正直に話すこと、自分を下げる言葉を使わない@喉のチャクラ♬

こんにちは、ヒーラーのSarahです。今週は喉のチャクラについてです♬

喉のチャクラを健全に活性化するために最も大切なこととは、正直に話すということです。

例えば、言いたいことがあっても正直に言えないときがありますよね。

そんな状況が最も喉のチャクラにとってはストレスになります。

社会において、家族において、友人やパートナーとの関係において、思ったことを言えないことって毎日のようにありますよね。

その時に、思ったことを今は言わないのだと選択できれば問題ありません。

ただ、言いたい言葉を言わずに飲み込んでしまった場合には、喉のチャクラにはストレスが溜め込まれることになります。

ここは、アサーションの要領で、思っていること、思っていても言えないこと、思っていることをどう言ったら良いか分からないこと、さらには言葉にするのが苦手なことさえも、言ってしまったほうが全然いいのです。

つまり、今の気持ちを何らかの言葉にすることです。

本人に向かっては言えなかったとしても、誰かに何があったかを聞いてもらうことや、その状況を俯瞰的に見て、自分がどうして言えなかったのかを発見することは大切になります。

また、自分を欺いたり貶めたりする言葉を使ってしまうことも、ほんの少しでもNGなのです。

私は、未だに大勢の中にいると自分を下に見せるような言葉を使ってしまいます。

どこかでこの世界は危険だと思っているので笑、目の前の人たちよりも下に自分を置くことでその危険を回避しようとしているんです。

そうしながらも、ああまたやっちゃったなあと思っているのですが。

みんなに面白いと思われたほうが楽なんですよね〜

しかし、実はこの自分をちょっと下げるような言葉、おどけてみせたり、駄目なところを強調したり・・・・これらは、以外にも喉のチャクラを傷つけてしまっています。

このくらいなら良いかも・・・と思ってしまいがちですが、自分の尊厳を少しでも傷つけるような言葉ではなく、自分を尊重する言葉を使っていきたいものです。

正直に話すことと、自分の尊厳を守る言葉を使うこと、喉のチャクラを活性化するには必須となります。

これを実践すると、喉や喉の周りの身体の不調さえも健全になっていきます。

例えば、喉の近くにある肩のこりや首の痛み、リンパも喉の近くを通っっていますが、リンパの流れも改善されたりします。

他にも、甲状腺だったり、両腕両手の機能も喉を健全に使うことで改善されます。

どうしてかと言えば、言葉を声に出して言うことで波動となって自分のエネルギー体にそのまま伝達されているわけですから。

嘘をついたりすれば、嘘の波動をまとうことになりますし、自分を少しでもけなすような言葉を言えば、けなした波動が自分を傷つけてしまうのです。

言葉は毎時間毎分ごとに使うわけですから、それが良くないものが蓄積されていくことになります。

つまり、ヨガや体操やストレッチも良いと思いますが(私もやっていますが)、それ以上に何を言葉にするのかが、喉とその周りの身体の健康には重要であるということ。

考えてみれば、当たり前のことですよね。

もちろん、不調や病気は、他のさまざまな要因も重なり合っていますので、喉を健全に使うたけで全ての不調が良くなるわけではないのですが、それでも何らかの良い影響があったり、改善されたり、時には不調が治ることにもなります。

逆に言うなら、喉や喉の周辺や両腕に不調を抱えている場合には、自分に正直になっているかどうか?正直な言葉を使っているのか?そして、自分をおとしめるような言葉を使っていないか?について観察してみると良いということになります。

ぜひ参考にしてみてくださいね♬

いつもありがとうございます。

チャクラとオーラのリーディングセッション行っています

コメント

コメントを残す