アーカイブ

円成実証の世界

ブッダの説いた原始仏教の中には、円成実証という言葉は出てきません。しかし、ブッダの言いたかったことを最も的確に著しているのが、この円成実証ではないかと思えるほどです。

では、どういうことかと言いますと、最も苦しいと思った体験の中に飛び込むことをブッダは求めていたと思います。飛び込むとは、あなたが誰にも言うこともできず、死ぬまで自分にさえ隠し通そう・なかったことにしようと抑圧してきたその体験を癒していく、光を当てていくことです。それを思い出すくらいなら、死んだ方がいいと思って、あなたは今までその体験を抑圧し続けてきました。しかし、ブッダはその中に飛び込むことを身をもって証明しているのです。さて、そうした時に何が起こるでしょうか。そうです。ブッダと成るのです。あなたの生きる意味・使命を知ることによって。ブッダと成る。ブッダとは覚醒に至った人のこと。それを一言で表すとするなら、宇宙との一体感を体得したと言えるでしょう。宇宙がそのまま自己の中に存在することを体得した、さながら円である宇宙が自己であることが分かったのです。円である宇宙がすなわち自己と成る。それを身をもって実証したこと。それが円成実証。ブッダは、それを知ってか知らずか、後々の仏教徒たちが、解釈に解釈を重ねていき、大乗仏教、そして密教、チベット、中国、そして日本に渡っていきました。後の仏教徒たちがブッダの教えを解釈し続け、展開して行ったことそれ自体が円成実証であり、もしかするとブッダの本当の意図はそこにあったのかと思うほどです。

そして、私たち後世の在家信者(寺の檀家である、それでも在家であると言えるとして)においての円成実証とは、宇宙との一体感を得る為には、あなたの命をかけた人生を送ることを選択すること。その具体的な方法は、あなたの最も辛く苦しい体験の中に飛び込むと決めること。つまりは、意識下に抑圧してきた体験を癒していくと決めること。

ブッダは言っています。あなたが最もいたたまれなかったあなたをあなたが受け入れること。その時、あなたの人生が、本当の輝きとなり、本来の姿を表すのです。

それを後世の仏教徒は円成実証と言って、ブッダの真意を著したのです。

インドでは牛は神聖(笑)なのだ〜

今日はインドの聖なる牛についてです。わざわざ牛についてページを使ってお伝えする意味あるのか?

そんなツッコミも聞こえてきそうですが、インドに行きますと、そこら中に動物が行きかっています。カフェにも鶏が入ってきたり普通にします。猿や犬猫もたくさんいます。

その中でも牛は聖なる生き物です。それは、シヴァ神の乗り物が牛だったことに関わるかもしれません。

そして、インド仏教が中国に渡ると、『十牛図』となって発展していきました。

中国宋の禅僧・郭庵によるものが有名な『十牛図』ですが、ここでもやっぱり牛がフューチャーされていますね。

この十牛図は、悟りに至るまでの人の心の揺れを描いた10枚の絵からなる物語です。人が悟りに向かうとは、一体どのような機微があるのかをよく表しています。それは、聖なる牛と一体となることで、自分のエゴが終わりを告げ、それはまるで全てのものとの一体感を得ることができるその様子が表されています。それは、『空」であり、『阿字観』であり、シータ波の状態であるとも言えます。それを牛と一体となることで得るとは、やはり牛は聖なる生き物に違いありませんね!

そんな聖なる動物をこの次元では食べているわけですが、それももうすぐ見られなくなるかもしれません。牛や豚の肉以外からでも栄養素は取れるわけですし。

神聖な存在であると、全ての命ある存在をとらえることが今大切です。集合意識として、このまま動物たちをいじめ続けると、牛の集合意識が、もう人間とは一緒にやれないと、この星を後にしてしまうかもしれないのです。それは、たくさんの動物でもそうなのです。絶滅の危機にある動物たちは、集合意識で、この惑星を離れることに決めています。

今一度、聖なる牛に想いを馳せましょう。牛たちは私たち人間を昔から支え続けてくれています。ミルクを私たちに提供してくれています。その上に肉までも。そんな牛になって、今自分を見るとどうですか。あなたの周りにいる自然たちは、あなたの振る舞いに何を思うでしょう。

これからは、自然と共存しているものを買いましょう。

自然と共存している、食品を求めてください。

誰も悲しむことのないものを使いましょう。

一つのものが出来上がる過程で、一体誰が何をしているのかを、知りましょう。全部知ることができなくとも努力はできるはずです。

誰も傷つくことのないものを使います。できれば全てがハッピーな行程を経ているものを求めます。

牛に想いを馳せましょう。生きとし生けるものの視点であなたも生きていきましょう。

 

 

今日もありがとうございました。

月と太陽、インドではイダー、ピンガラー

イダー(左脈管)はチャンドラナーディー(月の脈管)、ピンがラー(右脈管)はスーリやナーディー(太陽の脈管)。クンダリーニ上昇の経路でもある。

太陽と月、そして地球。これを三位一体とするなら、人体のエーテル体にある、イダーとピンガラー、そしてスシュムナー。イダーが月の道、ピンガラーが太陽の道、スシュムナーは中央脈管。それも三位一体。

イダーが副交感神経を司り、呼吸は深くゆっくりとなり、消化器がよく働く。一方、ピンガラーが交感神経を司り、呼吸は浅く、消化の働きを抑える。

中央脈管のスシュムナーとは、会陰から咽頭、そして脳髄にいたるプラーナの幹線道路。タントラでは大宇宙と小宇宙の一致を思想とする。その際に、背骨を人体宇宙の中心とする。背骨は、頸椎7つ、胸椎12個、腰椎5つ、仙骨5つ、尾てい骨5つ、で構成される。

  •  背骨  チャクラ   ☆五大元素
  • 尾てい骨・会陰のチャクラ☆地
  • 仙骨・生殖器のチャクラ☆水
  • 腰椎・臍のチャクラ☆火
  • 胸椎・心臓のチャクラ☆風
  • 頸椎・喉のチャクラ☆空

会陰のチャクラから7200本の脈管が上昇、左イダーと右ピンがラーに分かれる。宇宙現象の多様性を、人体ではこれらの無数の脈管を通って移動するプラーナとして表現される。

生と死、音楽とそれを聞く者、真実と虚偽など、対立するあらゆる概念を、左右の脈管の中を流れるプラーナにあてはめて、相克ないしは中和・止揚させて、中央脈管に通すとイメージする。仏陀の中道にも通ずる概念。

ハタヨガの目的は、この太陽と月、イダーとピンガラー、つまりは二元性の象徴を、中央脈管で一つにすること。マーヤーとブラフマン、輪廻と解脱という二元性も含まれる。

 

 

 

 

Quan Yin タントラ

私のタントラの思想を話します。全宇宙があなたの中にある。それが私の思想です。星々の輝きが、惑星の栄枯盛衰が、銀河の消滅も、そして誕生も。あなたに影響を与えているのです。あなたの中にある大掛かりではない、澄みわたった思考、おおげさではない、ただ分かっている、それが真実であることを。その静けさ、喜び、ともに在るという感覚。それは、神という言葉がいいかもしれないし、宇宙という言葉がぴったりかも知れない。これは、比喩でも何でもなく、あなたの中は全宇宙を内包しているのです。つまりは、あなたが持っていないものなど1つもないということ。別の言葉で言うなら、すべては繋がり。宇宙の果てにある誰かのため息とあなたは繋がっている。それが必要な時に、それを手にすることが出来る。私のタントラの思想は、ここから始まるのです。ラクシュミ

 

生まれ落ちた時の話しをさせてください。その時の純粋性を今感じてみましょう。あなたを誕生へと導いたのは、もちろんあなたの父と母です。その時の3人が美しく純粋できらめきの中にあったことは紛れもない事実です。そのけがれない状態であることが、あなたと両親の真実であると知ってください。失ったものは何もなく、ただ生まれた子供への愛があったのです。その時にあなたが受け取ることを拒否した愛があります。今、その愛を受け取ると意図してください。そして、それはあなたのハイアーセルフからもたらされます。大きな愛です。とてつもなく。どれだけあなたが愛されていたか。それを受け取りましょう。Quan Yin(観音)

 

今日の日をただの過ぎていく日とは思わないでください。かけがえのない、大切なあなたのための時間だと思って過ごしましょう。実際にそうなのです。永遠の今を生きましょう。スピリットとともに、今の瞬間のあなたを感じてください。幸せでしょうか?どこか悲しいでしょうか?ハートでは何を感じているでしょう。丹田では何を思っているでしょうか。頭では何を?あなたを丸ごと感じて、あなたとともに、身体とともに在ってください。守護天使たち

 

ヨガのすすめ。私はヨガを西洋に広めました。そのヨガはクリアと呼ばれるものです。クリアは身体の浄化を促します。私はここで、その方法を使いなさいとは言わないつもりです。身体の浄化はみなさんに適した方法があることを知っていますから。ヨガとは、適した方法を用いること、でもあるのです。ヒンドゥーヨガは多岐にわたっています。それらの中からあなたにあったヨガをさがして行ってください。呼吸法でもいいのです。ヨガナンダより

 

 

 

カーラチャクラと太陽礼拝

☆☆ハタヨガの太陽礼拝/スーリヤ・ナマスカーラの一連の動きは、私たちが大宇宙に呼応する小宇宙であることをあらわしたもの。

  • 冬至に始まる。ヴェーダ時代の元旦は冬至だった。太陽の命日であり、誕生日でもある。☆山(タダ)のポーズ。
  • 涼しい季節。インドでも冬は寒い。が、1月を過ぎるとだんだんと春めいてくるよう。☆三日月のポーズ。
  • 春は短く夏がやってくる。3月。大地は乾いている。☆足に手を付けるポーズ。
  • 4月頃。牡牛が生け贄として雨乞いする。☆牡牛のポーズ。
  • 5月。夏、酷暑。☆ダウンドッグ・犬のポーズは死の象徴。
  • 雨期。激しいスコールで暑さが収まる。雨に人々は笑い歓喜する。☆身体の8つを地面につけて感謝する、アシュタンガのポーズ。
  • 雨期になると地面から蛇が這い出てくる。蛇は生命力の象徴である。☆コブラのポーズ。
  • 再び☆ダウンドッグ・犬のポーズ。ここでは犬は多産・生命の象徴
  • 再び☆牡牛のポーズ。ここでは田畑を耕す牡牛。食物を運んでくる神々をあらわす。
  • 、夏の凶暴な暑さから、澄みわたる秋の空、穏やかさが漂い、食物は成長していく。☆足に手を付けるポーズ
  • 収穫の季節、吉祥の女神ラクシュミのお祭りが行われる。富と幸運を祈る。☆三日月のポーズ。収穫の喜びを表現する。
  • 12月中頃より寒くなっていく。☆山(タダ)のポーズへと戻り、一年が終わる。

 

☆☆カーラチャクラタントラ・・・・インド仏教が行き着いた思想が、密教であり、カーラチャクラ・時輪。人として経験する時間のサイクルを、大宇宙の時間のサイクルと合致させれば、大小宇宙の合一、すなわち解脱はなるという思想。インド仏教の衰退後も、時輪思想は、ヒンドゥータントラ(ヒンドゥー密教)のハタヨガなどに継承される。

☆☆連続ポーズである太陽礼拝は、宇宙サイクルの一年間を、小宇宙である人間の短時間の動きに映し出すものになっている必要が在る。大宇宙と小宇宙である人間の合一は、すべてのタントラ(密教)において核となる思想である。そしてハタヨガの動きによって、それを身体で体得することが可能となる。