あなたのために神は話す・・・・サラの言葉⑤

サラのメッセージとともに創世記(旧約聖書)の始まりを解説する五日目になります。

サラとはキリストとマグダラのマリアの子供です。

では、岩波文庫『創世記』より、

そこで神は、「水には生きものが群生し、鳥には地の上に、天の大空の面(おもて)を飛べよ」と言われると、そのようになった。

神は大きな海の怪物と水の中に群生するすべての種類の泳ぎまわる生きもの、さらに翼あるすべての種類の鳥を創造された。神はそれを見てよしとされた。

そこで神は彼らを祝福して言われた、「ふえかつ増して海の水に満ちよ。また鳥は地に増やせよ」と。

こうして夕あり、また朝があった。以上が第五日目である。

・・・・英語版・・・・

God said, “Let the waters swarm with swarms of living creatures, and let berds fly above the earth in the open expanse of sky.”

God created the large sea creatures, and every living creature that moves, with which the waters swarmde, after their kind, and every winged bird after its kind. God saw that it was good.

God glessed them, saying,”Be fruiful, and multiply, and fill the watars in the seas, and let birds multiply on the earth,”

There was evening and there was morning, a fifth day.

では、サラの言葉です。

『 自分自身の中の自信になる言葉として捉えましょう。

あなたの中には、たくさんの可能性という海の藻があります。生きものもいます。それらは単純に今日使うお皿を選ぶという才能から、あなたの使命となることにまで拡大していきます。海の中のあなたの可能性と大地で生み出される飛ぶという可能性。それは大地で生み出される必要がありますし、また海の中の可能性の両方が必要です。赤ちゃんを授かるのに、用水の中のまるで海の水が必要なように、同時に可能性を羽ばたかせる翼を持った存在が必要なのです。それをどう捉えるかはあなたの自由ですが、まずはあなた自身の可能性の話であると捉えてください。あなたが可能性に満たされなければ、あなたが癒やす人達の可能性も満たされません。潤沢な海の恵みと大地の恵みを、まずはあなたがしっかりと体内に取り入れてください。今日は海の中にいる(羊水の中にいる)あなたを思い、海の恵みを取り入れると思いながら眠ってください。イメージすると実際にそのようになります。そして充分に取り入れた後には、しっかりと大地に立って、可能性に満ちたあなたが飛びたつのだと信頼してください。そうなります。

サラ 』

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。