アーカイブ

キリスト、マグダラのマリア、その子供サラ

こんにちは、Hideko Quan Yinです。 

キリストとマグダラのマリアにはサラという子供がいました。

彼女はのちのテンプル騎士団となった団体で活動していました。テンプル騎士団は、フランスではとても有名な団体でした。教科書には出てきませんが、今も人々の間ではテンプル騎士団のことは語り継がれているほど、親しみがあるようです。

さて、サラの言葉が降りてくることがります。私もサラとは親しい感情をいだいています。魂レベルでの近さです。

彼女はもちろん、アセンデッドマスターの一人です。では、サラの言葉をどうぞ。

宇宙と共鳴する。地球自身とつながる。その間にいるのが私。

 
 

『今日の日をどのように迎えているでしょうか?

とりたてて普通の日のように思っているようですが、今日は特別な宇宙レベルの日なのです。それは、私が生まれた日が、今日5月10日なのです。

私が生まれた日がどうして特別だといえるのでしょうか。しかも、宇宙レベルでの特別さとは?なんでしょう。

誤解を恐れずに話すなら、私は特別の使命を持った人間として生まれました。

それは、父と母の遺伝子を残すことにありました。現在でも私の子孫はこの地上に生きていますが、そのことが重要なわけではありません。

父と母のDNAを次の世界へもたらすことが必要だったのです。

ご存知のように、父はイエス・キリストと言われる人になります。しかし、父は全く普通の人間でした。本当にあなたと同じ人間だったのです。偉大なことを達成した人はとかく全てにおいて素晴らしいのだろうと思われているようですが、私の知る限り父も母も、普通の人間に過ぎなかったと言えると思います。

母がいつも心配性だったこと、父が時にうつのようになっていたことから見ても、私と同じ、あなたと変わりない存在だったというのが真実です。私においてもそれは同じく、私が地上で成し遂げたこととは別に、私自身を振り返ると全く喜怒哀楽の時に激しかった人でした。今のあなたと同じように。それにもまして酷かったかもしれませんね(笑)。

それにもかかわらず、今日の私の生誕の日とは、宇宙にとって特別な日にほかなりません。私の成し遂げたことがあって、今みなさんは生きているからです。これは自慢でも何でもないこと、正確に話していますから。正確さが必要になります。あなたの人生を見たときにもそうです。

今あなたの人生の棚卸しを始める時です。棚卸しとは、あなたの人生に何があったのかを、正確な目で見てほしいのです。あなたがそれを見たのは、遠い昔、子供時代でしょう。子供時代に決めたことが今でもそのままなのはやはり正確さにかけることでしょう。

あなたの最大の出来事を紐解いていって、今現在のあなたの目でそれを見てみましょう。

観察するようにしましょう。

あなたの答えはそこに全てあります。私がそうだったように。そして、みなこの過程を通って進化していくことを知っておいてほしいと思います。今日はあなたとともにあります。

サラ』

2018/05/10にup

サラの言葉はこちらより

こちらもどうぞ★介護のちょっといい話『最後のありがとう』

サラの言葉・美しさと愛の表現としての仕事

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。今日月曜日は、サラの言葉を。

サラとは、キリストとマグダラのマリアの子供です。

『 美しき者の意味を知っていますか。美しきものとは、見た目や肩書、お金のあるなし、給料明細に表れるのではありません。

心を込めた仕事をしていますか?ということなんです。

あなた達の星では愛情の表現としての一形態が仕事というものになっています。

必ずどの次元でもそうなるわけではありませんが、仕事をするということは、美しさ、つまり心を込めたエネルギーで存在するということです。

ある銀河では、それを仕事で表現していませんが、ここでは心を込めたエネルギーで仕事をすることが最高難度であると言えるでしょう。

心を込めるを言い換えると、大切なものを触っている時の感覚でしょうか。

ひと動作に心を込めること。それは美しさの本質です。

そんな気持ちで存在してください。

その状態で在ってください。

あなたが、その状態で存在するなら、愛情表現としての仕事、という側面は豊かさであふれるでしょう。

つまり、お金を追いかけなくとも、豊かさは自在になるということ。

しかしこれには、完全にお金への偏った考えを払拭している必要があります。

貧しさの中にあっては、自在にはなりませんから。

あなたがなりたいものにあなたはなります。

あなたがなりたいものの中に、「心を込めた美しさで存在しつづける」を置いてください。

低次の欲求を超えてくざさい。それには、人によっては低次の欲求をいったん満たさなければならないかも知れません。それは必要なプロセスです。

サラ 』

サラの言葉⑦・・・

今日はサラの言葉の最終回、創世記の七日目となります。サラとは、キリストとマグダラのマリアの子供のことです。

では『創世記』岩波文庫より、創造の七日目。

こうして天と地と、その万象が出来上がった。

神はその創作の業(わざ)を七日目に完了し、七日目にすべての創作の業を休まれた。

神は第七日の日を祝し、それを聖しとされた。何故なら、その日は神は創造のすべての業を終わって休まれたからである。

以上が天と地が創造されたときの、天地の成立の由来である。

・・・・英語版・・・・

The heavens and the earth wrer finished, and all their vast arry.

On the seventh day God finished his work which he had made; and he rester on the seventh day from all his work which he had made.

God blessed the seventh day, and made it holy, because he rested in it from all his work which he had created and made.

では、サラのメッセージをどうぞ。

『 本当に悲しいことに、聖書をスピリチュアルなものと考えている人がいないことです。それは、キリスト教を教えを守っている人を一種の偏見で捉えているからです。何か無宗教なのが自分らしいと思うのですね。しかし、人間には何かの信じられる教えが必要なものです。そしてそれは、神に近いほどあなたのためになります。その意味で聖書とは最も神に近い書物ですよ。あれほど神がと書いてありますからね笑。

そうは言っても、現代人が聖書を心から読むことが難しいことは分かります。時が経てば核心は変わらずとも在り方は変化するほうが受け入れられるものです。日本での仏教は既に葬式だけのものになったのも変化しなかったからです。

しかし宗教のある、もしくは信じる何かを持っている人生は、やはり人生の幅ができるようなもの。その時に神を近くに感じるのとそうでないのとでは、同じ出来事でも体験の質が変わってしまいます。

あなたが今ここで感動できなければ、何が起こっても感動はできません。

あなたの人生がもっと潤うように、神と近づくためのツールと繋がりましょう。既存の宗教でもそれ以外でも構いません。それは、あなたの日々の体験を色鮮やかにしてくれ、そして生きることを肯定してくれます。最良のツールを手に入れてください。

今日で創世記への私のメッセージは終わります。

ありがとうございました。サラ 』

サラの言葉⑥

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日もサラの言葉と創世記の六日目。

では早速岩波文庫の『創世記』より、

そこで神が、「地は各種のいきもの、各種の家畜と這うものと他の獣を生ぜよ」と言われると、そのようになった。

神は各種の地の獣と、各種の家畜と、すべての種類の地に這うものとを造られた。神なそれを見てよしとされた。

そこで神が言われた、「われわれは人をわれわれの像(かたち)の通り、われわれに似るように造ろう。彼らに海の魚と、天(そら)の鳥と、家畜と、すべての地の獣と、すべての地の上に這うものとを支配させよう」と。

そこで神は人を御自身の像の通りに創造された。神の像のとおりに彼を創造し、男と女に彼らを創造された。

そこで神は彼らを祝福し、神は彼らに言われた、「ふえかつ増して地に満ちよ。また地を従えよ。海の魚と、天の鳥と、地に動くすべての生きものを支配せよ」。

それからさらに神が言われた、「見よ、私は君たちに全地の面にある種を生ずるすべての草と、種を生ずるきのみを実らすすべての樹を与える。それを君たちの食糧とするがよい。

またすべての地の獣、すべての天の鳥、すべての地の上に這うものなど、およそ生命あるものには、食糧としてすべての青草を与える」と。そこでそのようになった。

神がその造られたすべてのものをご覧になると、見よ、非常によかった。こうして夕あり、また朝があった。以上が第六日目である。

・・・・英語版・・・・

God said “Let the earth produce living creatures after their kind, livestock, creeping things, and animals of the earth after their kind”; and it was so.

God made the animals of the earth after their kind, and eht livestock after their kind, and everything that creeps on the ground after its kind. God saw that it was good.

God said ” Let us make man in our image, after our likeness: and let them have dominion over the fish of the sea, and over the birds of the sky, and over creeping thing that creeps on the earth.”

God created man in his own image. In God’s image hie created him; male and fimale he created them.

God blessed them. God said to them, “Be fuitful, miltiply,full the earth, and subdue it. Have dominion over the fish of the sea, over the birds of the sky, and over every tree, which bears fruit yielding seed. It will be your food.

To every aminal of the earth, and to every bird of the sky, and to everythig that creeps on the earth, in which there is life, I have given every green herb for food”; and it was so.

God saw everything that he had made, and, behold, it was very good. There was evening and ther was morning, a sixth day.

ではサラのメッセージをどうぞ。

『 こちらは有名は、神は神に似せて人を造られた、のくだりです。

ここでは、それ以上にみなさんに伝えたいことはありません。

あなたは神に似せて造られたのであり、もちろん神の一部であり、さらには神はあなたのために一生懸命になっておられます、という事実です。

あなたが神の一部であれば、価値がないなどということはある筈もなくまた、そこかしこに偏在している神の息遣いを感じる力を持っているということです。

私からの今日のメッセージは、直接神と繋がりなさい。

神は分かりやすく何かを伝えてくださるでしょう。 サラ 』

あなたのために神は話す・・・・サラの言葉⑤

サラのメッセージとともに創世記(旧約聖書)の始まりを解説する五日目になります。

サラとはキリストとマグダラのマリアの子供です。

では、岩波文庫『創世記』より、

そこで神は、「水には生きものが群生し、鳥には地の上に、天の大空の面(おもて)を飛べよ」と言われると、そのようになった。

神は大きな海の怪物と水の中に群生するすべての種類の泳ぎまわる生きもの、さらに翼あるすべての種類の鳥を創造された。神はそれを見てよしとされた。

そこで神は彼らを祝福して言われた、「ふえかつ増して海の水に満ちよ。また鳥は地に増やせよ」と。

こうして夕あり、また朝があった。以上が第五日目である。

・・・・英語版・・・・

God said, “Let the waters swarm with swarms of living creatures, and let berds fly above the earth in the open expanse of sky.”

God created the large sea creatures, and every living creature that moves, with which the waters swarmde, after their kind, and every winged bird after its kind. God saw that it was good.

God glessed them, saying,”Be fruiful, and multiply, and fill the watars in the seas, and let birds multiply on the earth,”

There was evening and there was morning, a fifth day.

では、サラの言葉です。

『 自分自身の中の自信になる言葉として捉えましょう。

あなたの中には、たくさんの可能性という海の藻があります。生きものもいます。それらは単純に今日使うお皿を選ぶという才能から、あなたの使命となることにまで拡大していきます。海の中のあなたの可能性と大地で生み出される飛ぶという可能性。それは大地で生み出される必要がありますし、また海の中の可能性の両方が必要です。赤ちゃんを授かるのに、用水の中のまるで海の水が必要なように、同時に可能性を羽ばたかせる翼を持った存在が必要なのです。それをどう捉えるかはあなたの自由ですが、まずはあなた自身の可能性の話であると捉えてください。あなたが可能性に満たされなければ、あなたが癒やす人達の可能性も満たされません。潤沢な海の恵みと大地の恵みを、まずはあなたがしっかりと体内に取り入れてください。今日は海の中にいる(羊水の中にいる)あなたを思い、海の恵みを取り入れると思いながら眠ってください。イメージすると実際にそのようになります。そして充分に取り入れた後には、しっかりと大地に立って、可能性に満ちたあなたが飛びたつのだと信頼してください。そうなります。

サラ 』

一日という概念・・・サラの言葉④

こんにちは、一週間で創世記をサラとともにお伝えしています。

サラとはキリストとマグダラのマリアの子供であり、人類をアセンションへと導いてくれる高次存在です。

では、今日は四日目、岩波文庫『創世記』より

『そこで神が、「天の大空には明かりが出来て、昼と夜の間を分けよ。それらの明かりはしるしとして、季節のため、日のため、年のために役立つであろう。

またそれらは地を照らすために、天の大空にある明かりとなるだろう」と言われると、そのようになった。

神は2つの大きな明かりを造り、より大きい方の明かりに昼を司らせ、小さい方の明かりに夜を司らせ、また星を造られた。

神はそれらのものを地を照らすために天の大空におかれた、

昼と夜とを支配するため、光と暗黒(やみ)とをわかつために。神はそれを見てよしとされた。

こうして夕あり、また朝があった。以上が第四日である。

・・・・・英語版・・・・・

God said, “Let there be lights in the expanse of sky to divide the day from the night; and let them be for signs, and seasons, and for days and years;

and let them be for lights in the expanse of sky to give light on the earth”; and it was so.

God made the two great lights: the greater light to rule the day, and eht lesser light to rele the night. He also made the stars.

God set them in the expanse of sky to give light to the earth,

and to rule over the day and over the night, and to divide the light from the darkness, God saw that it was good.

There was evening and there was morning, a fortth day.

では、サラのメッセージをどうぞ。

『 今日の日を大切にというお話を今日はいたしましょう。

本日はたまたま満月の美しい日となりました。

暦が出来上がっているのが、本日四日目の創世記ですね。太陽と月とそして星々のホロスコープがあれば、地球上の多くの暦は網羅してしまいます。

因みに、カレンダーごとにいろいろな解釈がありますし、例えばホロスコープによる惑星のエネルギーの影響は確かにあると思います。私も。

しかし、それに全てがあるわけではありません。あなたの人生を好転させるために使うことが大切です。何か悪いことが起こるんじゃないか・・・というような使い方をしないでください。

はっきり言って、惑星の影響を受けると言えば受けるのであり、受けないと言えば受けないのです。どちらでもあなたの好きに決めることが出来ます。なぜなら、すべてはあなたの潜在意識が決定しているからです。

つまり占いに従うと決めたのはあなたであり、占いそのものが正しいのではありません。月の影響を私たちは受けてはいますが、だからといって満月でも新月でもない日がだめなわけではないのです。

実は太陽と月、そして太陽系の星たちの運行はある一定の規則で成り立っています。そしてあなたの人生にある影響を与えています。それは事実としてそうなのです。

たとえばこれを、あなたの人生での学びは既に決めてきている。と言い換えることが出来ます。『25歳頃に人への優しさが必要だと学ぶ』という計画があるとします。それはあなたが決めて地球にやってきたことです。

そういった大枠では決まっていますが、あなたはは誰とどのように人への優しさを学ぶかを決めることができます。そういった自由も同時にあなたはは持っているのです。

ですので、案外人生は自由なことも多いと言えます。

25歳での学びの内容に関しては決まっており、それを決定づけるために天体の運行が利用されているわけです。25歳で学ぶと予定していたが、色々あってできなかった、とならないために、天体の配置というサポートを受けるようにしてあるのです。

それらがみなさんが占いと言っているものの本来の役割です。つまりは、どこで誰とどのような学びになるかはほぼあなたが自由にきめているので、どんなに占いに頼ろうとしても、実際の行動に関しては自分で決定するほかないのです。

おわかりいただけたでしょうか。

では、太陽と月と星々、そした地球の運行は決まっており、どれとして同じ日はやってきません。一年前の同じ日と今日が全く異なるように。

そうは思えないかも知れませんが、あなたの一日のために世界は動いていくれています。あなたのこの一瞬のために私たち高次元では信じられないほどサポートをしているのです。どうぞ、あなたの一日一瞬が最大限の愛を受けられますようにと。私たちは真剣そのものであなたをサポートしています。

そして私たちも今日のような満月を利用してあなたに語りかけもするのです。あなたの今日一日は平凡では全く無い奇跡であることをお伝えしておきます。いったいどれだけの存在があなたの一日をサポートしてると思いますか。あなたの食べたものを造ってくれた生産者さんや加工している人たち、あなたの車のガソリンはあなたの知る由もない中東の国から運ばれてきたものであり、またはあなたの着ている服はいったい誰がつくってくれたものでしょう。あなたがふといつもと違う道を通りたくなった時、私たちがあなたに何かを伝えているのです。一生懸命に。

あなたがどのように思っても、あなたはたったひとりで生きているはずがありません。そんなことはこの星で生まれた人すべてが不可能になってしまっています。

あなたの奇跡的な一日をどうぞ選択してください。一瞬の奇跡に気がついてください。

今日の日が奇跡的かどうかは、あなたが奇跡に気がつくかどうかだけなのです。

サラ 』

原罪の仏教的解釈・・・サラの言葉③

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

サラからのガイダンスで創世記を読み解く、今日はその③日目です。

サラとはキリストとマグダラのマリアの子供です。

創世記『岩波文庫』より・・・・

そこで神が、「天の下の大水は一つの所に集まり、乾いた所が現れよ」と言われると、そのようになった。

神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた。神はそれを見てよしとされた。

そこで神が、「地は青草と種を生ずる草と、その中に種があって果を実らず果樹を地上に生ぜよ」と言われると、そのようになった。

地は青草と各種の種を生ずる草と、その中に種を持つ各種の果を実らす樹とを生じた。神をはそれを見てよしとされた。

こうして夕あり、また朝があった。以上が第三日目である。

・・・・英語版では・・・・

 God said “Let the waters under the sky be gathered together to one place, and let the dry land appear; and it was so.

God called the dry land “earth,” and the gathering together of the waters he called “seas.” God saw it was good.

Gode said, “Let the earth yield grass, herbs yielding seed, and fruit trees bearing fruit after their kind, withe its seed in it, on the earth;” and it was so.

the earth yielded grass, herbs yielding seed ater their kind, and trees bearing fruit, with its seed in it, after their kind; and God saw it was good.

There was evening and there was morning, a therd day.

では、サラのメッセージです。

『 ありがとう。

昨日からの続きですが、創世記には胎内にいた子供が誕生するという副次的なメッセージがあります。実は、聖書を通読するとそのことを感じられるようにできています。それは、今現在の聖書でも可能です。

母は自分の子に愛情を与えてくれる存在です。それはどんな母親でも変わりありません。ただ、愛情の方法は千差万別、人によっては愛情だとは受け取れないこともあるでしょう。そのために聖書がありました。聖書は、誰もが母の愛を受け取れるように設計されています。聖書を通してのメッセージです。

この三日目では、果実を実らせてくださいます。神は私たちに。しかしそれは、この地球上の全ての存在のためでした。人類がそれを人間のためだと思った時にいわゆる原罪という考えが起こりました。これは、原罪という考えが早いか、果実が人類のためだと思ったのが早いかという、どちらとも取れる話です。しかし、原罪とは人類そのもののテーマの一つです。太陽系を通しての。

また、それは、二元性/両極性を有するヒューマノイドの持たざるを得ない課題でした。ですので、原罪は神が造られたという一面があるとともに私たち人間の未だ解消されていない人類レベルのカルマなのです。それから逃れられる人はこの地球上にはいないのです。

原罪とは言い方を変えると(仏教的な解釈をすると)、自分の中の暗黒(やみ)を悪いものと捉えるということです。

これは、ある意味間違っていて、ある意味であっています。この世界はもはやすべてが悪いことなどなくなってしまって久しいのです。

自分の中の暗闇はある時には自分自身を傷つけ、奈落の底に落とします。しかし、谷底にある宝物を発見した時、暗黒は光そのものに変わります。それが原罪の正体です。悪いものは光だったのです。それが神が気がついてほしいと思っていることそのものです。

いいですか、進化の階段を上がるには、自分の暗黒を見る必要があります。霊的な進化とはそういうことです。楽しいことだけを追求していても実は霊的な進化は生まれません。これは、てこの原理と同じで、上がるためにはいったん下がらないとならないのです。

では、今日の創世記の三日目に戻りましょう。地と水の概念が登場します。それは、量子力学的に最小の物質の単位の中に含まれるものです。東洋思想の5行にも通じる、地、水、火、木、金、風(気)の概念は物質の最小の単位の中に含まれており、またそれぞれが神聖幾何学を形造っています。最小の単位の中には、実は全てが既に内包されているのです。その中の地と水が三日目にして登場していますが、それは当然といえば当然で、それがなければこの世界は成り立たないという、これも物質が先か神の創造が先かの議論になりますね笑。

サラ 』

サラの言葉②

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

昨日から旧約聖書の創世記をサラとともにお伝えしています、今日は創世記の二日目です。

サラとはマグダラのマリアとキリストの子供であり、地球上でアセンションを遂げた高次元の存在です。

では、岩波文庫『創世記』より

そこで神が、「大水の間に一つの大空が出来て、大水と大水の間を分けよ」と言われると、そのようになった。神は大空を造り、大空の下の大水と大空の上の大水とを分けられた。

神は大空を天と呼ばれた。神はそれを見てよしとされた。こうした夕あり、また朝があった。以上が第二日目である。

・・・・英語版・・・・

God said, “Let there be an expanse in the middle of the waters, and let it divide the waters from the waters.

God made the expanse, and divided the waters which were ander the expanse from the waters which were above the expanse; and it was so.

God called the expanse ” Sky.” There was evening and there was morning, a second day.

では、サラからのガイダンスです。

『 勇気を持ってあなた自身を歩き出してください。

既成の概念やこれまでの決まりごとなどは無視しましょう。

あなたの人生はあなたにしか完全には理解できません。人の数だけ人生があっていいんです。それを理解してください。そうは見えなくてもみなさんの人生には等しく意味があり等しく尊いのです。

大空がかつては大水を分ったものであるとは、大水を切り開くのはあなた自身であるということ。大水とは母親の羊水を表し、母の羊水からもう一度生まれると言うこと。再誕生するのです。

そこに浮かび上がる景色ははまさしくあなたの羽ばたく大空・天空に違いありません。

サラ  』

光あれ・・・ サラの言葉①

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日から7日間に渡って、サラからのガイダンスにより、創世記(旧約聖書)の創造の7日間とサラからのメッセージをお伝えします。

テキストは、岩波文庫『創世記』です。

創世記の最初、それはこの世界の創造されたときについてを物語っています。

テキストには、

創造

第一章 始めに神が天地を創造された。地は混沌としていた。暗黒(やみ)が原始の海の表面にあり、神の霊風が大水の表面に吹きまくっていたが、神が「光あれよ」と言われると、光が出来た。神は光を見てよしとされた。神は光と暗黒との混合を分け、神は光を昼と呼び、暗黒を夜と呼ばれた。こうして夕があり、また朝があった。以上が最初の一日である。

・・・・英語版では・・・・

In the beginning God created the heavens and the earth.

Now the earth was formless and empty. Darkness was on the surface of the deep. God’s Spirit was hovering over the surface of the waters.

God’s said “Let there be light,” and there was light.

God saw the light, and saw that it was good. God divided the light from the darkness.

God called the light “day,” and the darkness he called “night.” There was evening and there was morning, one day.

では、この創造の第一日目についてサラの解説です。

みなさんは普段、この聖書のいちばん最初にでてくる創造を意識することはないでしょう。それは、どこかの天上にでもあるように思っています。神話か何かの中のことと。

しかしながら、生きるということは、すなわち創造の第一日目から七日目までを繰り返していることなのです。

創造の一日目で私たちはこの世界が光と暗黒に創り上げられるのを見ました。それはすなわち私たちの二面性を両極性を物語っています。そして、それを神はよし(good)とされているのです。

つまりここから読み解くと、暗黒さえも良いことの一部であるという理解ができます。光があるためには暗黒が必要です。それは、3次元でももっと高次の世界でも同じなのです。光だけを追い求めるのははっきり申し上げて間違っています。あなたに必要なことはあなたの暗黒を光で照らすことです

もう一度申し上げますが、光だけを求めるのはあなたがた人間にとっては自然ではありません。

光と同じくらい暗黒があなた達には存在しています。内面に同等にあるのです。

アセンションへ向かうためには、言葉を変えると地球のアセンションに貢献するには、プラスティック製品についてどうこうするのではなく(それもやってもいいですが、それよりも)、あなたの内面の暗黒さに光を当ててあげること。今の時代それは否応でも浮かび上がってきます。そこから目を背けることなく、神はあなたの光も暗黒も同じように愛おしく思ってらっしゃいます。それが神との共同創造であり、今の地球にあなたが出来る最大限の貢献です。

サラ