アトランティスの光と影

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

日々波動が高まるこの世界において、みなさん、なんとも言われぬ苦痛、心と身体の不調や痛みを感じている人が、最近多いように感じます。

私もその一人ですが、最近少しわかったことがあり、何かのヒントになればと思い書いていおります。

アトランティスの時、私たちは、縦横無尽に分析を尽くしました。

すべての事象、対象物を、徹底的に細分化した、と言えると思います。

人も、動植物もそれに含まれていました。

(そして、アトランティスの実験の中にはここでは書けないような内容もたくさんありました。)

自分とは何か?

その答えがそれによって見つかると思ったのです。

人の心とはもちろん、そんなことでは推し量れません。

しかし、アトランティスの人々は、いえ、私たちがアトランティスで行ったのは、そうしたことでした。

それによってわかったことがありました。

それは、人には魂が必ず存在していること、魂と心があること

魂と心は一緒にあるもので、感情と思考がそれを教えてくれること・・・・

そして私たちは、肉体というこの世界を生きるための乗り物に乗っていること、

心と魂のことは、身体がいちばんわかっているのかもしれません。

さて、アトランティスで私達が学んだ素晴らしい成果の一方で、負の遺産とでも言うべき分析的思考を私たちは身につけてしまったようです。

いつまでたっても自分の価値観が上がらない

自己価値が感じられない

何度ヒーリングしても、結局価値のない自分が現れる

こんな人は、私の周りにも少なからずいますし、私自身もそうです。

それは、育った環境に寄るところが大きいのはそうなのですが、ここでは、アトランティスの分析的思考の影響であるという一面を紹介したいと思います。

私たちは、アトランティスで、被験者も試験管もどちらも経験したことがあるかもしれません。

そのことがDNAレベルで自分たちを変えてしまったことは気が付かれてはいないのかもしれませんが、全体性を失わせて、二元性を強めたことは確かだと思います。

ワンネスから遠ざかってしまったんです。目的とはうらはらに。

魂レベルでもDNAレベルにおいても、分析的傾向、つまりは、全体性への批判的論考は、そのまま私達の自己批判となって今に受け継がれている、そう言えるのだと思います。

それが、私達がエネルギー的に、そして肉体的に、辛さやときに体調不良や辛さになって今現れている、そう思うのです。

少し前にこんなことがありました。

日常であまりに多くのことが一度に起こってしまい、しかも、その一つひとつのことが、いいこともあれば良くないこともある。

起こった一つの出来事が、良かった、悪かった、の一言では表すことができない。

いいことも良くないことも含まれていて、以前のように、辛いことが起こったから泣いて解消する・・ことができずに、一方では泣きたい、しかし他方ではいくつかの違う感情が生まれて、どうしたいいかわからずに、結局私は、そのときの自分がただ辛くて仕方なかった。

そんな体験をしたんです。

その数日後、アトランティスのことを思い出して、

アトランティスの目的が愛だったとして、しかし、目的のために傷ついてしまった、とても大きな傷を抱えることになった。今現在に至るまでの。

結局分析的な態度では愛を得ることはなかったのだろうと思います。

いくら細部に分けてみても、論証はできるが、全体もわからず、愛もそこにはない。

私の中に、アトランティスの末裔の血がはっきり流れるのが分かるんです。なぜなら、私自身が細部に拘りすぎるから笑。

そして、そこで起こったことがどうだったにせよ、アトランティスは私自身であり、私の一部なんです。

さて、アトランティスに愛がなかったのか?

いいえ、そうではないんです。

分析的なことが痛みを産んだと言いましたが、

ただ細分化するだけならそこに痛みはないはずですよね。

もし、アトランティスの叡智の視点で話すならこう言います。

私たちは、事象を感情的に思考的に捉えがちですよね。特に大変なときは。

しかし、アトランティスの視点をもって、さらに一歩進み、起こったことをありのままに眺めるようにしてみる。

分析をしてしまい、感情的になっても、その後で、それらも含めた大枠の愛情という視点で眺めてみる。

もしくは、良いも悪いも手放した中道という視点で。

客観的に眺めてみる。

つまり、究極的に分析的な思考と、ありのままの全体的な眺め、そして、アトランティス的方法への愛情を持って、見つめてみる。

そこから見つめる世界は、私たちを混沌の中から解き放ってくれるように思います。

アトランティスの負の遺産はアトランティスが産んだ愛を理解して変容させる!

そう言えるのだと思います。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。