶を思い返しましたが、母が素直にわたしにお願いするなんて!!

通常だったら、親戚や近所の人、私の友人も巻き込んで、大騒ぎした挙句、どうやら〇〇して欲しいのかな?と推察するしかない。

その繰り返しでした。

驚きとともに、やはり自分が変わることで、母との関係も変わるのだと実感。

まだまだいろいろあるとは思いますが、一晩のうちにでも関係性を変えることは可能なんだと実感できました。

相手は変えられませんが、自分自身なら変化変容できるんです。

そしてこちらが変われば、相手も変わらざるをえない。

では、いい1日を!

毒親の介護って可能なんだろうか

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

私自身がこじらせAC(アダルトチルドレン)であり、母親の介護という課題も最近増えた。というそんな話です。

自分が愛されたことがないと感じている母の介護をするということは、これまでの私には考えられないことでした。

私自身は、誰かに依存して生きることより、自立してきている方がずっと気が楽だと感じています。

しかし、私の母の場合には、娘や周りの人に依存しないと生きることはできない人です。それは明白です。

また、私の住む地方では、親の世話を子供がするのが当たり前、そうしない人は親不孝だとさえ言われます。

すでに、親戚の人からは、言われてしまいました。

親と一緒に住まないこと自体が親不孝だと。

私自身は首都圏でずっと生活してきましたので、都会のドライな人間関係のほうが心地よいですし、また、都会では自ら希望して一人暮らしをしている高齢者の人も多くいたりします。子供やお嫁さんと一緒だと気を使うからという理由だったりします。

一方田舎では、コロナの影響で薄まったとはいえ、もともとが濃密な人間関係です。職場では、誰がどこに住んでいて、家族関係はどうだ、親の勤め先はどこだなどどいうことが分かってしまっている中で生きていくしかありません。

田舎で通勤していたころは、本当にしんどかったです。

本題の、ACで愛情をかけてもらったことがない私が親のケアってできるものなのかな?ですが、はっきり言ってやりたくはありません。

人間は優しくされたときに、こちらも優しくできるものです。

子供時代に優しさをかけてもらえていたなら、当然優しくしたいと思っているはずなんです。

潜在意識はそうなっていますし、実感としてそうだなと思います。

母は私を恨むことで生きてきた人ですから、私がケアしたところで、ほんとうの意味で優しくされることもないと分かっているんです。

ここで私が決めたことは、周りになんと言われようが、自分をいちばんに大切にしようということです。

誰になんと思われてもいいと腹をくくってしまう。

いい子をやめる。

この先、ヘルパーさんに、あそこの娘さんってひどいよねと言われたとしてもしかたないって思うしかない。そう思っています。

やれることとやれないことがある。やれることだけすればいい。

うちの母の場合には、娘の幸せが絶対に許せないがゆえの過干渉です。

これまでには、会社に電話してきたり、不動産屋さんに私がいかにだめな人間かを示す謎の書類を送ってみたりと、行く先々で、私のためという御旗を振りかざして、私の人生を壊し続けてきました。

最終的にはいつも、言うことを聞かなければ死ぬしかないという脅し文句によって、私は言うなりになってきました。父が生きていた頃は、二人で一緒になってその脅し文句で私は支配されていました。

今冷静になってよく分かるのは、1ミリでも愛情があったらこんなことできるはずがない、ということだけを私にやり続けているということです。

つまり、母は私のことが大嫌いだという紛れもない事実があります。

だから、私も嫌いで当たり前です。

これを自分で認めることができるまでに、私は相当な歳月がかかりました。

プラス厄介なのが、子供のためという自分が絶対に悪くならないための仕組みと、親と一緒に住まないのは親不孝だという圧力です。

が、ここで分かっていることがあります。

スピリチュアルなことをさんざん学んできましたから笑。

罪悪感が、この事態を招いていることを。

そう、罪悪感なんです。

どうしても、幸せになっては悪いと思ってしまう。

私だけが、スピリチュアルに進化してはならないと思ってしまう。

湧き出してくる罪悪感が、今の現状をつくっているんですね。

そして、これも分かっているんです。

私が変われば、母も変わらざるを得ないことも。

母の私への(精神的に)暴力的な扱いでしか、母と接することができなかった関係から、違った関係へ変化せざるを得なくなるわけです。

なんとなくですが、母と私の関係性が変わるような感じがしています。

生まれてから数十年にわたる精神的暴力が、どのように変化するのか?

少し楽しみでもあり、信じられなくもあります。

今日は、こんな感じです。なにかの参考になれば幸いです★

母子関係の解消には、霊性の進化が必要です。★

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日は、母と子の課題の解消には、スピリチュアルティ=霊性の進化、変容が必要という話です。

これは、私の実体験でもありますが、なにせ親子関係、母親と子供の間柄とは、固まったまま動いていない部分があるということがあります。

子供時代に培われてしまい、そこから変わっていないあなたと母親の関係です。

そして往々にして、それが、あなたが今ひとつ羽ばたくことができない原因だったり、生き辛さの原因となっています。

例えばこんなことはありませんか?

  • 実家に帰ってもどうせ喧嘩になるから、用事だけをさっさと済ませて帰ってきてしまう。
  • 母親の心無い言葉に、未だに傷ついてしまう。
  • もうずっと母親、家族と疎遠になっている。
  • そう言えば、母親は自分を嫌いだったのでは?と思っている。
  • 自分を愛するという意味がわからない。
  • 愛とは何かがわからない。
  • 何をやっても満足できない。
  • いくら頑張っても自分には価値がないと思ってしまう。
  • 母親と話していると、まるで5歳児と大人が話しているかのように、母親の思うつぼ。
  • 母親と話すだけで、疲労困憊してしまう。

こんなことが思い当たる方は、母親との関係を見直すことで、人生が大きく変わることができます。

それは、とても勇気がいることです。

向き合えない気持ち本当によく分かります。

しかし、今あなたがいくつであっても、またあなたのお母様が他界されていたとしても、関係を見つめない限りは5歳と大人の関係のままなんです。

なぜ向き合うのが難しいかと言えば、母親との関係が5歳と大人の関係のままで、自分で対抗できるとは思えないからですよね。どうせ、無理だと思ってしまっているんです。

では、母親との関係を見つめることで人生がどのように変わるのでしょうか?

  • 躊躇なく好きなことが出来るようになった。
  • 生まれてはじめて人生って楽しんでも良いのだと思えた。
  • 生きづらさが解消され、人生が楽になった。
  • グラウンディングが出来るようになった。
  • これまでの失敗が、本当は失敗ではないことに気がつけた。
  • 母親にありがとうを言えた。
  • 人生を信頼、自分を信頼できるようになった。
  • 人間関係が楽になった。
  • 生まれる時の母親との約束があったことを知り、人生の意味が分かった。
  • 過去世からの縁を感じることができた。

このように、これまでの人生では信じられないような母親との関係が生まれます。そして人生そのものが変化変容を遂げることができます。

そのためには、スピリチュアリティ=霊性での進化、つまり次元上昇が必要であり、それによってこれまでの人生の枠から出ることが可能になります。

はじめて母親の枠内から出るということです。

あなたがどんなに社会的に成功していたとしても、そうでなくとも、人生で何かうまくいかない領域があり、どうしても克服できないという場合には、あなたと母親との関係を見直す時期なのかもしれません。

そのために、エネルギー的な変容=霊性の進化が必要です。

はじめて心から母親にありがとうを言えるようになったら、どんな気持ちになるんでしょうか。

きっと後で振り返っても良かったと思えるはずです。

ここの、人生の要の部分が解消されれば、その後は、何をやってもスムーズに行きます。

そして、あなたの人生の大切なものが、ここから発見されます。それはこの人生での使命や目的、ギフトといったものです。

まだ、それは発見されていません。

また、この先に、何かの課題に出会ったとしても、人生への信頼がこれまでとはまったく違いますから、ぐらつくことはありません。たとえぐらついたとしても、今までのように諦めることもありません。すぐに軌道修正し、自分の人生を歩きだします。課題に向き合うことが楽しくさえなっていきます。

今日は、人生の基盤である母子関係は、霊性が進化するためには必須の課題である、についてお届けしました。

なにかのご参考にされてくださいね。

パリ・マドレーヌ寺院

機能不全家族に生まれた

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日は、機能不全家族についてをお伝えします。

ここを見つめるのは辛いところですが、ぜひお付き合いください。

まず、機能不全家族とは、両親が、親の役割を放棄しているために、もしくは子供を育てるという概念がないために、子供が子供らしい健全な成長ができない家族のことです。

意外と気がついていない人もいて、私も、人から言われてはじめて気が付きました。

親のネグレクト、身体的精神的虐待、過干渉があり、それらが組み合わさっていたりします。

そして、健全な成長ができていない子供であるにも関わらす、親の精神的な、あるいは身体的、経済的な面倒を見ていたりします。

一例ですが、親のストレス解消のためにまるでサンドバックになっていたりと、精神的に親の面倒を見ている場合もあります。

親が自分たちの生涯に渡る責任を取るように刷り込んで、まだ幼い子供一人が家族全員の過大すぎる責任を抱えていることもあります。そんな子供は、骨格の成長が充分にできないこともあります。

これらは、外からは分からないことも多く、子供は、周りから幸せだと思われていたりします。そのことが子供をさらに追い詰めてしまいます。誰にも分かってもらえないことが、大人になってからも誰にも自分のことを話せないままでいたりします。

さて、こんなときエネルギー的に見ると、どうなっているのでしょう。

エネルギー的に理解することとは、まず、大人になった今でも、エネルギー的には子供時代と変わっていないということがあります。

そのために、あなたがいつも好ましくない現実をつくってしまうのです。

機能不全家族というエネルギーを今も持っているということなんです。

こういった機能不全家族をエネルギー的に見ると、あなたは一人で存在しているのではなく、つねにあなたを頼っている、もしくは縛っている、もしくはネグレクトしている(そうやって縛っている)親、母親や、家族が、エネルギーとしてくっついている状態になっています。

通常は、人は自分自身だけのエネルギー領域、オーラやエネルギー体をもっています。

しかし、機能不全家族に育った人のエネルギー体は、そこに依存する親たちの居場所が存在しているという状態です。

それが、あなたが不快な現実をつくってしまう原因です。

残念なことに、一緒に暮らしていなくても、親が亡くなっていても、エネルギー体が同じであれば、不快な現実が起こります。

つまり、親や家族と同じような人、状況を、引き寄せてしまうのです。

さて、これが理解できたなら、ここから、本題である親との関係性を見つめるという作業に入っていきます。

端的に言うと、まだ親を許せないと思っていて、その自分自身も許そうとしていないのが今の状態です。子供時代を握りしめているんですね。

ただ、悪いわけではないので、今の状態を客観的に捉えるということをやってみましょう。

それは、できれば、この状態を今は自分がやりたくてやっている(部分もある)のだと、この現実を作り出している自分を受け入れてみましょう。

『分かっちゃいるけれど、それをやめようとはしていないんだ〜』という自分。

そこから逃げようとせず、向き合ってみましょう。

どんな必要性があって、あなたは、そんな辛い現実を引き寄せてしまうことを大人になった今も続けているのでしょうか。

そこには理由があるはずなんです。

あなたが握りしめているのは何なのでしょうか?

簡単にはいかないかも知れませんが、そこにはあなたの生まれた意味や大切な宝物がある場所です。ぜひ、向き合ってみてくださいね。

そして、もう一つ。あなたが両親を許していないということは、未だに両親に囚われており、あなたの大切なエネルギーを両親に(亡くなっていたとしても)送り続けてしまっていて、自分のことはお構いなしになっているということです。

みなさんの何か参考になれば幸いです。

スピリチュアルリーディングはこちら。

エネルギーを奪われている?介護士が疲弊する訳

こんにちは、介護士歴14年、ヒーラーのHidekoです。

今日は介護士さん、対人援助職の方々が、どうして常に疲れているか?についてです。

結論から言うと、人との距離感が近いことが原因です。距離感が近いことを、境界線がないといいます。

前半では距離感と境界線についてを詳しく解説しています。また後半では、介護疲れ、生きづらさそのものを解消して、リスタートするための3つの方法をお伝えしています♫ぜひお付き合いくださいね。

では、もともと介護を志す方は人の役に立ちたいと思う方です。

自分のことよりも周りの人たちを優先しています。

そりゃあそうだという感じですが、意外と介護士さん自身は自覚がないんです。あまりに自然に人のことをサポートしてしまえるゆえにです。

そしてそれは、とても素晴らしいことなのですが、その反面、自覚のない部分・無意識でもサポートをしていまうとなると・・・知らないうちに本来なら自分に使うべきエネルギーを周りの人々に与えてしまっているということになります。

ただこれは、自覚を持って自分は後回しでもいいから目の前の人のために存在したいと思っている人はそれで全く問題ありません。そういった介護士さんもたくさんいらっしゃいます。

しかし、それより多くの場合、もともと人に頼られる、お願いされるとついやってしまう、自分を後回しにしている自覚がない、そう言われればそうかも知れない、そんな感じだと思います。

また自覚ない場合には、いつもどこかで不満を抱えていることがあります。それは内面のどこかに無理がかかるからです。

もし、はっきりとNOと言えたらとか、自分のできることできないことをはっきりさせられたら、対人援助職でいつも疲れてはいないはずです。

NOを言えない。

できることとできないことが言えない。

または分からない。

こんな時には、あなたが自分を顧みていないということです。

もっと言うと、本当に自分のやりたいことをやっていますか?ということです。

まずは、自分が本当にやりたいことを明確にすることが大切です。

あなたは、最初から疲れ果てて介護士になったのではないはずです。

あなたが介護士さんでも、他の仕事をしていたとしても一度考えてみてください。

ちなみに、私Hidekoの場合には、介護士を始めてすぐに全人的に人を理解することに興味が湧きました。初めて入所施設勤務になった時、24時間での人間観察が面白く、その人の生まれ、家族、生い立ち、職歴、結婚歴、引っ越し、病歴から服薬歴、現在の服薬状態までをトータルでケアすることが面白くて仕方なかったんです。

・・・・というように、人それぞれ面白いと思うことやりがいを感じられることがあります。

あなたは、これまでの仕事の何を面白いと思っていたのでしょうか?

まだ気がついていないこともありますので、一度、何が好きだったんだろうと考えてみてください。

さて私の場合に戻りますと・・・そんなこんなで大変ではあるけれどやりがいもある仕事でしたが、3年もすると・・いつも疲れている状態になってしまいました。面白かった全人的な理解も、新しい入居者さんがいつも入ってくるわけでもなかったこともあり・・・疲れや人間関係や組織へのストレスの方が上回るようになりました・・・・・

さて、ここからは、今日の題材であるどうしていつも疲れているのかについてです。

それは、最初にお伝えしたとおり、私が人との距離感が無かったことが原因です。

みなさんも、職場や友人関係の中で、人との距離感が近い人、遠い人、またはなんだか居心地の良い人、悪い人ではないのは分かるが居心地が良くない人がいると思います。

私の場合は、人との距離感が近い人でした。これは波動の法則もありますので、距離感が近くても居心地がいい場合もあります。

まるで姉妹のような友達や母娘などは、距離感が近くて心地いいということになります。

しかし、一般的には距離感が人と近くなってしまうと、不快になるものです。

誰でも他人に自分のテリトリーに入ってこられるのは嫌なものですよね。

気の合う友達や姉妹であれば許容範囲か、それでも不快になったり、それ以外の他人であればはっきりと嫌なはずです。

人との距離感が近い人のことをエネルギー的には、境界線がない状態といいます。

この境界線がない状態で介護をするということは、エネルギーが要介護者さんに流れていってしまうということなんです。

それで、疲れてしまうんです。

一般的にエネルギーは、健康な人から病気の人へと流れるようになっています。これは私も病気の時に経験したことがありますが、体力も気力もない時に病院へ行くとふっと少し元気になるんです。

しかし、例えば風邪やただ薬を貰いに行った際にも病院へ行くなぜかとても疲れてしまうのは、この逆のことが起きていると考えます。

病院の待ち時間が長く疲れたのではなく、元気な人から本当に体力も気力もない人へエネルギーが流れたためにひどく疲れるんです。

というようなエネルギーの流れがあります。

ここで大切なのは、境界線が健全かどうか、つまり人との距離感が健全かどうかです。

境界線が健全とは、人と快適な距離感を保てるということ。

つまり自分も相手も心地いいお互いの健全な距離感を保つことができるということです。

もし境界線が健全なら、多少エネルギーが病気の人に流れても疲れるほどにはなりません。このようなエネルギーのやり取りとを私たちは自然にいつも行っています。

それと同じことが、介護士と入居者さんの間で起きています。

みなさんの自分に本来は使うべきエネルギーが、要介護者の方々に流れていっています。

要介護者さんから好かれてしまう方は(私もそうでしたが)、喜んでばかりはいられません。

彼らは無意識のうちに誰からいちばんエネルギーがもらえるかを分かっていますから笑。生きるのが大変な人ほど無意識にではありますが、奪ってやろうと思っているはずです。だって病気などで少しでも楽になりたいですからね。

というエネルギーの流れがあります。ここまでおわかりいただけたでしょうか。

境界線の自覚なく、良かれと思っていやっていることでも、実は目の前の人にエネルギーを吸い取られていて常に疲れているかもしれないということでした。

では、どうやったら健全な境界線を保つことができるのでしょうか?後半です♫

これまでお伝えした境界線のことを理解していただいたことがまずは素晴らしいスタートになります。

普通は、温泉に行くとか、ストレッチをするとか(それもとても大切ですが)、そういった対処法を行うだけで、その原因までを考えることはありません。

おそらく、ほとんどの人が介護士が疲れるのは当たり前で、原因があるとは思っていない。また仮に原因があったとしても、どうにかできるとは思っていないと思います。

まず、健全な境界線を保つことを目標に起きましょう。これは生きる上でも大切です。

そうなんです。もう一度言います。

境界線を保つことは生きる上でとても大切です。

人と合うのが苦痛だったり、人生が生きづらいと思っている人は、この境界線が健全でないことが原因です。

ですので、介護士さん、対人援助職の方だけではなく、実はすべての人にとっての生きづらさを解決するためには大切なんです。

では、健全な境界線を保つための3つのことをお伝えします。

  • 自分中心に物事を考える
  • 自分には価値があると思い込む(できなくてもいいが毎日一度はそう思い込む)
  • 先ほど思い出したどうして介護士をやってみようと思ったか(仕事の何に面白みを感じていたか)を、もし健全な境界線だったら、疲労困憊していなかったら・・・

この3つです。順を追って説明しますね。

まず、自分中心に物事を考えるですが、それを今これからすぐにやっていきましょう。仕事中は初めはそうはいかないと思いますが、例えば家庭で、友人との間で、本当に自分を幸せにしてくれるかを一つ一つ考えてみましょう。

はっきり言って、これだけを続けれられれば、自分の好きな人生を送ることができます。あなたのできることからスタートしてください。

一つ一つ、あなたのハートで本当にこれをやりたいかどうかを決めてください。

そして、2番目のこれは難しいのですが、自分には価値があると毎日言いい聞かせましょう。最初はどうせそうは思っていません笑。

でも、本気では思っていないけれど、自分には価値がある。そういうことにしてみる。それでもいいので、自分に価値があると毎日言い聞かせましょう。1つ目の方法と合わせて、十分に価値がある私が選択するのはAかBかと考えるのもいいと思います。

さらに私が行った有効な方法がありますので、ご紹介します。

あなたの大切な人を一人思い浮かべてください。その人が自分には価値がないと悲観しています。自殺しそうなくらいに落ち込んでいます。その時あなただったら、どうやって大切な人を励ましてあげますか?何を言葉で伝えますか?

これを書き出してください。

『・・・

・・・・・・・。』

3つ目はイメージトレーニングです。

あなたの境界線は健全になっています。人との距離感を健全に保てています。つまり、人間関係が心地よくてしょうがないのです。愛で繋がっている状態です。まず、これをイメージしてみましょう。

それから、先程考えていただいた仕事の面白さ、好きな部分を思い浮かべたてください。あなたの発見したあなたの本質です。

そこからどんなあなたがイメージできますか?愛で人とつながったあなたは自分の好きなことをどのように表現しているのでしょうか?

★活躍しているあなた?

★いきいきと仕事に取り組んでいる自分の姿?

★新しいポストについている?

★または、新しいことを初めている自分?

それをありありと思い浮かべましょう。

そして、イメージできた時には、どんな気持ちになるのかを味わってしまいましょう。

体感することは、引き寄せの極意でもあります笑。

この3つを是非実行してください。直ぐにできることばかりです。

そして、もし落ち込んでしまった時は・・・・・

2番めに書いたあなたの大切な人を励ます手紙を読みましょう!それはあなたに宛てた手紙でもあるんです。(もちろん誰かに伝えてもいいですよ。)そう、あなたは自分で自分を癒すことができるほど素晴らしい存在です。

みなさんの何か参考になれば幸いです。もしご感想やご質問があればどうぞ♪

こちらもどうそ境界線のためのセッション

`