第3チャクラ★3次元で表現する自分は誰であるか

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

今日も第3チャクラ。第3チャクラはみぞおちのところにあります。

第3チャクラは、自分の意志で行動するためのチャクラです。

この3次元で衣食住にわたって自分はどんな人物かを表現しています。

3次元というのは、高次の意識が降りてくるところ。この3次元において、あらかじめ人生の様々な分野を発達させていることが必要です。

もっと上位のチャクラではスピリチュアルな現実化もされるのですが、ここ第3チャクラにおいては、まずはこの3次元で引き寄せたいものを現実化させていることが必要になってきます。

それは、住みたいところに住んで、身体に必要な食事をして、好きなものに囲まれて生活すること。そのための資金も自分で手に入れることができる。ということになります。

これらは、人によっては生まれたときからできている人もいれば、一生をかけて現実化させていく人もいるでしょう。

それはぞれぞれの課題になりますので、今現在できていなくても構いません。しかし、そうしたいと思っていること、現実にしたいと思っていることが大切です。

・・・・・そのために必要なことは、自分とは何かを知ることにあります。

自分がわからないと、現実化もされません。

本当に自分が望んでいるものは何か?

これは、本当に私が望んだ3次元の人生なのだろうか?

親の期待、家族の期待、恋人の願望、周りの人のためにやってはいないだろうか?

案外、誰もが周りの人の期待に答えたいと思っているものです。

もし、あなたが、子供時代に十分に愛されていないとすれば、周りの期待に答えたいと強く思っているかも知れません。

その場合には、自分の本当の願いよりも、誰かが喜ぶことを選択しているかも知れないです。

自分とは何かを知るためには、目の前のものがなくなってしまったら?と考えてみてください。

なくなっても、他のもので代用できるなら、それは本当の願いではありませんよね。

収入のためのバイト、値段を見て買った洋服類、日々の食材や日用品。

別にこれでなくても、代わりはあるなと思ったとしたら、本当に望んでいるものではない訳です。

逆に、お気に入りの輸入クッキー、使いやすい日本製のフライパン、しっかりした作りのバッグメーカーのバッグ、着心地のいい手作りのパンツ、収入のためだけれど日々自分のためになっていると感じているバイト。

これらは、他のものでは代用できないものになります。

そうやって、一つひとつ、自分にとって何が望みなのかをみていきます。

単純に好きか嫌いかで決めていきましょう。

妥協することなく。

これを続けていくと、本当に好きなもので人生が満たされることになりますね〜★

高次のチャクラでのスピリチュアルな現実化にも繋がります。

今日は、本当に好きな3次元を現実化させているか?=自分とは何か?という課題が第3チャクラにはあります〜♫でした。

ご参考になれば幸いです♫

チャクラとオーラのセッション行っています★

コメント

コメントを残す