自分の真実を生きていないと病気になるって気がついた

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日は私が実際に体験した、高血圧とめまい、ふらつきで倒れそうになったこと、そこからの回復についてです。

数年前のこと、家にいて、急にめまいとふらつきが起こりました。

とっさに、これって父親と同じだ、そう思いました。

父は、高血圧と動脈硬化のために早朝にふらつきで倒れ救急搬送されたことがあってそれが思い出されたんです。

幸い父は処置が早かったため、回復し後遺症もありませんでした。ただ、2週間ほどは入院となり、結構長かったことを覚えています。

それが私にも起こったと思ったんです。

当時すでにヒーリングが自分でできたために、当初は何とかなるだろうという漠然とした感覚でした。

しかし、めまいとふらつきが続いて治りそうになく、さすがにこれはまずいと思いはじめました。

それでやっと、何が原因かを内観してみることにしました。

原因となっていたのは、自分の真実を生きていないということでした。

具体的には、当時収入に見合っていない、ハイソな家に住んでいたことでした。

みんなに認めてもらえるような素敵な家に住んでいる自分という虚飾を生きていたことです。

常に家計は火の車状態でしたが、やめようとは思えませんでした。

このままではめまいが続いて、最悪の場合、後遺症が残るような脳血管障害になるかもしれないという恐怖にさらされるまでは。

介護士をしていたので、後遺症が残ったときにどうなるかはよく知っていましたし、これは本当に危ないと思い、自分を変えるしかないことに思い至ったんです。

まず、両親と同じように、常に見栄を張ってしまうこと、誰かからどう思われるかが人生における最重要課題になっていることに気がつく必要がありました。

そして次に、本当に本当に自分に自信がないから、そんなことをやっていた自分を認めました。

そこまで自覚できたときに、とても楽になりました。それから高血圧、めまい、ふらつきは起こっていません。その後の検診でも大丈夫です。

長年にわたる家系の価値観を変えるには少し時間がかかりましたが、2カ月後には、高額な家賃を払い続けることもやめようと思えたんです。

また、父が倒れたのも、大きな家を建てて家族で引っ越した直後だったんですね。その家も家族には大きすぎる家で、知らない人にはお金持ちの家だと思われていました。

笑ってしまいますが、本当に父と同じことをやっていたんです。

今日は、私に実際に起こった、自分の真実を生きていないと病気になることがあることと、内面を変えることで予防したり、病気が治るという話でした。

なにかの参考になれば幸いです。

健康のためのセッション行っています。

病気は契約解除で治る。スピリチュアルリーディングはこちらより。

コメントを残す