セクシュアリティに向き合うのが恥ずかしい★第2チャクラ

こんにちは♬

今週は第2チャクラの話しです。第2チャクラは丹田のところにあります。

第2チャクラではセクシュアリティを表現していきます。

どれだけ自分自身を大切な女性男性として扱っているかということですね♬

自分が性的な存在であることを認めるには勇気が必要な場合があります。

まず自分で自分をそう認めるのが恥ずかしい。

その裏側には、子供のままでいたい、そうすればお父さんお母さんの愛情を得られるから。

という気持ちがあるようです。

そんな理由で苦手なんじゃないと思うかもしれませんね。

私もまさかセクシュアリティについても親が関係してるとは思わなかったですね〜

が、底辺にはやはり両親への気持ちがあります。

子供時代には異性の親を大好きだと思う気持ちをめいっぱい感じる必要があるのですが、同性の親への遠慮からその感情に蓋をしたりします。

そうするとますます親への思いから離れられない。

いい大人になっても持ち続けてるのがやっかいなんです笑(私のことだ)。

恥ずかしくてできたら考えたくない(私だ)。

この場合の誰かとは不特定多数の誰かではなく愛し愛される1人の誰かですよ‼︎

ああ、そこは避けてできれば通りたかったww

何となくでやり過ごしてきた過去w

が、本心では本当の自分になることを求めていて、この自己矛盾の葛藤が起こりますが。

今日は、第2チャクラの活性化には必須★セクシーな自分を受け入れましょう♬って話しでした。

いつもありがとうございます。

或る女 ピカソ

コメント

コメントを残す