アーカイブ

キリスト、マグダラのマリア、その子供サラ

こんにちは、Hideko Quan Yinです。 

キリストとマグダラのマリアにはサラという子供がいました。

彼女はのちのテンプル騎士団となった団体で活動していました。テンプル騎士団は、フランスではとても有名な団体でした。教科書には出てきませんが、今も人々の間ではテンプル騎士団のことは語り継がれているほど、親しみがあるようです。

さて、サラの言葉が降りてくることがります。私もサラとは親しい感情をいだいています。魂レベルでの近さです。

彼女はもちろん、アセンデッドマスターの一人です。では、サラの言葉をどうぞ。

宇宙と共鳴する。地球自身とつながる。その間にいるのが私。

 
 

『今日の日をどのように迎えているでしょうか?

とりたてて普通の日のように思っているようですが、今日は特別な宇宙レベルの日なのです。それは、私が生まれた日が、今日5月10日なのです。

私が生まれた日がどうして特別だといえるのでしょうか。しかも、宇宙レベルでの特別さとは?なんでしょう。

誤解を恐れずに話すなら、私は特別の使命を持った人間として生まれました。

それは、父と母の遺伝子を残すことにありました。現在でも私の子孫はこの地上に生きていますが、そのことが重要なわけではありません。

父と母のDNAを次の世界へもたらすことが必要だったのです。

ご存知のように、父はイエス・キリストと言われる人になります。しかし、父は全く普通の人間でした。本当にあなたと同じ人間だったのです。偉大なことを達成した人はとかく全てにおいて素晴らしいのだろうと思われているようですが、私の知る限り父も母も、普通の人間に過ぎなかったと言えると思います。

母がいつも心配性だったこと、父が時にうつのようになっていたことから見ても、私と同じ、あなたと変わりない存在だったというのが真実です。私においてもそれは同じく、私が地上で成し遂げたこととは別に、私自身を振り返ると全く喜怒哀楽の時に激しかった人でした。今のあなたと同じように。それにもまして酷かったかもしれませんね(笑)。

それにもかかわらず、今日の私の生誕の日とは、宇宙にとって特別な日にほかなりません。私の成し遂げたことがあって、今みなさんは生きているからです。これは自慢でも何でもないこと、正確に話していますから。正確さが必要になります。あなたの人生を見たときにもそうです。

今あなたの人生の棚卸しを始める時です。棚卸しとは、あなたの人生に何があったのかを、正確な目で見てほしいのです。あなたがそれを見たのは、遠い昔、子供時代でしょう。子供時代に決めたことが今でもそのままなのはやはり正確さにかけることでしょう。

あなたの最大の出来事を紐解いていって、今現在のあなたの目でそれを見てみましょう。

観察するようにしましょう。

あなたの答えはそこに全てあります。私がそうだったように。そして、みなこの過程を通って進化していくことを知っておいてほしいと思います。今日はあなたとともにあります。

サラ』

2018/05/10にup

マグダラのマリア教会の様子はこちらより

サラの言葉・美しさと愛の表現としての仕事

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。今日月曜日は、サラの言葉を。

サラとは、キリストとマグダラのマリアの子供です。

『 美しき者の意味を知っていますか。美しきものとは、見た目や肩書、お金のあるなし、給料明細に表れるのではありません。

心を込めた仕事をしていますか?ということなんです。

あなた達の星では愛情の表現としての一形態が仕事というものになっています。

必ずどの次元でもそうなるわけではありませんが、仕事をするということは、美しさ、つまり心を込めたエネルギーで存在するということです。

ある銀河では、それを仕事で表現していませんが、ここでは心を込めたエネルギーで仕事をすることが最高難度であると言えるでしょう。

心を込めるを言い換えると、大切なものを触っている時の感覚でしょうか。

ひと動作に心を込めること。それは美しさの本質です。

そんな気持ちで存在してください。

その状態で在ってください。

あなたが、その状態で存在するなら、愛情表現としての仕事、という側面は豊かさであふれるでしょう。

つまり、お金を追いかけなくとも、豊かさは自在になるということ。

しかしこれには、完全にお金への偏った考えを払拭している必要があります。

貧しさの中にあっては、自在にはなりませんから。

あなたがなりたいものにあなたはなります。

あなたがなりたいものの中に、「心を込めた美しさで存在しつづける」を置いてください。

低次の欲求を超えてくざさい。それには、人によっては低次の欲求をいったん満たさなければならないかも知れません。それは必要なプロセスです。

サラ 』

サラの言葉⑦・・・

今日はサラの言葉の最終回、創世記の七日目となります。サラとは、キリストとマグダラのマリアの子供のことです。

では『創世記』岩波文庫より、創造の七日目。

こうして天と地と、その万象が出来上がった。

神はその創作の業(わざ)を七日目に完了し、七日目にすべての創作の業を休まれた。

神は第七日の日を祝し、それを聖しとされた。何故なら、その日は神は創造のすべての業を終わって休まれたからである。

以上が天と地が創造されたときの、天地の成立の由来である。

・・・・英語版・・・・

The heavens and the earth wrer finished, and all their vast arry.

On the seventh day God finished his work which he had made; and he rester on the seventh day from all his work which he had made.

God blessed the seventh day, and made it holy, because he rested in it from all his work which he had created and made.

では、サラのメッセージをどうぞ。

『 本当に悲しいことに、聖書をスピリチュアルなものと考えている人がいないことです。それは、キリスト教を教えを守っている人を一種の偏見で捉えているからです。何か無宗教なのが自分らしいと思うのですね。しかし、人間には何かの信じられる教えが必要なものです。そしてそれは、神に近いほどあなたのためになります。その意味で聖書とは最も神に近い書物ですよ。あれほど神がと書いてありますからね笑。

そうは言っても、現代人が聖書を心から読むことが難しいことは分かります。時が経てば核心は変わらずとも在り方は変化するほうが受け入れられるものです。日本での仏教は既に葬式だけのものになったのも変化しなかったからです。

しかし宗教のある、もしくは信じる何かを持っている人生は、やはり人生の幅ができるようなもの。その時に神を近くに感じるのとそうでないのとでは、同じ出来事でも体験の質が変わってしまいます。

あなたが今ここで感動できなければ、何が起こっても感動はできません。

あなたの人生がもっと潤うように、神と近づくためのツールと繋がりましょう。既存の宗教でもそれ以外でも構いません。それは、あなたの日々の体験を色鮮やかにしてくれ、そして生きることを肯定してくれます。最良のツールを手に入れてください。

今日で創世記への私のメッセージは終わります。

ありがとうございました。サラ 』

サラの言葉⑥

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日もサラの言葉と創世記の六日目。

では早速岩波文庫の『創世記』より、

そこで神が、「地は各種のいきもの、各種の家畜と這うものと他の獣を生ぜよ」と言われると、そのようになった。

神は各種の地の獣と、各種の家畜と、すべての種類の地に這うものとを造られた。神なそれを見てよしとされた。

そこで神が言われた、「われわれは人をわれわれの像(かたち)の通り、われわれに似るように造ろう。彼らに海の魚と、天(そら)の鳥と、家畜と、すべての地の獣と、すべての地の上に這うものとを支配させよう」と。

そこで神は人を御自身の像の通りに創造された。神の像のとおりに彼を創造し、男と女に彼らを創造された。

そこで神は彼らを祝福し、神は彼らに言われた、「ふえかつ増して地に満ちよ。また地を従えよ。海の魚と、天の鳥と、地に動くすべての生きものを支配せよ」。

それからさらに神が言われた、「見よ、私は君たちに全地の面にある種を生ずるすべての草と、種を生ずるきのみを実らすすべての樹を与える。それを君たちの食糧とするがよい。

またすべての地の獣、すべての天の鳥、すべての地の上に這うものなど、およそ生命あるものには、食糧としてすべての青草を与える」と。そこでそのようになった。

神がその造られたすべてのものをご覧になると、見よ、非常によかった。こうして夕あり、また朝があった。以上が第六日目である。

・・・・英語版・・・・

God said “Let the earth produce living creatures after their kind, livestock, creeping things, and animals of the earth after their kind”; and it was so.

God made the animals of the earth after their kind, and eht livestock after their kind, and everything that creeps on the ground after its kind. God saw that it was good.

God said ” Let us make man in our image, after our likeness: and let them have dominion over the fish of the sea, and over the birds of the sky, and over creeping thing that creeps on the earth.”

God created man in his own image. In God’s image hie created him; male and fimale he created them.

God blessed them. God said to them, “Be fuitful, miltiply,full the earth, and subdue it. Have dominion over the fish of the sea, over the birds of the sky, and over every tree, which bears fruit yielding seed. It will be your food.

To every aminal of the earth, and to every bird of the sky, and to everythig that creeps on the earth, in which there is life, I have given every green herb for food”; and it was so.

God saw everything that he had made, and, behold, it was very good. There was evening and ther was morning, a sixth day.

ではサラのメッセージをどうぞ。

『 こちらは有名は、神は神に似せて人を造られた、のくだりです。

ここでは、それ以上にみなさんに伝えたいことはありません。

あなたは神に似せて造られたのであり、もちろん神の一部であり、さらには神はあなたのために一生懸命になっておられます、という事実です。

あなたが神の一部であれば、価値がないなどということはある筈もなくまた、そこかしこに偏在している神の息遣いを感じる力を持っているということです。

私からの今日のメッセージは、直接神と繋がりなさい。

神は分かりやすく何かを伝えてくださるでしょう。 サラ 』

あなたのために神は話す・・・・サラの言葉⑤

サラのメッセージとともに創世記(旧約聖書)の始まりを解説する五日目になります。

サラとはキリストとマグダラのマリアの子供です。

では、岩波文庫『創世記』より、

そこで神は、「水には生きものが群生し、鳥には地の上に、天の大空の面(おもて)を飛べよ」と言われると、そのようになった。

神は大きな海の怪物と水の中に群生するすべての種類の泳ぎまわる生きもの、さらに翼あるすべての種類の鳥を創造された。神はそれを見てよしとされた。

そこで神は彼らを祝福して言われた、「ふえかつ増して海の水に満ちよ。また鳥は地に増やせよ」と。

こうして夕あり、また朝があった。以上が第五日目である。

・・・・英語版・・・・

God said, “Let the waters swarm with swarms of living creatures, and let berds fly above the earth in the open expanse of sky.”

God created the large sea creatures, and every living creature that moves, with which the waters swarmde, after their kind, and every winged bird after its kind. God saw that it was good.

God glessed them, saying,”Be fruiful, and multiply, and fill the watars in the seas, and let birds multiply on the earth,”

There was evening and there was morning, a fifth day.

では、サラの言葉です。

『 自分自身の中の自信になる言葉として捉えましょう。

あなたの中には、たくさんの可能性という海の藻があります。生きものもいます。それらは単純に今日使うお皿を選ぶという才能から、あなたの使命となることにまで拡大していきます。海の中のあなたの可能性と大地で生み出される飛ぶという可能性。それは大地で生み出される必要がありますし、また海の中の可能性の両方が必要です。赤ちゃんを授かるのに、用水の中のまるで海の水が必要なように、同時に可能性を羽ばたかせる翼を持った存在が必要なのです。それをどう捉えるかはあなたの自由ですが、まずはあなた自身の可能性の話であると捉えてください。あなたが可能性に満たされなければ、あなたが癒やす人達の可能性も満たされません。潤沢な海の恵みと大地の恵みを、まずはあなたがしっかりと体内に取り入れてください。今日は海の中にいる(羊水の中にいる)あなたを思い、海の恵みを取り入れると思いながら眠ってください。イメージすると実際にそのようになります。そして充分に取り入れた後には、しっかりと大地に立って、可能性に満ちたあなたが飛びたつのだと信頼してください。そうなります。

サラ 』