作者アーカイブ | Hideko

嘘から出たまこと

こんにちは。

今日は、嘘についての2回目。ミカエルのガイダンスから書いています。

自分の人生が嘘だと、または人生の一部が嘘だと、本当は分かっていて、その罪悪感を埋め合わせるために、自分の人生を辛いものにしている。という話です。

カルマを抱えて、私たちは転生しています。

それは、一回の人生では解消できないこともあります。

これを読んでいる人の中には、殺人やレイプなどのカルマを過去世で抱え、その解消のために転生している人もいます。

私たちは、転生する前に、自分の人生を決めてくるわけなのですが、その際にやりがちなことがあります。そして、それを3次元に降下した時に後悔します。

それは、計画するのが、重力のない天界であるために、ついつい3次元の大変さをすっかり忘れてしまい、あれもこれもと大変な人生を設計しがち、ということです。

こんな人生、できるか!と何度思ったことでしょう笑)。

それには、こういう訳があったんです。

そして、本当は、自分で決めた人生が、そもそも人の迷惑になっている。といった場合、自分がそもそも悪者だったとは認めたくありません。

つらすぎます。見たくもありません。

だから、その罪悪感を必死で埋め合わせするために、困難な人生を自らに課すわけです。

でも、自分が悪者であること、人の迷惑になると分かっていて、そうしたこと、誰かの批判(それは多くの場合にはあなたの母親の批判)とは、実は正当な批判であることを、認めてしまったらどうでしょう。

それは、愛して欲しい人からの愛を受けることができなかったのかもしれませんし、それを認めることは難しいことです。

子供のあなたは絶対に愛されなかったとは思いたくはなかった。

しかしそれと同時に、魂レベルのあなたとしたら、迷惑になることは分かったが、この人生を生きる必要があった、それが真実であると言えるのではないでしょうか。

そして、申し訳ないことをしたと、素直に思うことが出来るのではないでしょうか。

言葉にしなくても、それを自覚してることが大切です。

子供のあなたと魂のあなた、あなたの内面には様々な存在がいるんです。そして、正反対なことを言い合っている。それも生きづらさの原因です。

が、やはり魂のレベルでは、自分が加害者であること、確信犯だったことをみとめて、その意味で申し訳ないと気がついている必要があります。できるなら。

そうすると、あなたが自分を偽ってきた人生が、偽りではなくなります。

自分に嘘をつき続けてきた、被害者だと言い続けてきた(その一面も確かにあるのですが)、そのあなたが、自分の嘘を認めたとしたら、もう、人生を辛いものにする必要も、生きづらさを抱え続けることもありませんよね。

そして、それを認めるという苦しみに向きあうとき、その裏側には、真実があることを発見します。それは、あなたが本当に欲しかったものです。

体感で、魂で、変容で・・・、そこで見つけるものはあなたの宝物です。

ただ、それまでは、重く苦しい罪悪感という、だれでもないあなたがあなたに課したカルマを生き続けることになります。

できれば今、もしくは、いつかの日に、魂レベルの自分が決めたことが、誰かを傷つけ、苦しめたという事実を認めてください。

今日は、ミカエルのガイダンスとともにお伝えしました。

サラの言葉・美しさと愛の表現としての仕事

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。今日月曜日は、サラの言葉を。

サラとは、キリストとマグダラのマリアの子供です。

『 美しき者の意味を知っていますか。美しきものとは、見た目や肩書、お金のあるなし、給料明細に表れるのではありません。

心を込めた仕事をしていますか?ということなんです。

あなた達の星では愛情の表現としての一形態が仕事というものになっています。

必ずどの次元でもそうなるわけではありませんが、仕事をするということは、美しさ、つまり心を込めたエネルギーで存在するということです。

ある銀河では、それを仕事で表現していませんが、ここでは心を込めたエネルギーで仕事をすることが最高難度であると言えるでしょう。

心を込めるを言い換えると、大切なものを触っている時の感覚でしょうか。

ひと動作に心を込めること。それは美しさの本質です。

そんな気持ちで存在してください。

その状態で在ってください。

あなたが、その状態で存在するなら、愛情表現としての仕事、という側面は豊かさであふれるでしょう。

つまり、お金を追いかけなくとも、豊かさは自在になるということ。

しかしこれには、完全にお金への偏った考えを払拭している必要があります。

貧しさの中にあっては、自在にはなりませんから。

あなたがなりたいものにあなたはなります。

あなたがなりたいものの中に、「心を込めた美しさで存在しつづける」を置いてください。

低次の欲求を超えてくざさい。それには、人によっては低次の欲求をいったん満たさなければならないかも知れません。それは必要なプロセスです。

サラ 』

機能不全家族に生まれた

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日は、機能不全家族についてをお伝えします。

ここを見つめるのは辛いところですが、ぜひお付き合いください。

まず、機能不全家族とは、両親が、親の役割を放棄しているために、もしくは子供を育てるという概念がないために、子供が子供らしい健全な成長ができない家族のことです。

意外と気がついていない人もいて、私も、人から言われてはじめて気が付きました。

親のネグレクト、身体的精神的虐待、過干渉があり、それらが組み合わさっていたりします。

そして、健全な成長ができていない子供であるにも関わらす、親の精神的な、あるいは身体的、経済的な面倒を見ていたりします。

一例ですが、親のストレス解消のためにまるでサンドバックになっていたりと、精神的に親の面倒を見ている場合もあります。

親が自分たちの生涯に渡る責任を取るように刷り込んで、まだ幼い子供一人が家族全員の過大すぎる責任を抱えていることもあります。そんな子供は、骨格の成長が充分にできないこともあります。

これらは、外からは分からないことも多く、子供は、周りから幸せだと思われていたりします。そのことが子供をさらに追い詰めてしまいます。誰にも分かってもらえないことが、大人になってからも誰にも自分のことを話せないままでいたりします。

さて、こんなときエネルギー的に見ると、どうなっているのでしょう。

エネルギー的に理解することとは、まず、大人になった今でも、エネルギー的には子供時代と変わっていないということがあります。

そのために、あなたがいつも好ましくない現実をつくってしまうのです。

機能不全家族というエネルギーを今も持っているということなんです。

こういった機能不全家族をエネルギー的に見ると、あなたは一人で存在しているのではなく、つねにあなたを頼っている、もしくは縛っている、もしくはネグレクトしている(そうやって縛っている)親、母親や、家族が、エネルギーとしてくっついている状態になっています。

通常は、人は自分自身だけのエネルギー領域、オーラやエネルギー体をもっています。

しかし、機能不全家族に育った人のエネルギー体は、そこに依存する親たちの居場所が存在しているという状態です。

それが、あなたが不快な現実をつくってしまう原因です。

残念なことに、一緒に暮らしていなくても、親が亡くなっていても、エネルギー体が同じであれば、不快な現実が起こります。

つまり、親や家族と同じような人、状況を、引き寄せてしまうのです。

さて、これが理解できたなら、ここから、本題である親との関係性を見つめるという作業に入っていきます。

端的に言うと、まだ親を許せないと思っていて、その自分自身も許そうとしていないのが今の状態です。子供時代を握りしめているんですね。

ただ、悪いわけではないので、今の状態を客観的に捉えるということをやってみましょう。

それは、できれば、この状態を今は自分がやりたくてやっている(部分もある)のだと、この現実を作り出している自分を受け入れてみましょう。

『分かっちゃいるけれど、それをやめようとはしていないんだ〜』という自分。

そこから逃げようとせず、向き合ってみましょう。

どんな必要性があって、あなたは、そんな辛い現実を引き寄せてしまうことを大人になった今も続けているのでしょうか。

そこには理由があるはずなんです。

あなたが握りしめているのは何なのでしょうか?

簡単にはいかないかも知れませんが、そこにはあなたの生まれた意味や大切な宝物がある場所です。ぜひ、向き合ってみてくださいね。

そして、もう一つ。あなたが両親を許していないということは、未だに両親に囚われており、あなたの大切なエネルギーを両親に(亡くなっていたとしても)送り続けてしまっていて、自分のことはお構いなしになっているということです。

みなさんの何か参考になれば幸いです。

スピリチュアルリーディングはこちら。

大天使ミカエルより、あなたが死んでも誰も悲しまないとなぜ思う?

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日から毎週金曜日は、大天使からのメッセージをお届けします。

では、今週の大天使はミカエル。ミカエルよりあなたにメッセージです。

『 あなたは、あなたが死んでも誰も悲しまないとどこかで思ってはいませんか?

それがここからは見えたのでメッセージを伝えに来ました。

私は、大天使界に存在していて、あなたがたの言葉を使うなら不老不死です。あなたが私に願いを掛けた時には、どこにいようともすぐに気が付き、あなたの所に飛んでいくことも可能です。不老不死とは、私にだけ当てはまるのではなく、あなたの魂も不老不死ですから、本来は死んで、肉体がなくなっても悲しいことではありません。

しかし、あなたの次元での死は、みんなとの別れを意味しますから(通常は)、悲しいことなのでしょう。

そして、あなたが死んだとしても誰も悲しまないと心の奥底で、そう結論づけているのが見えているのです。

何か自分を透明にしたいだとか、

自分がいなくなりさえすれば、他の全員がうまくいくのではとか、

実際には死ぬことがないにしても、自分がいなくなればいいと常に心の奥底で思い続けてはいませんか?

そう思った人は、これから言うことが真実ですのでよく聞いてください。

あなたがこの世界からいなくなったとしたら、まず私が悲しみます。大天使ミカエルの名に置いて、あなたが自分自身を透明にして、誰からも気が付かれないようにしていることで、私は悲しいのです。なぜなら、それは真実とは真逆のことだからです。

人は間違うものです。人は傷つけ合うものです。人は綺麗事では生きていかれません。人と人の摩擦とは、いつの時にもおきるものなんです。それを生きるのが人生の喜びなんです。あなたが忌み嫌っている人との摩擦とは、見方を変えると、喜びそのものなんですよ。

誰があなたを喜ばせてくれるでしょうか。それは、あなたをいちばん傷つけた誰かです。それは本当です。信じられないかも知れませんが。

喜びとは、あなたの人生の目的の一つです。

そしてそれは、あなたがいちばん傷ついたと感じた出来事のなかに、最も大きな喜びとして隠れいています。

あなたにそれが分かりますか?その位置からは見えないかも知れませんね。

しかし、いつの日にか、またはすぐにでも見える所に出るでしょう。

そしてそこにあるものは、あなたが何で、どうして、と言い続けてきた、許せない、理解できない、理解したくもない、思い出すのも苦痛な出来事であり、あなたが、自分自身にも隠し通してきた、そして握りしめているあなたの頑固さに違いありません。

そして、自分が死んでも誰も悲しまないなどと思うことで、その出来事に退治することを先延ばしにしているのです。

それは、はっきり言ってあなたの怠慢、怠惰にほかなりません。それは、霊的とは真反対のことです。

いいですか、あなたは誰も悲しまないと言い続けて、霊的な責任からただ逃れているだけなのですよ。それを自覚してください。

そして、今日あなたがやるべきことを淡々と行ってください。あなた以外のみんなは、悪態もつかずにそうしているように。

そして、ぜひあなたの最大の喜びを発見できる境地にまで至ってください。きっとできます。もうそれをやってもいい時期です。

大天使ミカエルから、これを読んでくださったすべての人の潜在意識へ 』

ミカエルからは、自分には当てはまらないと思わずにとのこと。人類のすべての人が、多かれ少なかれ、この状態であるとのことです。ぜひ自分自身にあたってみてください。そして、これを読んだ時が、人生の最も辛い出来事に対峙できる時がきたということだそうです。

那覇市

嘘について・・・大天使ミカエルの言葉

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日は、この場所では久々に大天使ミカエルがあなたに語りかけます。

『 いわれなき言葉をかけられた時・・・

こんにちは、私は大天使ミカエルです。

あなたに伝えたいことがって来ました。

どのチャネルを選ぶかは私たち高次元で決められます。

美しいものを見て美しいと言う

そうではないものを見てそうではないと言う

それなら問題ありません。しかし、美しいものを見て、そうではないと言うこと。それは罪になります。それが原罪の意味であり、人類が最も心苦しんできた原因でもあります。

嘘を最初に言ったのは、いったい誰だったのでしょう。そしておそらく人類全体に広まってしまうほど、価値を嘘に与え続けてきた訳です。それほど平気で人は嘘をつきますから。しかも、8割程度が自覚ないままにです。それは恐ろしいといえる数です。

あなたの前に嘘があるのなら、あなたのどこかであなた自身に嘘をついているということになります。あなたが誰かの嘘に悩まされているのなら、あなたも自覚ないままにあなた自身に嘘をついているのです。

それほどあたり前に無意識に嘘をついてしまっているという訳です。

しかし、この嘘をいったん立ち止まりやめなくてはなりません。誰がやめるのか・・・・それは、あなたが嘘をやめなければならないのです。はっきりと言いましょう。嘘で固められたものは終わりにする必要があります。それで何かが失われると思うなら、いいではありませんか。無くなってすっきりとさえするはずです。

私たちは嘘に支配されています。

私たちは、本来の自分ではない何かに価値を置いて、本当の自分自身を見てあげようとはしません。それほど自分を傷つけていることは無いにもかかわらず。

それを自覚し駄目な自分をさらけ出すときです。誰もそれをやってくれる人はいません。自分でやるしか無いのです。

今やることにするのか、大切なものを失ってからにするのか、それを決めることができるのも、またあなただけなのです。

大天使ミカエル 』