こんにちは、Hideko Quan Yinです。

今日は、心と体が離れてしまっていると感じる方、離人感がある方、現実感がわかないという方へ。

自分の人生を取り戻す=心と体の一体感を取り戻すこと。

そのための第一歩とは?

まずはじめに離人感とは何か?からお伝えします。

  • 自分のことなのに、自分のことだと思えない。
  • 客観的に見れば、自分がしたくないことでも、現実感がわかないためにできてしまう。
  • 自分を傷つけるような行為を自分でしているが、なんとも思わない。思えない。

このような時には、離人感、離人症であると考えられます。

人はショックな体験をした場合に、その体験を自分のものではないと解釈しようとします。

生きるためにそうする以外になかった、というのが実際のところですね。

その時から、ショックな現実を思い出すことがないように、自分自身から切り離してしまった、そんな風にもいえると思います。

身体の中にいることが苦手だったり、グラウンディングが難しかったり(地に足がつかない)ということもあるかもしれません。

そして、多くの人が自分の価値を認められないという苦しみとともにあります。

また、離人感や乖離があること自体が本当に苦しいことですよね。

実際に私がそうでした。

自分の価値がいつまでたっても上がらない、つねに自分じゃない自分とともにあるような日々がずっと長く続きました。

しかし、それも終りがあります。

そして、今はスピリチュアリティの進化も早い時代です。

あなたが思っている以上に早く本来自分自身を取り戻すかもしれません。

ひとつここで私がどうしても伝えたいこととは、人知れず大きな苦しみを抱えてしまっているあなたは、本来はそれを乗り越える力がちゃんとあり叡智に溢れた存在だということです。

今はあなた自身の大きさを思い描けないかもしれませんが、本当にそうなのです。

では、そんな心と体の一体感を取り戻すための第一歩です。

それは、自然の中で過ごすというもの。

木陰で風に当たったり、沐浴したり、海水に手足をつけたりするだけでも気持ちいいですよね。

身体の体感を自然と触れることで取り戻すことができます。

手に感じる水の冷たさは、思考とは別の、本来のあなた自身です。

感覚とはあなた自身と言ってもいいのです。

また、自然の中には、精霊たちやディーバたちが存在しています。

あなたのセンシティブさと、自然界の存在たちはとても親しい間柄です。

そんな存在たちにも呼びかけながら、のんびりと頭を空っぽにできたらいいですよね。

自分自身のセンシティブさを知ることができるのも、自然の中なら安心です。

ぜひ試してみてくださいね。

心と体の乖離や離人感などには、サブパーソナリティのセッションがおすすめです。こちらより

カテゴリー: トラウマ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です