アーカイブ

仏陀チャネリング☆『縁起』

2016.6.30   仏陀による『縁起』ニューバージョン解説!

 

あなたの世界があなた自身をあらわしていることを知るがいい

 

あなたが世界をどのように思っているのか、

 

どう捉えているのか、

 

 

あなたの目の前にあることは、そのままあなたの内側を、

 

もっというなら、価値観と信念をあらわしている

 

 

それが、困難を呼び起こしているとしたら、ただあなたの内面を変えればいいのだ

 

あなたができることはそれだけなのだ

 

それは、またいい側面があることでもある

 

 

あなたが自分の信念を変えようとする時、

 

それを一緒に体験している周りの人に影響を与えることが出来る

 

あなたは、ただ自分の信念をチェンジしていけばいい

 

 

周りを見ていてごらんなさい

 

あなたの根底にある信念が180度変わるとき、

 

あなたはまさに世界が変わることを体験するだろう

 

それは、宇宙の摂理と繋がっていく体験だ

 

 

いいかい、縁起、仏教の縁起は、人生を(カルマを)繰り返すためにあるのではない

 

あなたが人生観を変えるとき、その素晴らしい影響を周りの与えるためにある、宇宙の摂理なのだ 縁起を説いたナーガルジュナたちは、果たしてそのことまでに至っていたのか、どうか

 

しかし、宇宙は仏教に偉大なギフトを授けてくれた

 

それが紛れもない、この縁起・宇宙の摂理なのだよ

 

 

 

仏陀

 

 

 

2016.6.23インド仏教の基本の思想のひとつに、「縁起」というのがあります。

 

縁起とは、すべてのものがつながっていて生起していること。森羅万象は繋がりの中にあり、原因が結果を引き起こし、それが永遠に続いていること、まるで折り重なるタペストリーのように、

 

ちなみに、大雨も、台風も、私たち人間の意識の影響で起きると言われています

 

原因が結果を、その結果もまた原因となり、次の結果を生み出し続ける、そしてその中に私たちもあること、

 

意識体としての私、そしてすべての意識体によって、原因と結果を創り続けている。

 

そして、それが分かった時に、「空」を観想することができる・・・・

 

ざっくり言ってこんな感じ照れ

 

普通に言う縁起とは、ちょっと違っていますね。

 

 

さて、今日は仏陀と繋がっていますが、

 

 

 

空の思想を私は言わなかった

 

空とは、虚しいことではない

 

空とは、天を信じ、おのれを信じ、私たち(仲間、コミュニティ、自分たち、共同創造をする単位)を信頼の気持ちで包むことだと私は思っている

 

それが出来た時に、あなたの世界は大きく広がるのを理解できるだろうか。

 

あなたの中に私がある

 

私の中にあなたがある

 

それを知るがいい。

 

あなたが持っていないものを、あなたは引き寄せることができないのだ。

 

あなたの上に降ろされているものを、あなたは拒否するつもりなのか?

 

それでは、あなたを生きることなどできない。

 

あなたを生きるということは、あなたの周りをあなたが包んでいくことだ。愛で包んでいくということだ。

 

いいかい。それをあなた喜びの中で行うことだ。そして、いつか分かる。それが、あなたの本当に望んだものだと。その場所から、あなたに祝福を送ります。その場所に在るあなたが見えている、ここからは。ありがとう。

 

仏陀より

 

 

 

ありがとうございます。

 

そうですよね、仏陀は空という思想を言っていません。

 

それは、後にナーガルジュナなどによって著された思想です。

 

余談ですが、ホントにインド仏教って奥が深いのです。仏陀亡き後、後継者たちが、仏陀の教えを解釈、解釈、解釈・・・拡大解釈を続けに続けて、密教にまで至りました。そして、その教えは、インドを超えて、中国、チベット、日本にも。すごいですよね、仏陀ってなんて愛されている人だっていつも思います。

 

 

 

仏陀チャネリング☆仏性について

仏性について

 

仏性とは、あなたの中に在る、私と同じ仏となる本質のこと

 

あなたの中には、私と同じ道をたどっている部分があることを知っているだろうか。

 

私が生まれたのは、中世のインド

 

それは、まだ、物質的な豊かさを知らないころ

 

それもあってか、私たちは心をどうにかして意味付け理解してたいと思っていた。

 

それは寝食を忘れるほど私たちを魅了した。

 

分かるだろうか、その感覚を。その思い、その世界観を。

 

 

あれから、月日は経ち、様変わりした世の中。

 

今の時の中で、私と同じ道をたどっているあなたがたを私は頼もしく誇りに思う。

 

どうぞ、苦しむがいい。

 

もがき続けるがいい。

 

ダメな自分を見つけ続けるがいい。

 

 

それをやってやって、やり尽くした時、それが真理とはならなかったことが、あなたにも分かるだろう。あなたの真実は、その中にはない。むしろあるのは、喜びの中。

 

豊かさの中、楽しさの中。

 

 

そして、本当には、その中にもない。

 

では、どこにあなたの真実はあるのか?

 

 

あなた自身を丸ごと包むことが出来た時、それが、その全体性が、真実と分かるだろう。

 

 

あなたを包むあなたの中の真実、大いなる存在、分かりやすいなら神と言ってもいい。

 

それが仏性である。

 

ただ自分の姿を受け止め、受け入れることが出来た時、あなたの仏性は目覚め始めるだろう。目覚めにすぎないとはいえ、それは第一歩なのだから。

 

 

目覚めなさい。あなたの真実に、あなたの中の神がいる場所、あなたの愛と言っておこう。それは私の言葉で言うなら、仏性。仏性に目覚めなさい。

 

仏陀