愛着障害とは、健全な愛情を与えてもらえずに育ったことにより人生に様々な障害を引き起こしてしまうパーソナリティ全般のことを指しています。

いわゆる発達障害全般や、解離性同一性障害などの根底にあるのも、この愛着障害です。

健全な愛情が必要な時期とは、主に胎児、乳児、幼児期です。この時、母親や母親代わりの人により無条件の愛で包まれるのが必要です。

しかし、そこまでできる親は少ないでしょうし、子供は柔軟ですから、多少の逆境ならかえって生きる力となることも多いものです。少なくとも、子供にどこかでは愛情を感じていて、何かを認めてあげることができれば救いがあります。

しかし、度を越えた場合、親が支配的、暴力的だったり、家庭内が安心安全でなかったり、ネグレクト、そもそも親や親の代わりになる人が入れ替わったり、いなかったりなど、『この世界は危険で信頼ができない。』と思わざるをえないような状況で育った場合には、愛着障害が起こりえます。

それは、生きづらさや、過度の承認欲求、自分よりも他人を優先してしまう、人を大好きになって何かの瞬間に大嫌いになる、傷つきやすさと人の気持ちがわからないことが同居する、自分の価値が認められない、うつや神経症、不安、恐怖感、不眠、自分で自分を傷つける行為などとなって、現れます。

誰かとの共依存関係、摂食障害、何かへの中毒嗜癖、依存、生活レベルで生きることが困難な場合もあります。

境界例、境界性パーソナリティ障害や、人格の乖離なども、根底にはこの愛着の課題があります。。

一見して普通の家でも愛着障害は起こります。明らかに破綻した家族関係ではなくても、親が親の役割が分からない・できないような機能不全家族だったり、そもそも子供に人格があるという意識がなかったり。

愛着障害を癒やすことによって、これらの人生の課題が軽くなり、生きるのがずっと楽になります。

『 お母さんの匂い  』

お母さんの匂い。私がほしかったもの

私が好きだったもの

いつも一緒にいたかったもの

ただそれだけだった

何も要らない 何も欲しくない

私がほしかったものは

お母さんの匂い 』

愛着障害のヒーリングは、インナーチャイルド、スピリチュアルリーディング、多次元ヒプノセラピーの『再誕生』で行います。

『再誕生』では受胎時と胎児期、誕生時を癒やすことができます。

乳児期幼児期は、インナーチャイルド、スピリチュアルリーディングにて行います。

多次元ヒプノセラピー

インナーチャイルドセラピー

スピリチュアルリーディング

*どのセッションがいいか迷う時にはメールにてご相談くださいね♪