アーカイブ

独親の介護って可能なんだろうか②

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

昨日から今日までで、母と私、つまり独親と娘、又は介護が必要な親と子の関係性が変化してきたのを感じたのでUPしています。

1日だけでも、こんなに変わるってやはりエネルギーでの変容は大きいですね。

どのように変化したかというと、

これまでのような、傷つけられるしか、母との接点がなかった関係から、

母がおそらく生まれて初めてわたしに、

〇〇がないから買って来てくれない?

と頼んだのです。

記憶を思い返しましたが、母が素直にわたしにお願いするなんて!!

通常だったら、親戚や近所の人、私の友人も巻き込んで、大騒ぎした挙句、どうやら〇〇して欲しいのかな?と推察するしかない。

その繰り返しでした。

驚きとともに、やはり自分が変わることで、母との関係も変わるのだと実感。

まだまだいろいろあるとは思いますが、一晩のうちにでも関係性を変えることは可能なんだと実感できました。

相手は変えられませんが、自分自身なら変化変容できるんです。

そしてこちらが変われば、相手も変わらざるをえない。

では、いい1日を!

毒親の介護って可能なんだろうか

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

私自身がこじらせAC(アダルトチルドレン)であり、母親の介護という課題も最近増えた。というそんな話です。

自分が愛されたことがないと感じている母の介護をするということは、これまでの私には考えられないことでした。

私自身は、誰かに依存して生きることより、自立してきている方がずっと気が楽だと感じています。

しかし、私の母の場合には、娘や周りの人に依存しないと生きることはできない人です。それは明白です。

また、私の住む地方では、親の世話を子供がするのが当たり前、そうしない人は親不孝だとさえ言われます。

すでに、親戚の人からは、言われてしまいました。

親と一緒に住まないこと自体が親不孝だと。

私自身は首都圏でずっと生活してきましたので、都会のドライな人間関係のほうが心地よいですし、また、都会では自ら希望して一人暮らしをしている高齢者の人も多くいたりします。子供やお嫁さんと一緒だと気を使うからという理由だったりします。

一方田舎では、コロナの影響で薄まったとはいえ、もともとが濃密な人間関係です。職場では、誰がどこに住んでいて、家族関係はどうだ、親の勤め先はどこだなどどいうことが分かってしまっている中で生きていくしかありません。

田舎で通勤していたころは、本当にしんどかったです。

本題の、ACで愛情をかけてもらったことがない私が親のケアってできるものなのかな?ですが、はっきり言ってやりたくはありません。

人間は優しくされたときに、こちらも優しくできるものです。

子供時代に優しさをかけてもらえていたなら、当然優しくしたいと思っているはずなんです。

潜在意識はそうなっていますし、実感としてそうだなと思います。

母は私を恨むことで生きてきた人ですから、私がケアしたところで、ほんとうの意味で優しくされることもないと分かっているんです。

ここで私が決めたことは、周りになんと言われようが、自分をいちばんに大切にしようということです。

誰になんと思われてもいいと腹をくくってしまう。

いい子をやめる。

この先、ヘルパーさんに、あそこの娘さんってひどいよねと言われたとしてもしかたないって思うしかない。そう思っています。

やれることとやれないことがある。やれることだけすればいい。

うちの母の場合には、娘の幸せが絶対に許せないがゆえの過干渉です。

これまでには、会社に電話してきたり、不動産屋さんに私がいかにだめな人間かを示す謎の書類を送ってみたりと、行く先々で、私のためという御旗を振りかざして、私の人生を壊し続けてきました。

最終的にはいつも、言うことを聞かなければ死ぬしかないという脅し文句によって、私は言うなりになってきました。父が生きていた頃は、二人で一緒になってその脅し文句で私は支配されていました。

今冷静になってよく分かるのは、1ミリでも愛情があったらこんなことできるはずがない、ということだけを私にやり続けているということです。

つまり、母は私のことが大嫌いだという紛れもない事実があります。

だから、私も嫌いで当たり前です。

これを自分で認めることができるまでに、私は相当な歳月がかかりました。

プラス厄介なのが、子供のためという自分が絶対に悪くならないための仕組みと、親と一緒に住まないのは親不孝だという圧力です。

が、ここで分かっていることがあります。

スピリチュアルなことをさんざん学んできましたから笑。

罪悪感が、この事態を招いていることを。

そう、罪悪感なんです。

どうしても、幸せになっては悪いと思ってしまう。

私だけが、スピリチュアルに進化してはならないと思ってしまう。

湧き出してくる罪悪感が、今の現状をつくっているんですね。

そして、これも分かっているんです。

私が変われば、母も変わらざるを得ないことも。

母の私への(精神的に)暴力的な扱いでしか、母と接することができなかった関係から、違った関係へ変化せざるを得なくなるわけです。

なんとなくですが、母と私の関係性が変わるような感じがしています。

生まれてから数十年にわたる精神的暴力が、どのように変化するのか?

少し楽しみでもあり、信じられなくもあります。

今日は、こんな感じです。なにかの参考になれば幸いです★

恐すぎて笑★血管の中に誰かの怨念が・・・・

こんにちは、Hidekoです。

今日は、健康の要である血管の中に発見してしまったあるものについてのなんとも恐い?!笑話です。

要点を言うと、肉体もエネルギー体であり、血管もエネルギーであると捉えます。そしてその血管に病気の原因となる異物がたくさんあったのを見てしまったのです。

私自身の血管の中に、黒魔術のシンボルがたくさん流れてたんです・・・・

黒魔術のシンボル・・・

日本的に言うと、呪いのお札ってところですかねO_O;

呪いのお札というと、おどろおどろしいですが、誰かの念というとわかりやすいと思います。

その人物からの念が強すぎたために、ついに物質化してしまい、本人である私にも分かってしまったんですね。

ちなみにその人物とは、母親です。

良くないことですが、これも思考の現実化の一つです。

恐すぎですが、ここは笑いましょう。

こういう場合、血液数値の値が悪くなる・・・ということは、ここでは扱いません。エネルギーレベルでのアプローチのみです。

こんな捉え方も在るんだと、何かのご参考に★

私の父方は癌の家系(嫌な言い方ですが)で、特に胃や腸など消化器系が弱い家系でした。

私もだんだん父が最初に発症した年齢に近づいてきたため、これまでとは違う視点で自分自身を見るようになりました。

以前、高血圧が真実ではない人生を生きていたために脳血管障害になりかけたことを書きました。こちらより。

ことのときは収入に見合わないような家に住んでいるのに、それをやめようという発想がありませんでした。それを自覚できるようになったら、高血圧、めまいふらつきが治まったことがありました。

そして今度は、吐き気と胃酸過多、胃の痛みが続くようになったために、今回もなにか自分の魂の声に背いていることがあるかもしれないと思ったわけです。

続きを読む

自分の真実を生きていないと病気になるって気がついた

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日は私が実際に体験した、高血圧とめまい、ふらつきで倒れそうになったこと、そこからの回復についてです。

数年前のこと、家にいて、急にめまいとふらつきが起こりました。

とっさに、これって父親と同じだ、そう思いました。

父は、高血圧と動脈硬化のために早朝にふらつきで倒れ救急搬送されたことがあってそれが思い出されたんです。

幸い父は処置が早かったため、回復し後遺症もありませんでした。ただ、2週間ほどは入院となり、結構長かったことを覚えています。

それが私にも起こったと思ったんです。

続きを読む

ミカエル・一瞬で自分を取り戻す

目の前の出来事は神様からの贈り物。こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日はミカエルの言葉をお伝えします。

『漂う不快感、絶望感、焦燥といった本来自分のものではない感情に気がついてください

あなた本来の中心線に戻るやり方を、それも一秒で戻るやり方を見つけましょう。

人によっては、ハワイの常夏の空気を思い出すことだったり、愛猫に触れることだったり、森林の中で深呼吸することだったり、あなたのいちばん速い方法を見つけてください。

あなたの内側にそれはちゃんとあります。

そして、もう誰もあなたを傷つけることがないようにしましょう。

誰も加害者にはさせないでください。

それは霊的に高い波動の者が取るべき責任でもあります。ミカエル 』

サイキック能力が失われる時がある

今日は、サイキック能力が失われた時です。

みなさんにスピリチュアルな目覚めや覚醒がやってきます。

今日は、それを既に経験している人へのお話です。まだの方はスルーするか、読み物としてどうぞ。

はじめての覚醒体験の後には、サイキック能力が目覚めたり、オーラの色が見えるようになったり、動物や植物と意思疎通が出来るようになったりと、様々な能力が開発されます。

3次元のちっぽけな存在だと思っていた自分が、開かれてとても大きな存在になったような気がします。そしてそれは本当です。

この時期とは、生まれてはじめて自分自身の本当の素晴らしさに触れる時期です。

と同時に、私のようなタイプの人にとっては、勘違いしがちな時期でもあります笑。自分がとても優れているような気になるのです。

今日は、そんな人間味あふれる皆さまへ。

続きを読む

うつの服薬をやめた時に行った3つのこと

『うつ病を自分で治す』私が服薬をやめた時に行った3つのこと。

をお贈りします。

始めに、服薬が必要な時期はあります。こんな方法もあるというご紹介ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まず、どんな時にうつになるのか?

★真反対の出来事が起こった時、どちらを選んでも誰かを苦しめることになる時

例えば、自分の会社での成績を上げることは出来るが、お世話になった取引先をないがしろにしてしまう。

または、自分の気持と反することを親から言われ強要された場合

★自分が思い描いていた将来の自分になれない

例えば、いい大学に入って、一流企業に就職して、順調に出世して、家庭を持って・・・・、そうなれなかった自分を認めることができない。

★今までの価値観で生きられない

例えば、進学で都会に引っ越した時や、転勤や移動で、違った文化の職場に配属になった際に、これまでの自分を変えることができない場合。

などが挙げられます。

こんな場合に、まずはなるべく早く、うつの原因となる環境から遠ざかることですが、なかなか本人含めてうつだとはすぐに気が付かないという問題があります。

うつになるとこのような状態になります。

★本を読んでもまったく理解できない

★朝起きれない、なんとか起きても活動できないが、夕方になると頭がスッキリしてくる

★何かをしようという気力がない、そんな気にならない

★物事に集中できない

★生きているのが辛い、死にたいと思う

などの感情や状態が起こっていたら、うつの可能性が高いです。

私の場合には、3年間うつの服薬をしました。

職場の退職をきっかけに服薬をやめてみたところ、うまくいきました。

ちょうど服薬をやめられるタイミングだったのだと思います。

それでは、うつの薬をやめた時に行った3つのこと。

★朝早くおきて、太陽の光を1時間浴びる

・・・・北欧では日光が当たらない時期が長いのでうつが多いそうです。その反対の考えで、太陽の光を午前中に1時間当たりました。そうするとその日の夜から眠れるようになります。うつの時には眠れないことが多るく、それだけでも本当に辛いのですが、夜眠れるだけでもかなり楽になります。一週間続けるだけで、身体が元気になったのが分かると思います。

★ヨガ

・・・・やればやるほど身体から悪いもの(うつの原因となるもの)が出ていくような感覚でした。ポーズとともに呼吸を通すので、副交感神経が優位になりリラックスも出来るようになります。

★パワースポット、自然の中で過ごす

・・・・パワースポットをめぐる、海岸で潮風に当たる、森林浴(おすすめは木とハグすること)。

この3つです。この3つとも浄化の効果が高いと思います。

この方法を続けていたら、3ヶ月後には仕事への復帰を果たしました。正確には、仕事ができるレベルまで回復したということになります。

何かのご参考になれば幸いです★

目の前の出来事は神様からの贈り物

目の前の出来事は神様からの贈り物、ヒーラーのHidekoです。

今日はミカエルとともに、あなたのために世界は動いているという話です。

後半は、イシスとオシリスの無原罪懐胎物語をお伝えします。

目の前の出来事が、一見して良くないこと、辛いこと、時に悲惨だと思うような状況であっても、それはあなたの願望が作り出しているという事実を知ってください。

とミカエルは話しています。

こんな辛いことを、自分が願うはずはない!と思うかも知れませんが、それは実際に自分の潜在意識がつくり出しています。そういう性質のものなんです。

そしてその潜在意識には、過去世までも含まれています。そうなると、少しややこしくなります。

例えば、過去世で絞め殺されていた場合には(珍しくありません笑、みんな何度も殺されて、殺してもいますから^^;)、そのさいごの瞬間に、首を絞められて、未来の自分に向けて強いメッセージを発信していたりします。「生まれ変わっても二度と誰かを信用しないぞ!!」などと笑。

そして、記憶にもない過去世の影響を受けていたりします。

そんなもん知らんわ!

と言いたくなるところです。しかし、それも自分の潜在意識の一部なんですね。

そして、もう一つ大切なことは、目の前の出来事が、とっても悲惨に見えたとしても、本当に悲惨かはまだ分からないということです。

どういうことでしょう?

ここで私の例を紹介させてください。私は元介護士です。

はじめて介護士の仕事に就いて一年ほど経った時、新しい経営者がやってきて、今で言うパワハラ、モラハラ甚だしい扱いを受けました。中には解雇までに至ってしまった同僚もいた程でした。いつどうなるかという不安の中でみんな仕事をする日々。私は表面上は平気にしていましたが、内面では見捨てられ不安が顕在化してきて、実際には本当に怯えていました。その経営者が通るだけで震えていたと思います。

さて、こんな職場で怯えていた私でしたが、一方でこの時、はじめて仕事の面白さに気がついた時期でもありました。人って不思議です。

大まかに言うと、この人って何でこの薬をこんなにたくさん飲んでるんだろう?何でこの人って認知症になったんだろう?という一人ひとりへの興味を探求することが面白くて仕方ない時期だったんです。

そして、そういった探究心を持つきっかけが、あのパワハラ経営者でした。

福祉分野の素人だったその人が持っていた、従来の介護業界への不信感には、私も共感できる部分があったんですね。だから解雇して良いわけではないのですが、長く同じ世界にいる時には、視野が狭くなっている可能性がいつもあるという強烈な教訓になっています。

私には当時、見捨てられ不安に震えながら、これまでにない新しい視点で人を理解するという2つのことが同時に起こっていたわけです。

つまりこの場合、見捨てられるかも知れないという潜在意識の不安の通りに、自分で現実をつくっていたことになります。それは辛いものでしたが、もし視点を変えることができれば、まったく違う素晴らしい体験をしていることに気がつくのです。

また退職に至った同僚も、スピリチュアルな法則・宇宙の法則では、彼女の中でそうする必要があったということになります。自覚がなくても、腹の中では望んでいたということですね。

例えば、酷い振られ方をして、かつての恋人を見返そうと、仕事も趣味も頑張って成果を出せるようになった。気がついたら、元カレより数倍素敵な彼氏ができていた。

・・・・こんな場合にも、かつての酷い彼氏のおかげで今の自分があるとも言えるわけです。

一見して最悪なことでも、本当に最悪なのかは分からないということです。

そして、現実はあなたの思い通りになっている。そして必ずそれは神様からの贈り物です。

神様が、あなたに悪い贈り物をすると思いますか?

神様なら、最高のプレゼントをくれるはずです。

目の前の贈り物がどんなに大変で苦しいものに見えても、それには本当の意味があって、発見されるのを待っているんです♬

今日もここまでは、ミカエルとともにお贈りしました。

さて、後半は、木曜エジプトに行きたい!です。

前回に続いて、今日はイシスとオシリスの本当の物語を。

『古代エジプト神話と、無原罪懐胎』です。

何だかすごい話な気がしますね。

では、物語のはじまりはじまり〜

オシリスとセトは兄弟、イシスとネフティスは姉妹でした。

オシリスはイシスと結ばれセトとネフティスが結ばれました。

ある時セトはオシリスを殺害し、その遺骸を木棺に入れてナイル川(実際はアトランティスにあった川)に流してしまいます。

イシスとネフティスはオシリスの亡骸を求めて世界中を探しました。

二人はようやくオシリスの遺体を見つけ、持ち帰ります。 ところが、それを見つけたセトはオシリスの体を14の部分に切り刻み、二度と戻らないようにするために世界中にばらまいてしまったのです。

イシスとネフティスは今度はオシリスの断片を探して歩きそのうち13の断片を発見できました。 

残る14番目の断片はオシリスの男根でした。

ピラミッドの壁に描かれた物語によれば、男根以外の13の断片は元通りに復元されたとのことです。そしてトートが魔法を使うと男根が生きて現れ、その創造のエネルギーがオシリスの全身を駆け巡りました。またイシスが鷹に姿を変えて空を飛んだ後、再び地上へ舞い戻り夫のペニスを自分の翼で覆うことで受胎し飛び去ったと伝えられています。

そしてイシスは鷹の頭を持つ子供ホルスをみごもりました。これは実際にホルスの頭が鷹だったわけではなくホルスを表すヒエログリフが鷹の形をしていたからです。

ホルスは父オシリスを殺したセトに復讐をしました。・・・・という物語です。

トートはここに表現されているのは無原罪懐胎いわゆる処女降臨だと言います。

ただし別に処女である必要はないためトートは無原罪懐胎と呼んでいます。トートはホルスの誕生が次元を超越したものだったと説明しています。

イシスは、オシリスのもとへ時空を超えて飛翔しておりそこに物理的な交合はなかったのです。(フラワーオブライフより抜粋)

これが正確なイシスとオシリスの物語です。その内容とは、無原罪懐胎についての物語だったんですね。

来週に続く・・・・・・

母子関係の解消には、霊性の進化が必要です。★

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日は、母と子の課題の解消には、スピリチュアルティ=霊性の進化、変容が必要という話です。

これは、私の実体験でもありますが、なにせ親子関係、母親と子供の間柄とは、固まったまま動いていない部分があるということがあります。

子供時代に培われてしまい、そこから変わっていないあなたと母親の関係です。

そして往々にして、それが、あなたが今ひとつ羽ばたくことができない原因だったり、生き辛さの原因となっています。

例えばこんなことはありませんか?

  • 実家に帰ってもどうせ喧嘩になるから、用事だけをさっさと済ませて帰ってきてしまう。
  • 母親の心無い言葉に、未だに傷ついてしまう。
  • もうずっと母親、家族と疎遠になっている。
  • そう言えば、母親は自分を嫌いだったのでは?と思っている。
  • 自分を愛するという意味がわからない。
  • 愛とは何かがわからない。
  • 何をやっても満足できない。
  • いくら頑張っても自分には価値がないと思ってしまう。
  • 母親と話していると、まるで5歳児と大人が話しているかのように、母親の思うつぼ。
  • 母親と話すだけで、疲労困憊してしまう。

こんなことが思い当たる方は、母親との関係を見直すことで、人生が大きく変わることができます。

それは、とても勇気がいることです。

向き合えない気持ち本当によく分かります。

しかし、今あなたがいくつであっても、またあなたのお母様が他界されていたとしても、関係を見つめない限りは5歳と大人の関係のままなんです。

なぜ向き合うのが難しいかと言えば、母親との関係が5歳と大人の関係のままで、自分で対抗できるとは思えないからですよね。どうせ、無理だと思ってしまっているんです。

では、母親との関係を見つめることで人生がどのように変わるのでしょうか?

  • 躊躇なく好きなことが出来るようになった。
  • 生まれてはじめて人生って楽しんでも良いのだと思えた。
  • 生きづらさが解消され、人生が楽になった。
  • グラウンディングが出来るようになった。
  • これまでの失敗が、本当は失敗ではないことに気がつけた。
  • 母親にありがとうを言えた。
  • 人生を信頼、自分を信頼できるようになった。
  • 人間関係が楽になった。
  • 生まれる時の母親との約束があったことを知り、人生の意味が分かった。
  • 過去世からの縁を感じることができた。

このように、これまでの人生では信じられないような母親との関係が生まれます。そして人生そのものが変化変容を遂げることができます。

そのためには、スピリチュアリティ=霊性での進化、つまり次元上昇が必要であり、それによってこれまでの人生の枠から出ることが可能になります。

はじめて母親の枠内から出るということです。

あなたがどんなに社会的に成功していたとしても、そうでなくとも、人生で何かうまくいかない領域があり、どうしても克服できないという場合には、あなたと母親との関係を見直す時期なのかもしれません。

そのために、エネルギー的な変容=霊性の進化が必要です。

はじめて心から母親にありがとうを言えるようになったら、どんな気持ちになるんでしょうか。

きっと後で振り返っても良かったと思えるはずです。

ここの、人生の要の部分が解消されれば、その後は、何をやってもスムーズに行きます。

そして、あなたの人生の大切なものが、ここから発見されます。それはこの人生での使命や目的、ギフトといったものです。

まだ、それは発見されていません。

また、この先に、何かの課題に出会ったとしても、人生への信頼がこれまでとはまったく違いますから、ぐらつくことはありません。たとえぐらついたとしても、今までのように諦めることもありません。すぐに軌道修正し、自分の人生を歩きだします。課題に向き合うことが楽しくさえなっていきます。

今日は、人生の基盤である母子関係は、霊性が進化するためには必須の課題である、についてお届けしました。

なにかのご参考にされてくださいね。

パリ・マドレーヌ寺院

機能不全家族に生まれた

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日は、機能不全家族についてをお伝えします。

ここを見つめるのは辛いところですが、ぜひお付き合いください。

まず、機能不全家族とは、両親が、親の役割を放棄しているために、もしくは子供を育てるという概念がないために、子供が子供らしい健全な成長ができない家族のことです。

意外と気がついていない人もいて、私も、人から言われてはじめて気が付きました。

親のネグレクト、身体的精神的虐待、過干渉があり、それらが組み合わさっていたりします。

そして、健全な成長ができていない子供であるにも関わらす、親の精神的な、あるいは身体的、経済的な面倒を見ていたりします。

一例ですが、親のストレス解消のためにまるでサンドバックになっていたりと、精神的に親の面倒を見ている場合もあります。

親が自分たちの生涯に渡る責任を取るように刷り込んで、まだ幼い子供一人が家族全員の過大すぎる責任を抱えていることもあります。そんな子供は、骨格の成長が充分にできないこともあります。

これらは、外からは分からないことも多く、子供は、周りから幸せだと思われていたりします。そのことが子供をさらに追い詰めてしまいます。誰にも分かってもらえないことが、大人になってからも誰にも自分のことを話せないままでいたりします。

さて、こんなときエネルギー的に見ると、どうなっているのでしょう。

エネルギー的に理解することとは、まず、大人になった今でも、エネルギー的には子供時代と変わっていないということがあります。

そのために、あなたがいつも好ましくない現実をつくってしまうのです。

機能不全家族というエネルギーを今も持っているということなんです。

こういった機能不全家族をエネルギー的に見ると、あなたは一人で存在しているのではなく、つねにあなたを頼っている、もしくは縛っている、もしくはネグレクトしている(そうやって縛っている)親、母親や、家族が、エネルギーとしてくっついている状態になっています。

通常は、人は自分自身だけのエネルギー領域、オーラやエネルギー体をもっています。

しかし、機能不全家族に育った人のエネルギー体は、そこに依存する親たちの居場所が存在しているという状態です。

それが、あなたが不快な現実をつくってしまう原因です。

残念なことに、一緒に暮らしていなくても、親が亡くなっていても、エネルギー体が同じであれば、不快な現実が起こります。

つまり、親や家族と同じような人、状況を、引き寄せてしまうのです。

さて、これが理解できたなら、ここから、本題である親との関係性を見つめるという作業に入っていきます。

端的に言うと、まだ親を許せないと思っていて、その自分自身も許そうとしていないのが今の状態です。子供時代を握りしめているんですね。

ただ、悪いわけではないので、今の状態を客観的に捉えるということをやってみましょう。

それは、できれば、この状態を今は自分がやりたくてやっている(部分もある)のだと、この現実を作り出している自分を受け入れてみましょう。

『分かっちゃいるけれど、それをやめようとはしていないんだ〜』という自分。

そこから逃げようとせず、向き合ってみましょう。

どんな必要性があって、あなたは、そんな辛い現実を引き寄せてしまうことを大人になった今も続けているのでしょうか。

そこには理由があるはずなんです。

あなたが握りしめているのは何なのでしょうか?

簡単にはいかないかも知れませんが、そこにはあなたの生まれた意味や大切な宝物がある場所です。ぜひ、向き合ってみてくださいね。

そして、もう一つ。あなたが両親を許していないということは、未だに両親に囚われており、あなたの大切なエネルギーを両親に(亡くなっていたとしても)送り続けてしまっていて、自分のことはお構いなしになっているということです。

みなさんの何か参考になれば幸いです。

スピリチュアルリーディングはこちら。