アーカイブ

次の6/10新月瞑想会はクンダリーニの活性化です♫

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

次回の瞑想会です♫

日時:

☆新月6月10日(木)18時30分〜☆クンダリーニの活性化瞑想♫

☆満月6月25日(金)18時30分〜【4つの細胞の浄化】細胞レベルでのクリアリングにより症状や不調を癒す瞑想♫

内容:ドルフィンスターテンプルの光の瞑想会

身体をリラックスさせてあげ光で浄化、オーラ、チャクラを整え、地球の神意識と繋がりグラウンディングしていきます。そして、高次元のあなた自身であるハイアーセルフと繋がり、ガイダンスをもらいましょう。

瞑想会の様子ご感想はこちら

これまでの瞑想会はこちら

場所:遠隔ZOOMにて。全国どこからでもご参加いただけます。事前にURLをメールでお知らせします。

参加費:2000円 事前のお支払いをお願いしております。返信メールをご確認ください。

お申し込みはこちらより、お名前、メールと6月10日または25日瞑想会希望の旨をお知らせください。

当日はエネルギーが動きますのでミネラルウォーターを多めに摂ってください。

毒親の介護って可能なんだろうか②

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

昨日から今日までで、母と私、つまり毒親と娘、又は介護が必要な親と子の関係性が変化してきたのを感じたのでUPしています。

1日だけでも、こんなに変わるってやはりエネルギーでの変容は大きいですね。

どのように変化したかというと、

これまでのような、傷つけられるしか、母との接点がなかった関係から、

母がおそらく生まれて初めてわたしに、

〇〇がないから買って来てくれない?

と頼んだのです。

記憶を思い返しましたが、母が素直にわたしにお願いするなんて!!

通常だったら、親戚や近所の人、私の友人も巻き込んで、大騒ぎした挙句、どうやら〇〇して欲しいのかな?と推察するしかない。

その繰り返しでした。

驚きとともに、やはり自分が変わることで、母との関係も変わるのだと実感。

まだまだいろいろあるとは思いますが、一晩のうちにでも関係性を変えることは可能なんだと実感できました。

相手は変えられませんが、自分自身なら変化変容できるんです。

そしてこちらが変われば、相手も変わらざるをえない。

では、いい1日を!

毒親の介護って可能なんだろうか

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

私自身がこじらせAC(アダルトチルドレン)であり、母親の介護という課題も最近増えた。というそんな話です。

自分が愛されたことがないと感じている母の介護をするということは、これまでの私には考えられないことでした。

私自身は、誰かに依存して生きることより、自立してきている方がずっと気が楽だと感じています。

しかし、私の母の場合には、娘や周りの人に依存しないと生きることはできない人です。それは明白です。

また、私の住む地方では、親の世話を子供がするのが当たり前、そうしない人は親不孝だとさえ言われます。

すでに、親戚の人からは、言われてしまいました。

親と一緒に住まないこと自体が親不孝だと。

私自身は首都圏でずっと生活してきましたので、都会のドライな人間関係のほうが心地よいですし、また、都会では自ら希望して一人暮らしをしている高齢者の人も多くいたりします。子供やお嫁さんと一緒だと気を使うからという理由だったりします。

一方田舎では、コロナの影響で薄まったとはいえ、もともとが濃密な人間関係です。職場では、誰がどこに住んでいて、家族関係はどうだ、親の勤め先はどこだなどどいうことが分かってしまっている中で生きていくしかありません。

田舎で通勤していたころは、本当にしんどかったです。

本題の、ACで愛情をかけてもらったことがない私が親のケアってできるものなのかな?ですが、はっきり言ってやりたくはありません。

人間は優しくされたときに、こちらも優しくできるものです。

子供時代に優しさをかけてもらえていたなら、当然優しくしたいと思っているはずなんです。

潜在意識はそうなっていますし、実感としてそうだなと思います。

母は私を恨むことで生きてきた人ですから、私がケアしたところで、ほんとうの意味で優しくされることもないと分かっているんです。

ここで私が決めたことは、周りになんと言われようが、自分をいちばんに大切にしようということです。

誰になんと思われてもいいと腹をくくってしまう。

いい子をやめる。

この先、ヘルパーさんに、あそこの娘さんってひどいよねと言われたとしてもしかたないって思うしかない。そう思っています。

やれることとやれないことがある。やれることだけすればいい。

うちの母の場合には、娘の幸せが絶対に許せないがゆえの過干渉です。

これまでには、会社に電話してきたり、不動産屋さんに私がいかにだめな人間かを示す謎の書類を送ってみたりと、行く先々で、私のためという御旗を振りかざして、私の人生を壊し続けてきました。

最終的にはいつも、言うことを聞かなければ死ぬしかないという脅し文句によって、私は言うなりになってきました。父が生きていた頃は、二人で一緒になってその脅し文句で私は支配されていました。

今冷静になってよく分かるのは、1ミリでも愛情があったらこんなことできるはずがない、ということだけを私にやり続けているということです。

つまり、母は私のことが大嫌いだという紛れもない事実があります。

だから、私も嫌いで当たり前です。

これを自分で認めることができるまでに、私は相当な歳月がかかりました。

プラス厄介なのが、子供のためという自分が絶対に悪くならないための仕組みと、親と一緒に住まないのは親不孝だという圧力です。

が、ここで分かっていることがあります。

スピリチュアルなことをさんざん学んできましたから笑。

罪悪感が、この事態を招いていることを。

そう、罪悪感なんです。

どうしても、幸せになっては悪いと思ってしまう。

私だけが、スピリチュアルに進化してはならないと思ってしまう。

湧き出してくる罪悪感が、今の現状をつくっているんですね。

そして、これも分かっているんです。

私が変われば、母も変わらざるを得ないことも。

母の私への(精神的に)暴力的な扱いでしか、母と接することができなかった関係から、違った関係へ変化せざるを得なくなるわけです。

なんとなくですが、母と私の関係性が変わるような感じがしています。

生まれてから数十年にわたる精神的暴力が、どのように変化するのか?

少し楽しみでもあり、信じられなくもあります。

今日は、こんな感じです。なにかの参考になれば幸いです★

恐すぎて笑★血管の中に誰かの怨念が・・・・

こんにちは、Hidekoです。

今日は、健康の要である血管の中に発見してしまったあるものについてのなんとも恐い?!笑話です。

要点を言うと、肉体もエネルギー体であり、血管もエネルギーであると捉えます。そしてその血管に病気の原因となる異物がたくさんあったのを見てしまったのです。

私自身の血管の中に、黒魔術のシンボルがたくさん流れてたんです・・・・

黒魔術のシンボル・・・

日本的に言うと、呪いのお札ってところですかねO_O;

呪いのお札というと、おどろおどろしいですが、誰かの念というとわかりやすいと思います。

その人物からの念が強すぎたために、ついに物質化してしまい、本人である私にも分かってしまったんですね。

ちなみにその人物とは、母親です。

良くないことですが、これも思考の現実化の一つです。

恐すぎですが、ここは笑いましょう。

こういう場合、血液数値の値が悪くなる・・・ということは、ここでは扱いません。エネルギーレベルでのアプローチのみです。

こんな捉え方も在るんだと、何かのご参考に★

私の父方は癌の家系(嫌な言い方ですが)で、特に胃や腸など消化器系が弱い家系でした。

私もだんだん父が最初に発症した年齢に近づいてきたため、これまでとは違う視点で自分自身を見るようになりました。

以前、高血圧が真実ではない人生を生きていたために脳血管障害になりかけたことを書きました。こちらより。

ことのときは収入に見合わないような家に住んでいるのに、それをやめようという発想がありませんでした。それを自覚できるようになったら、高血圧、めまいふらつきが治まったことがありました。

そして今度は、吐き気と胃酸過多、胃の痛みが続くようになったために、今回もなにか自分の魂の声に背いていることがあるかもしれないと思ったわけです。

続きを読む

自分の真実を生きていないと病気になるって気がついた

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日は私が実際に体験した、高血圧とめまい、ふらつきで倒れそうになったこと、そこからの回復についてです。

数年前のこと、家にいて、急にめまいとふらつきが起こりました。

とっさに、これって父親と同じだ、そう思いました。

父は、高血圧と動脈硬化のために早朝にふらつきで倒れ救急搬送されたことがあってそれが思い出されたんです。

幸い父は処置が早かったため、回復し後遺症もありませんでした。ただ、2週間ほどは入院となり、結構長かったことを覚えています。

それが私にも起こったと思ったんです。

続きを読む