サイキック能力が失われる時がある

今日は、サイキック能力が失われた時です。

みなさんにスピリチュアルな目覚めや覚醒がやってきます。

今日は、それを既に経験している人へのお話です。まだの方はスルーするか、読み物としてどうぞ。

はじめての覚醒体験の後には、サイキック能力が目覚めたり、オーラの色が見えるようになったり、動物や植物と意思疎通が出来るようになったりと、様々な能力が開発されます。

3次元のちっぽけな存在だと思っていた自分が、開かれてとても大きな存在になったような気がします。そしてそれは本当です。

この時期とは、生まれてはじめて自分自身の本当の素晴らしさに触れる時期です。

と同時に、私のようなタイプの人にとっては、勘違いしがちな時期でもあります笑。自分がとても優れているような気になるのです。

今日は、そんな人間味あふれる皆さまへ。

まだエゴが克服されていないこの時点では、自分の高次の意識にすべて従っているのではなく、エゴの欲求もまだまだ強いため、危険なことさえ起こりえます。

それは、自分が大きな存在になったと勘違いするこことで起こってしまいます。

ほんとうの意味での大きな存在と言うよりは、エゴや劣等感の裏返しで、自分を誇大に思ってしまうことがあるのです。

しかし、そういったエゴが肥大したような状態になれば、スピリチュアルな進化は止まってしまいます。せっかくのサイキック能力もなくなったりします。

ロトを当て続けて、生計を立てているという人に会ったことがあります。

その人はそれで生計を立てていましたが、大金を得たいとは思っていないとのことでした。今は、何もせずに考える時間が必要だから最低限の生活をするため、ロトをやっているということでした。

これもサイキック能力です。

もし、それで大金を得たいと思ったとしたら、何度かはうまくいくかもしれませんが、そのうちにその能力はしぼんでいくのではないかと思います。

大金を得るとなると、魂に従っているのではなくなるからです。

もしそうなると、これまでのようにサイキックな能力がなくっていきます。そしてだたおかしいな、ということだけに気が付きます。

こうなると、たいていの人はどうしていいのかわからなくなります。

私がそうでしたが、何とかこれまでと同じことをやろうとします。

最初の成功体験が、そうさせるのです。しかし、何も起こらずに、苛立つ日々を送ることになります。

ロトが当たらないだけではなく、オーラの色も、植物との話もできなくなっていきます。

・・・・・・さて、そんな時には、どうすればいいのでしょうか?

サイキック能力がなくなっても、何もできない普通の自分に戻ったとしても、必要なこととは、自分を見つめることだけです。

スピリチュアルな進化とは、人間全体としての進化です。

エゴの克服や、感情との付き合い方などなど、様々な領域にある課題のどれかひとつを欠いだままでも、スピリチュアルな進化はできないものなのです。

ですので、もしこれまでのようにサイキックではなくなり、オーラの色も見えなくなったとしたら、あ〜あ、仕方ないかなあ〜と思い直して、自分を見つめることが大切です。

普通の人に戻ったようで嫌になることもありますが、これしかありません。

エゴの影に隠れている、自分が気がついていないこと、見落としていることは何か?

という問いを自分に投げかけてみてください。

もしかしたら、スピリチュアルではなく、心理学が必要だったり、いったん社会的に働く必要がある場合もあります。

また、謙虚になるなど、あたり前のことを学ぶ必要のある人もいるでしょう。多くの場合がこれに当てはまるような・・・・笑。

そして、あなたの中のすべての領域が少しづつ成長しながら、全体としての霊性の進化がまた始められるわけです。

それに気がついた時には、サイキックな特殊能力は、もはやどうでもいいと思うかも知れませんね。

今日は、サイキック能力が失われた時、何が起こっているのか?どうすればいいのか?をお送りしました。

どうぞ一日を★

コメントを残す