マルディック/死と変化への怖れ

マルディックと聞いて魂がざわざわとするのは私だけでしょうか?

こんにちは、ヒーラーのHidekoです。

マルディックでの人類の物語が始まります。マルディックとはどんなところなだったのでしょうか。

私たちの太陽系の進化に関するラーの話が続きます。

火星上の生命が破壊された直後に、この銀河内の生命体は総じて遺伝子に傷を持っていることが分かった。

その遺伝子の傷が、不自然な早死の傾向をもたらしていた。

それで、遺伝子内の染色体の循環パターンと周波数がその惑星自身や太陽の軌道周期と密接に調整されました。

目の瞬きと同じように、その時空の連続体におけるたった千分の一秒間に、すべての生命ある種は、一瞬だけ停止し、「現実との照合」を刻みつけます。それから彼らは現時点での太陽の符号に合わせて再調整され、一見変わりないように見えるみずからの生命の軌跡をふたたび歩み続けるのです。

そのためには,染色体がその瞬間だけ回転を止めて需要的になる能力を秘めていなければなりません。

早死という寿命の短縮化とは、「停止よりも萎縮を」という染色体の反応によるものでした。

そしてその植物を食べる人間にもそれと同じ現象が起こっていた。

これによって人間のなかに「細胞レベルでの変化と死」への恐怖という感情的な衝撃がもたらされた。

死と変化への怖れは人生への抵抗というかたちであらわれた。

その後、植物や動物や人間の肉体が意識の休息やパターンの変化に反応することができないことが発見され、それが寿命が短くなる決定的要因であることが明らかになった。

そのために、細胞や染色体の萎縮反応を無効する意識を合体させるという目的のためにDNAの鎖のなかでさまざまな変化が起こされた。その成果として520年周期の休止が起こったとき、エーテル体と肉体とが意識の反応パターンにしたがうことができた。

最終的に、時空の連続体の短い休息のあいだに染色体と細胞がただ「停止」し、それから意識が新しくも馴染みのある活動に戻ったときにそれらの通常の回転を再開することが可能になった。

新しいDNAをもった新しい動物や植物を充分に誕生させることで、残りの動物や植物たちもさらに数周期をかけて順応していった。

プレアデス人とデイヴァによって解決される次の問題は、相対的な進化のパターンを変更せずに、人間のスピリットへの魂の刷り込み「死と変化への恐怖という感情的な衝撃」をいかにして修正するかというということだった。

そして、人間を新しい肉体に誕生させ、彼らに正しい染色体のパターンを持つ植物や動物を食べさせる以外にそれを可能にする方法はないと決定された。

これがマルディックが位置していた場所です。

マルディックは、マルディックに連れられてくる人々の自己信頼の欠如と、つねに一定のしかたで修正される必要がある進行中の染色体とDNAの変化というなかにあったのでした

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。