ハイアーセルフに聞いても決めるのは自分★第3チャクラ

こんにちは♬

今週は第3チャクラの話です。第3チャクラは胃(みぞおち)のところにあります。

第3チャクラの主要なテーマは、自分で決めて行動することにあります。

自分が決めることがとっても大切です。

人によっては、自分で決めること自体が難しい場合があります。

私は以前は、ハイアーセルフやガイドの言うとおりにしていました。

それだけ聞くと良いように思えますが、実際には本当に重症で、今日スーパーで何を買ったらいいのかまでいちいち聞かないと決めることができませんでした。

決められない人だったのです。親との共依存、ACさんあるあるですかね。

これって全く良いことではなく、主体性がない状態・誰かに決めてもらうのが当たり前だったのでした。

スピリチュアルを学ぶと、一般社会の常識は全く意味がなくなります。一般社会でさえ怖いのに、常識が通用しないところで自分で決めるなんて怖くて怖くて仕方なかったのです。

このすべてをハイアーセルフに聞くというやり方は、ある程度の時期まではうまくいきました。

ハイアーセルフは全て教えてくれていました。

しかし、ある日ある時から、全く教えてくれなくなったのでした。

それはまるで高次元と切り離されたかのようでした。

いくら聞いても教えてくれない。

・・・・・・

つまり、そろそろ自分で決めてくださいね〜!って時期になったのでした。

自分で決めるということはすべての行動の責任を自分が取るということです。

それは、霊的な責任も含まれます。

逆に言えば、自分で決めたくないとは、私は自分のやったことの責任を取らない!と言っているようなものです。

はっきり覚えているのは、

‘私はこんなに子供時代に傷ついたのだから、今誰かを傷つけたとしても仕方ないことだ”

・・・・・そう思っていたのでした。

つまり、誰かを傷つけた責任を取らないと思ってたのです。

当時子供時代の辛い体験と向き合っていたとはいえ、かなりひどいです(汗;

そして残念なことに、こんなこと思っていると、現実の中で傷つくような出来事が誰かではなく自分に降り掛かってしまうのです笑。

さてこの第3チャクラでは、決めて行動することがテーマ。

誰かに決めてもらったとしたら、行動しても自分のものにはなりません。

誰かに決めてもらったとしたら、誰かのせいにできてしまいます。

エネルギー的に見ると、誰かにエネルギーを預けてしまっているそんな状態。エネルギーが誰かのところに行ってしまっています。

自分のエネルギーを自分のものにするには、うまくいってもいかなくても、自分で決めることが必要です。

そうなれば、エネルギーはどっちにしろ自分に向かいます。

そして行動は経験となり、次は改善もできるようになります。

誰かにきめてもらったとしたら、この試行錯誤ができないままです。

そして、スピリチュアルなことであっても、ハイアーセルフ任せにせず、この次元を生きる自分の意志においても決定してください。

自分で決めることで世界が開けていきます♬

いつもありがとうございます。

オーラとチャクラのリーディング★初回無料セッションはこちらより

日本にあるトルコ

コメント

コメントを残す