円成実証の世界

ブッダの説いた原始仏教の中には、円成実証という言葉は出てきません。しかし、ブッダの言いたかったことを最も的確に著しているのが、この円成実証ではないかと思えるほどです。

では、どういうことかと言いますと、最も苦しいと思った体験の中に飛び込むことをブッダは求めていたと思います。飛び込むとは、あなたが誰にも言うこともできず、死ぬまで自分にさえ隠し通そう・なかったことにしようと抑圧してきたその体験を癒していく、光を当てていくことです。それを思い出すくらいなら、死んだ方がいいと思って、あなたは今までその体験を抑圧し続けてきました。しかし、ブッダはその中に飛び込むことを身をもって証明しているのです。さて、そうした時に何が起こるでしょうか。そうです。ブッダと成るのです。あなたの生きる意味・使命を知ることによって。ブッダと成る。ブッダとは覚醒に至った人のこと。それを一言で表すとするなら、宇宙との一体感を体得したと言えるでしょう。宇宙がそのまま自己の中に存在することを体得した、さながら円である宇宙が自己であることが分かったのです。円である宇宙がすなわち自己と成る。それを身をもって実証したこと。それが円成実証。ブッダは、それを知ってか知らずか、後々の仏教徒たちが、解釈に解釈を重ねていき、大乗仏教、そして密教、チベット、中国、そして日本に渡っていきました。後の仏教徒たちがブッダの教えを解釈し続け、展開して行ったことそれ自体が円成実証であり、もしかするとブッダの本当の意図はそこにあったのかと思うほどです。

そして、私たち後世の在家信者(寺の檀家である、それでも在家であると言えるとして)においての円成実証とは、宇宙との一体感を得る為には、あなたの命をかけた人生を送ることを選択すること。その具体的な方法は、あなたの最も辛く苦しい体験の中に飛び込むと決めること。つまりは、意識下に抑圧してきた体験を癒していくと決めること。

ブッダは言っています。あなたが最もいたたまれなかったあなたをあなたが受け入れること。その時、あなたの人生が、本当の輝きとなり、本来の姿を表すのです。

それを後世の仏教徒は円成実証と言って、ブッダの真意を著したのです。

コメントを残す