アーカイブ

プレアデス人類と惑星の物語

今日もプレアデス人類と惑星の物語より★

『 火星人とアンドロメダ人の社会の住人が、幼い魂の社会の住人と出会う−2000年

やがてもっと遠くの方へ旅したいと感じる人々が現れはじめました。

彼らの次の目標は、ある丘陵地帯を越えることだったり、ほかの世界が存在するかもしれない場所へと大きな川の流れに沿って歩いて行くことだったのです。

そしてそれらの長期にわたる旅へと、60人以下のさらにお起きた集団が準備を整えてでかけていきました。

そうしたより広大な探検の始まりの時期に、火星人とアンドロメダ人の社会からの一隊が旅の途中で幼い魂の社会から来た人々と出会いました。 』

マルディックにおける、共通事項とは。

『 それは、彼らの脳の松果腺は、同意にもとづいた活性化のときまでは、高次元の波動やコミュニケーションや光を受けとるための装備ができあがっていないという、単純な理由からです。そのときとは、26000年の進化のサイクルで最初の5200年周期のちょうど半分に当たる2600年をさしていました。』

こんにちはヒーラーのHidekoです。今日はマルディックの4つの社会での、松果腺の活性化、染色体の浄化、肉体と魂のつながりなどなど、共通事項についてです。

『 以上のマルディック4つの社会は、最初の2000年間はお互いに完全に孤立した状態を保っていました。それはそれぞれの社会が遠距離にあり、最初から出会う時期が決められていたことによるものでした。

どの集団にも新しい故郷の惑星とその環境に慣れるための、そして可能なかぎり遺伝子レベルで癒されるための、また探検という意識的に衝動を発達させるための時間が必要だったのです。

そして2000年ごとにマルディック上の大部分の植物や動物の染色体の変異が浄化されると、マルディック人はそれらのより健康的な食料源に対して、魂のレベルでそしてDNAのレベルで癒やされるというかたちで反応しはじめました。

マルディック人は概して単純で少し無気力な人々でした。

そして彼らの肉体への魂のつながりの一部の側面と、七番目のチャクラにおける創造への衝動は、染色体の変異が少なくとも部分的に癒やされるまでは休止状態にとどめられることが前もって決められていました。』


2000年ごとにマルディック上の大部分の植物や動物の染色体の変異が浄化される

マルディック人はそれらのより健康的な食料源に対して、魂のレベルでそしてDNAのレベルで癒やされるというかたちで反応しはじめました

最初から4つの社会が出会う時期が決められていた

七番目のチャクラにおける創造への衝動 体への魂のつながり 染色体の変異が少なくとも部分的に癒やされるまでは休止状態

彼らの脳の松果腺は、同意にもとづいた活性化のときまでは、高次元の波動やコミュニケーションや光を受けとるための装備ができあがっていない

人生における最も大切なことはハイアーセルフと繋がること

自覚あるなしに関わらず、私たちはスピリットとの出会いを切望しています。そして、3次元にかまけてよく忘れてしまうのですが、そのために今この地球へ転生したんです。スピリットとはハイアーセルフ(高次の自分自身)のことです。

そして、私たちのこの人生においての最も大切なことのひとつは、ハイアーセルフと繋がることです。できれば継続的に。

こんにちはヒーラーのHidekoです。今日もプレアデス人類と惑星の物語より、マルディックにおける幼い魂の社会の人々とは?


『 この「幼い魂の社会」のメンバーは、高次元から三次元の現実にみずから選択してやってきた存在たちと接触することににょって、新しい選択と動機を発見する用意ができていました。

存在という本質に関する興味や、それがだれによってどのように創造されたのかという疑問が彼らの意識にも入ってきたのっです。

それらスピリットを切望する幼い魂は、ほかの社会との起こりうるつながりを通して、そしてはじめて「至高存在」や太陽と関係を持つことを通して、スピリットを見つけるためにマルディックにやってきたのです。』

『それらの存在自身は、1次元と2次元の生命形態からおよそ100万年以上の期間をかけて進化した魂でした。集団の意識として、彼らに意味と目的をもっと与えてくれるような何かを探し求めていたのです。

彼ら1000人の存在たちは、あなたがたの太陽系に似た、天の川のはるか辺境に位置する星系からの二つの集団で構成されていました。ほかの新しいマルディック人とは違って、その領域の太陽からの個々の魂の符号を持たずに故郷の惑星を離れた存在でした。

それは目標への方向づけや進化へと向かう外側からの刺激なしに、彼らがどうなるのかを見るためのものだったのです。 』


意識が1次元から2次元へ、そしてとうとう3次元へと上昇する途上にあったのが、この幼い魂の社会の人々。

存在という本質に関する興味・・・・自分たちより意識レベルの進化した存在と出会うことによって、自分たちが何者であるか、そしてこれからどのような進化を望むのかということへの興味。

それがだれによってどのように創造されたのかという疑問・・・・スピリットの次元との出会いを切望した。

私たちも、この幼い魂の社会の人々と同じように、1次元、2次元を経て、今3次元世界に存在しているわけです。

この次元を上昇するために、自分たちより意識レベルの高い存在との出会いが必要になるという概念は、今の私たちにも当てはまります。

天体の衝突とは結ばれて溶け合うこと

『ブラック・ホール社会の1000人の存在は、幼児のように無邪気であり、無垢、旺盛な好奇心、そしてだれもが幸福になってほしいという基本的な資質を持っていました。』

こんにちはヒーラーのHidekoです。今日も人類と惑星の物語、マルディクにおける第3の社会『ブラック・ホール社会』からです。

・・・・かつて別の銀河に転生した1000人の存在たちで成り立っていました。ある太陽の作用による内部炸裂がブラック・ホールをつくりだして、彼らの故郷を破壊したのです。

これは他の集団のように人間の支配と権力と科学技術の誤用によってもたらされたものではなく、2つの銀河の衝突の結果として生じたものでした。

霊的な見方をすると、いわゆる「衝突」とは実際に2つの巨大な天体の存在が結ばれて溶け合うことであり、少しも災いを意味するものではありません。

・・・・彼らのカルマ的な歴史の多くは、自分にも人にもいつも幸福であってほしいと望むあまりに不快な感情を否定することと関係がありました。

また彼らは、自分自身やまわりのだれかが病気になったり不幸になったりすると配属感を感じたために、罪悪感や羞恥を抱え込んでいました。

その結果として、耽溺(中毒)がこの種族の問題になりました。

アルコール、幻覚を起こす植物、セックス、そしてあらゆる愉快な感覚などが「ハイ」状態または幸福であろうとする試みの中で極端に重要視されたのです。

それゆえ、銀河の衝突すなわり合併が起こったとき、彼らな高次元にアセンションをする用意が整っておらず、「合併」という体験が「激変」とうい体験になってしまったのです。

アモラ・クァン・イン著『人類と惑星の物語』より



『自分自身やまわりのだれかが病気になったり不幸になったりすると配属感を感じたために、罪悪感や羞恥を抱え込んで・・』のくだりなどは、私の中にもこういった感情や価値観、救ってあげたいという自己満足があったように思います。

最初は純粋な人を助けたいという動機だったとしても、それがうまくいかずいつの日にか〇〇しなければならないとなると、それはもはや純粋なものではなくなります。

また、『耽溺(中毒)が・・・アルコール、幻覚を起こす植物、セックス、そしてあらゆる愉快な感覚など・・・がこの種族の問題に・・・』

中毒はないにしても、罪悪感や敗北感から目をそらすための耽溺と考えると、以前の私に当てはまっていると思います。私の場合には動画をずっと見続けたり、収入以上の買い物をしたりという耽溺の現れ方でした。

現代の地球にもこのブラック・ホール社会の人々がたくさん生存しているはずです。なぜなら、同じ問題を今の社会でも繰り替えているからです。

しかしひとつ違うところがあるとするなら、現代はかつてより多様な社会であり、個人の裁量が大きいということでしょう。

私たちヒューマノイドの霊的な進化の過程で、その大きな裁量を得るだけの進化を遂げたということでもあり、また自分で自分の責任を持つという視点で言えば、堕ちたときの奈落もまた大きくなり、責任は大きくなったといえます。

火星人とアンドロメダ人の社会

・・・マルディクにおけるこの社会には、およそ750人の火星人(原初の存在の魂の分離により)のほかに、アンドロメダ銀河の惑星上のより進化した集団にかつて奴隷として使えていた存在たちがいました。

オリオン人の社会・・・長い世紀にわたって隷属させられてきた、オリオン星系ののひとつの惑星から約1500人の人々がこの一つの社会を構成しました。オリオンのひとつの太陽系全体が、それらの権力に植えた存在によって牛耳られ統括されていました。そして火星と同様に、彼らがその惑星の大気圏を破壊して全住民を破滅させたたために、それらの集団は新しい惑星を必要とする状況下に置かれたのです。