マルディックにおける、共通事項とは。

『 それは、彼らの脳の松果腺は、同意にもとづいた活性化のときまでは、高次元の波動やコミュニケーションや光を受けとるための装備ができあがっていないという、単純な理由からです。そのときとは、26000年の進化のサイクルで最初の5200年周期のちょうど半分に当たる2600年をさしていました。』

こんにちはヒーラーのHidekoです。今日はマルディックの4つの社会での、松果腺の活性化、染色体の浄化、肉体と魂のつながりなどなど、共通事項についてです。

『 以上のマルディック4つの社会は、最初の2000年間はお互いに完全に孤立した状態を保っていました。それはそれぞれの社会が遠距離にあり、最初から出会う時期が決められていたことによるものでした。

どの集団にも新しい故郷の惑星とその環境に慣れるための、そして可能なかぎり遺伝子レベルで癒されるための、また探検という意識的に衝動を発達させるための時間が必要だったのです。

そして2000年ごとにマルディック上の大部分の植物や動物の染色体の変異が浄化されると、マルディック人はそれらのより健康的な食料源に対して、魂のレベルでそしてDNAのレベルで癒やされるというかたちで反応しはじめました。

マルディック人は概して単純で少し無気力な人々でした。

そして彼らの肉体への魂のつながりの一部の側面と、七番目のチャクラにおける創造への衝動は、染色体の変異が少なくとも部分的に癒やされるまでは休止状態にとどめられることが前もって決められていました。』


2000年ごとにマルディック上の大部分の植物や動物の染色体の変異が浄化される

マルディック人はそれらのより健康的な食料源に対して、魂のレベルでそしてDNAのレベルで癒やされるというかたちで反応しはじめました

最初から4つの社会が出会う時期が決められていた

七番目のチャクラにおける創造への衝動 体への魂のつながり 染色体の変異が少なくとも部分的に癒やされるまでは休止状態

彼らの脳の松果腺は、同意にもとづいた活性化のときまでは、高次元の波動やコミュニケーションや光を受けとるための装備ができあがっていない

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。