連載・母と子供①全ての問題はインナーチャイルドの問題である。

ここから4回で、母と子供の関係についてをお話ししたいと思います。

今日はその①、

全ての問題はインナーチャイルドの問題である

です。

子供が育つ過程では、母親の愛情を目一杯に受ける、受けとることが特に必要な時期があります。

そこではお母さんが(または代わりとなってくれた祖母、姉、おばなどの存在が)、無条件の愛で包んでくれることが、健全なパーソナリティを育むには不可欠です。

特にお腹の中から、乳児期、幼児期2歳ごろまでは発達に置いて必須の時期です。

多くの場合には、無条件の愛でいつもいてあげられる親はそんなに多くはないのかも知れません。しかし、少なくともベースに子供への愛情があることは大切です。

また幼児期後期の課題には、自主性があります。はじめて友達の中、世の中に出てみて、どうやったらいいのか、何をしたいのか、どうすればできるのかということの基礎的な訓練をする時期。

その時には、友達の中でうまいかかなくても、家に帰ればそれを無条件で認めてくれて、また行ってらっしゃいと送り出してくれるお母さんや家族の存在が大切になります。

自分が何をしても愛されるという絶対の安心が必要なんです。

しかし、このころに親が支配的であったり、拒否されていたり、または自習性を認めない、過干渉(一種の支配ですが)だったとしたら、つまり、親の好きなように都合のいいようにされたとしたら、

発達の自主性が育まれることはなく、親や周りの顔色を伺うようになります。親に愛されたいがゆえ、また生きる必要性からも親の言うことを聞かなければならないと思います。多くは恐怖心からそうならざるをえない。この年齢でです。

また、子供は、

ここが安全だと思えない

世界は危険である 怖い

自分は恥である

自分に価値があるとは思えない

お母さんのため、家族のため、周りの誰かのために生きるのが当たり前になる

おさめることのできない怒りを持っている。

etc。

このような価値観や感情を溜め込んで生きてくようになります。

さて、自分の人生を生きるために、自分自身を取り戻す時、

ある程度までくると、

これら胎児、乳児、幼児期の癒しが必要となってきます。

それらを含めた潜在意識の領域の一部をインナーチャイルドと言います。

それらを、玉ねぎの皮を一枚一枚向いていくかのように、

自分自身を取り戻していく過程になっていきます。

そこにあるのは、自分と家族との関係であり、突き詰めていくと、お母さんとの関係です。

友人関係、職場、恋愛、人生全般の全ての問題はインナーチャイルドの問題であり、両親と子供、つまりは母と子の関係性によるものです。

さて、ここで手軽にできて、効果的なインナーチャイルドとの交流方法を★
・インナーチャイルドは体のどこかにいます。体の違和感のあるところにいることが多いです。例えば肩が痛かったら手を当ててあげて言葉をかけてあげてください。「大丈夫だよ。一緒にいるよ。ありがとう。」
・そして、日ごろから体と対話することを心がけます。そうすると体は喜びますし、インナーチャイルドの存在も分かるようになってきます。
・傷ついているので、そっと大切に触れてあげてくださいね。

次は、強い承認欲求は、親にぶつかってみる!で解決しよう。

コメントを残す