親、家系、過去世、魂の転生

今日は下弦の月。こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日は家系、一族という縛りについて。

私の大きなテーマの一つは親子関係・共依存なのですが、それを作り出す土壌には家系の問題があるように思います。

それは、親のそのまた両親も、同じような問題を抱えているということでもありますが、今日はもっと大枠で今の自分を見てみようと思います。

家系の中で、自分という存在を見てみた場合に、家系そのものの意志というものがあるように思います。

家系という系譜に意志があるって変な話ですが、私は存在するように思えてなりません。

家系の一員として、誰に言われたわけでもなく、教えられたこともないのに、その中での自分の役割を担ってしまっていたことに気がつくことがあるからです。

例えば、

一族の中で、優先順位があって、本家の長男が一番偉くなければならならず、それを越えてはならない。自分が学業や仕事で、もう一歩のところでうまくいかないのは、その家系のおきてがあったから。

また例えば、

一族を守るために、何世代かに一人は、犠牲となる必要がある。その犠牲の上に一族が栄える続けることができる。その犠牲者が自分だと知った時には、今の時代にそんな信じられないような決まり事があったことに驚いたが、それよりも、自覚がないのにそのように行動していた自分にもっと驚いた。今までの人に言えないような出来事の数々は、そこから来ていたのだと変に納得もした。

このような、一体今何時代だ!?と思えるようなことがあります。

例えば戦いが必要だった時代に考案したことだったかもしれませんし、それがその時代にはうまくいったことがあったのでしょう。昔は今と違って、日々生死を感じながら生きていたでしょうから、一族を絶やさないためという大きい目的にみんなで挑んでいたのだと思います。命がけで。

そして、こんな現代になってもなお、教えられていないのに、どうしてこんなことが・・・という事象を引き起こしてしまうは、命がけで先祖たちが伝えようとしたからなのだと思います。そして知らないうちに受け継いでいる。

そういったものに気がつく時に、家系には意志があると思うんです。

これまでの人生で、自分の意志ではどうすることもできないようなことがある。または誰にも説明できないことがあった。

そういったことは、家系という枠で見た場合に、なぜそうなったのかが分かることもあるように思います。

また、過去世からの影響もあります。

自分の先祖としての過去世を生きていたということもありますし、今の人生を送ることになったのは、間違いなくこれまでの転生があった上でのことですから。

また親子の課題に戻りますが、親子関係につまづきがると重く苦しく感じるものです。時に、もう立ち直れないのではないかとさえ思います。

そんな時には、家系や過去世という違った視点から見ることで、親子の課題の前提として、家系の意志が働いていることも考えられますし、また魂の転生に関わると考えると、違ったことが分かってくる。

そして、今それに気がついたということは、それを止めるチャンスだということです。

当たり前のように今までやっていたこと、何度も言われたけれど、自覚できなかったこと。

嫌というほど刷り込まれてきたことに気がついて、そしてそれは何と!止めることができるんですね。

もう、家族や家系のネガティブなことを自分が受け持たなくてもいい。

私の率直な感想は、『え、これやめてもいいの?』でした笑。

そしてそれは、自分が祖先だっ時に巻いた種の落とし前をつける、そんなことでもあると思いますし、魂の転生の理由でもあると思うのです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。