次回の満月の瞑想会は10月5日(木)19時より☆

次回の満月の瞑想会は、


【日時】10月5日(木)19時より

【場所】めぐろパーシモンホールB1会議室にて☆

【内容】まずは、体を一つ一つ丁寧に癒していきます。

日頃は後回しになっている体を感じながら、マインドフルネスの状態になっていくところからスタートします。

オーラ、チャクラを整えて、お集まりの全員に共通するテーマをクリアリングしていきます。

さらには、あなたののハイアーセルフと出会っていきましょう。

【参加費】2000円は、当日お持ちください。

【お申し込み】お名前、メールと、10月5日瞑想会参加を、こちらメールフォームよりおしらせください。

*当日はエネルギーが動きますので、ミネラルウォーターをご持参ください。

 

毎回、参加される方によってガラリと内容が変わるのが、瞑想会のいいところ。
前回は過去世と家系とが一つのテーマとしてあったようでしたね。

オーラを浄化して整えると、今までとは違った波動になって引き寄せるものも変わってきますよ☆

どうぞお気軽に参加してくださいね〜☆

連載④自分の人生を生きていこう

さて、子供として、親たるもの親の役目をちゃんとやってよ!と言いたくなる気持ちはありますが、

昨日お伝えした通り、

お母さんは、あなたが欲しいものを与えることはできない。なぜなら、お母さん自身がそれを持っていないから。

という事実があります。

何度聞いても、呆然としてしまいますね。

でも、大丈夫。

 

一番愛情をかけてもらうべき時に、そうしてもらえなかった子供たち、

私たちは大人になりました。

自分を見つめ始めて、

インナーチャイルドの存在にも気が付いています。

インナーチャイルドとは、傷ついた内なる子供のこと。

これからは、

あなた自身が、あなたのことを第1番に認めてあげる。

たとえ、誰も認めてくれなくても、

あなただけはあなたの味方でいてあげる。

あなたの内なる子供の味方でいる!

つまりは、自分の責任を自分で取るということ。

それは、本当の意味で、あなた自身の人生を生きると決めるということです。

 

そこには自由があります。

あなたは自由になっていい。

あなたの上に自由な青い空が広がっていることを受け入れましょう。

両手を広げてあなたの人生をつかんでください。

 

そうなったあなたには恩恵が待っています。

それはこれまでどんなに親を責めても全く聞いてもらえなかったのに、あなたがあなたの人生を生き始めた途端、お母さんや家族が、変わってしまうのです。

そこには感じよく話しかけてくる別人の彼らがいるんです!

それには笑ってしまいますね。

言い方を変えると、お母さんも自分の人生を見つけ始めます。

あなたの周りの人たちも。

そして、生き方を変えることができない人は、あなたの人生から去って行きます。

もっと違う言い方をすると、世界が変わり始めます。

あなたが、変わることで、本当に世界が変わるんです。

 

さてさて、それだけじゃない。そこには更なる恩恵があるんですよ。

あなたと親との深いところでの繋がり。

本当は両親は愛を与えてくれていた、それがただひとつの真実だったとしたら。

そんなこと信じられないと思いますか。

彼らの愛を受けとるとき、

あなたの世界はさらに一変するでしょう。

そして、あなたの使命や、ほかにも多くの恩恵が。

どうぞ、さらなる恩恵を受け取ってくださいね。

セッションはこちらから、

スピリチュアルリーディング

インナーチャイルド

多次元ヒプノセラピー

連載③諦める

昨日の承認欲求の話し、自分にも心当たりあるなあという方も多かったのではないでしょうか。普通ありますからね。ご心配なく^^

今日は、諦める!です。

何を?

それは、お母さんがあなたを認めてくれることをです!

さ、先に言ってしまった!

こんなえげつないことを!!

でも、何回でも言いますよ!

認められることを諦めようって!

どうしてかと言うと、

だって、お母さんは、絶対あなたを認めてくれないから!

多くの人の世の中で認められたいの根底にあるのが、

母に認められたいというものです。

頑張っていい成績を取ろうとする、

お母さんが喜ぶからと、周りの人を助けなくちゃと思っている、

お母さんが望む自分でいなくっちゃだめ。

認められたいと思って行う行動には、

一見、認められたいとは思えないようなこともあるんです。

お母さんより優秀にならない、

お母さんより醜くなろう、

お母さんが望んだダメな自分になることでお母さんに認めてもらいたい!

なんだかとても切ないです。

そこまでしても、

そして、どんな親でも、子供にとっては唯一のお母さんなんですね。

それは、何度も言いますが、乳幼児期に与えてもらえなかったものが、あまりに大きくて、そうなってしまうのです。

どんなことをしても認めてもらいたい。愛情が欲しい。

しかし、どんなに頑張っても、

お母さんはあなたを認めることはありません。

それはできません。

なぜなら、お母さん自身がそれを与えてもらえなかったんです。

だから、あなたにあげるものを、それは無条件の愛にほかならないのですが、それを持ち合わせていないのです。

だから、あなたにそれをあげることができなかった。

子供としては、呆然となるばかりですが、

諦めるしかないんです。

 

悲しいけれどこれが、私たち子供が知る必要のある客観的事実。

じゃあどうすればいいの!?

ちゃんと答えがありますよ

人生って、誰のものでしょう?

連載②親にぶつかってみる

前回は、全ての問題はインナーチャイルドの問題である。とお伝えしましたが、

今日は、承認欲求について!

自分の成果をみんなに知ってもらいたい!

って、

そう思いますよね。

私も、そう思うことたくさんあります!。

ギターを買った時、バスに乗りつつ、♪みんなが私を音楽やってる人だって見てるんだと思うと、嬉しかったですもん☆はい、何でも形から入る方ですから~

まあそれはいいとして笑、

さてさて、

そんなたわいない場合もあれば、

認められることが至上命題となっている人もいます。

まあ、ほとんどの人が、みんなに、または誰かに認めてもらいたくて、

活動しているんですね。。

しかし、度がすぎると、自分というものがなくなってしまう。

例えば、必死で働いていて、上司が認めてくれない、認めてくれるで一喜一憂することになりますから。この状態は、結構辛い。

ある程度まではOKで、ここからは健全とは言えなくなる、その境目は、

みんなが認めてくれるのが、自分のモチベーションを高めることに繋がったり、いいフィードバックとなったりするのであれば、健全ですよね。

それに振り回されることになっているとすると、健全ではない状態です。

なぜそんなことになるんでしょう。

 

それは、子供の頃に認めてもらいたい欲求をちゃんと満たしていないからです。

お腹の中から、乳幼児期にです。

それで必死になる。

やっぱりここでも、お母さんとの関係が根底にあります。

 

さてここで大切なのは、

まずは、自分がそういう状態であることを知っておくことです。

自分は承認欲求が強い方だ。

誰かに認めてもらいたいと思っている。

そして、それが至上命題となってしまうと分かっていること。

そして、それから、

そんな自分にどうぞ優しく接してあげましょう。

 

スピリチュアルな法則で、

こうして欲しいと思えば思うほど、遠のく。というのがあります。

認められたい!!

みんなに、上司に、会社に、世の中に、

お母さんに。

でも、その思いが強すぎると、逆に遠のいてしまう。

そんな時には、その自分をまずは受け入れて、いたわってあげてくださいね。

それは、傷ついたあなたのうちなる子供なんです。

さて、

そんな時、親にぶつかってみる。という解決の方法があります。

思いの丈を親にぶつける!

今まで言えずにきたことを全部。洗いざらい!

私自身も過去にそれをやったことがあります。

その効果はと言うと、

自分自身の中のある部分はこの方法で満足したと思います。もし、あなたが親に文句の一つも言ったことがない。そんな子供時代だったとしたら、この方法は有効だと思います。

この方法を行うのが必要な時期もあるでしょう。

 

そんな時は、ぶつかってみてください。

さて次回は、根本的部分へと向かいます。

③諦める

連載①全ての問題はインナーチャイルドの問題である。

今日から4回で、母と子供の関係についてをお話ししたいと思います。

と言いますのも、セッションを受けられる方の多くが、

ほとんどと言ってもいいのですが、

この母子間のことが根底にあるからです。

今日はその①、

全ての問題はインナーチャイルドの問題である

です。

子供が育つ過程では、母親の愛情を目一杯に受ける、浴びるように受けることが特に必要な時期があります。

そこではお母さんが(または代わりとなってくれた祖母、姉、おばなどの存在でも大丈夫)、無条件の愛で包んでくれることが、健全なパーソナリティを育むには不可欠なんです。

お腹の中から、乳児期、幼児期2~3歳ごろまでのその段階を経て、

世界がお母さん、お父さんだけではないと分かってくる段階へと向かいます。

しかし、どれほどの親が無条件の愛で子供を包んであげることができるでしょう。20代、30代、最近では40代(それ以上の方も)のお母さんたち自身が、未だ自分を見つけようしています。

心を扱う専門家の間でも、このお腹の中にいる時期から乳幼児までの時期に愛情をどのくらい受け取っているかが大切だという視点を持っている人は、少ないと言われています。

 

また幼児期後期の課題には、自主性があります。はじめて友達の中、世の中に出てみて、どうやったらいいのか、何をしたいのか、どうすればできるのかということの基礎的な訓練をする時期。

その時には、友達の中でうまいかかなくても、家に帰ればそれを無条件で認めてくれて、また行ってらっしゃいと送り出してくれるお母さんや家族の存在が大切になります。絶対の安心が必要なんです。

しかし、このころに親が過干渉であったり、支配的であったり、拒否されていたとしたら、つまり、親の都合を押し付けられたとしたら、

自主性が育まれることはなく、親の考えに基づいて生きていくようになってしまいます。多くは恐怖心からそうならざるをえない。

親の考えが一番。正しいかどうか、私のためになっているかどうかは後回しになっている。

 

 

さて、自分自身を取り戻す時、

ある程度までくると、

私たちは、これらインナーチャイルドを扱い始めます。

ちなみにこちらでのインナーチャイルドの癒しは、

・インナーチャイルドセラピー

・多次元ヒプノセラピー

・ゲシュタルト療法

・アートセラピー

・ヨガセラピー

がベースになっています。

 

親に子供が自分とは違う一人の人間であるという認識がない

自分のコンプレックスを子供で解消したい親

ストレスを子供にぶつけてしまう親。

無関心、過干渉、時にその両方。

そんな中で子供は、

ここが安全だと思えない

世界は危険である 怖い

自分は恥である

自分に価値があるとは思えない

お母さんのため、家族のため、誰かのために生きるのが当たり前すぎている。

おさめることのできない怒りを持っている。

etc。

 

玉ねぎの皮を一枚一枚向いていくかのように、

自分自身を取り戻していく過程になっていきます。

そこにあるのは、めくってもめくっても、

お母さんとの関係なんです。

そう、何をおいても、母と子供。

こう言って言い過ぎではないと思います。

全ての問題はインナーチャイルドの問題なんですね。突き詰めて考えてると、あなたの目の前の問題は、ここから始まっている。

それ程インナーチャイルドの癒しは大切です。

明日は、親にぶつかってみる!です。

 

満月の瞑想会は9月6日19時〜

次回の満月の瞑想会は、

【日時】9月6日(水)19時より

【場所】めぐろパーシモンホールB1第2練習室にて☆

【内容】ドルフィンスターテンプルの誘導瞑想です。まずは、体を一つ一つ丁寧に癒していきます。

それを行いながら、マインドフルネスの状態になっていくところからスタートです。

オーラ、チャクラを整えて、お集まりの全員に共通するテーマをクリアリングしていきます。

さらには、あなたののハイアーセルフと出会っていきましょう。

【参加費】2000円・当日お持ちください。

【お申し込み】お名前、メールと、9月6日瞑想会参加を、こちらメールフォームよりおしらせください。

*当日はエネルギーが動きますので、ミネラルウォーターをご持参ください。

 

 

前回の瞑想会の様子はこんな感じ☆

顔出し大丈夫なみなさまです☆和やかな中にも、みなさん自分を見つめるいい時間となったようでしたよ〜

感謝!!!

あなたの性体験のトラウマを癒す

トラウマは、エネルギー体や体に残っていますが、それを浄化し癒やしていくことは可能です。

その体験の瞬間、人は瞬時に色々なことを処理しています。例えば、この出来事はなかったことにしようと、意識の外へと体験自体を抑圧することは、生きるための処方であったりします。

それらは、あなたの準備が整った時に、また再び意識に浮かび上がろうとします。その時の自分がsosを言って知らせてくれているんです。

また、体とともに、魂の領域を癒し、あなたの中にい続けている誰かがいたならは、速やかに立ち去ってもらいましょう。

そして、あなたの人生はあなたが決めていいんだということです。

そうは思えないこともあるかと思いますが、今できうる限りの癒しをあなた自身へと与えてあげてください。

 

泣いてもいいんです。

もう泣きたいだけ泣いても大丈夫。

泣きたいのを我慢した時の分まで、今好きなだけ。

 

スピリチュアルリーディングはこちらより

 

瞑想会のご感想ありがとうございます。

しし座の新月、満月にとても怯えていました。

新しくなる私ってなんなんだろう。自分の中にある思いを出さずにはいられなくなるとはどんなことなのか??

さっぱりわからないのに、ただただ不安で。

心配をしょっているの中でHidekoさんの瞑想会があると知り参加しました。

瞑想は習ったこともあり、グラウンディングも行っていたけれど、

何も考えず、全てをHidekoさんにお任せすることにしました。

空間、時間、自分を整える事をHidekoさんの優しい声で導いて下さったおかげで、

目を閉じているはずの私の前に色とりどりの景色が映りました。

不安を手放していい。もう愛しかないから。

たわわに実った葡萄畑にいる私の姿で、瞑想は終了しました。

これほどまでに優しさの中にいた自分を感じたのは初めてでした。

今までの不安は流れていくのを感じました。

グループでの瞑想会でしたが、お隣の人が気になることもなく、

同じ時間を過ごした心地よい方々ばかりで、ご一緒になったのもご縁なんだと思いました。

とても良い瞑想会に参加できました。ありがとうございました。

K様のご感想

ドルフィンスターテンプル瞑想会のご感想

実は、心を落ち着けたいな

位の軽い気持ちで参加してまして

あんなに深いところへ連れて行って

貰えるとは思わず。

びっくりしました。

身体やチャクラを整えてる間も

低く澄んだ声が心地よく

ただただ身を任せていられることに

ひたすら安心感がありました。

レムリアの使者を呼んでいただいたとき

左側に温かい存在を感じて

懐かしいような、申し訳ないような気持ちになりました。

一緒に声に出してと言われた契約書

途中から悲しくて苦しくて、声を出せなくなりました。

「また、同じ罪を繰り返すのか」

そんな言葉が脳内で繰り返され

以前のセッションで感じた

鎖につながれた足首の感覚と

湿った土の感覚が蘇ってきました。

その時蘇った記憶では、私はどこか遠い国で

子どもたちに薬草の見分け方や星の見方を教えていました。

そして、その教えたことが原因で、たくさんの子供の命を

奪うこととなってしまったようでした。

その時の後悔も、

元々の原因はその契約にあったようでした。

契約の全ての言葉が

私の深層から悲しみと後悔を連れてきました。

経験したことすら覚えてないその記憶

私は、私が知らぬ間に交わしたその契約を

守り続けて苦しんでいたことを知りました。

泣きつづけて、差しだした右手に

レムリアの使者は、金属のなにか武器のようなものを

渡してくれました。

それが何かは分からないけれど、私にそれが

馴染みのあるものであることが分かりました。

そして

「へぇ、それなんだ。」

そんな声とともに、温かい何かが

掛けられたように感じました。

それが、ハイヤーセルフの声らしいと感じて

やたらとカジュアルな話し方にまた驚きました。

(それ、というのは私の武器のようなものに対して)

ハイヤーセルフから頂いたものは、よくわからなかった…。

悲しみが収まると、段々身体が温かく感じられ

落ち着いてきて

最後に、後ろから抱きしめるようにして

ハイヤーセルフが離れていきました。

翌日、起こったことを振り返って

ここから先に生かせるとしたら…

私は、もう一度導く側に立とうと思えました。

そして、それを実現するために

自分になにかプレゼントを買おうと思いました。

翌日、ずっと行きたいと思っていた

シンギングボールのお店に

ティンシャを買いにいきました。

(マインドフルネスの練習会に使いたくて)

そこで、レムリアの使者が

渡してくれたものがわかりました。

チベットの僧が瞑想や儀式で使うという

ドルジュという法具でした。

ちょっとお値段が(!)だったので

入手ならず!でしたが、いつかタイミングで

迎えたいなと思っています。

いつも、私の前に

灯を掲げてくれてありがとう。

今後とも、よろしくお願いします。

過去世の贖罪を続けていることに気がつく

こんにちは、

ヒーラーのHIDEKOです。

 

最近過去世をみさせていただくことが多く、過去世づいている私。

 

私自身としては、ヨーロッパ、テンプル騎士団、エジプト、アトランティス、レムリア、太陽系の、そしてそれ以前の、この銀河系での転生を癒し続けています。

 

まあ、過去世を癒す担当でもあることから、いろいろな転生を目の当たりにしていまして、

 

そんな中でも、自分ではどうしても解消できない過去世というものがあるというように感じます。

 

例えば、核実験、マカバの実験、スピリチュアリティを誤用したこと、DNA的な書き換え、過去世と家系のからまりなどなど。

 

特に誤った(と自分で思っている)過去世の贖罪をし続けている。自分が光の存在にならないことで、罪を償い続けていたりします。

 

しかも、それらが過去で終わっておらず今に大きく影響を与えているというのがあって、癒す必要があるなあと。

 

image

 

では、過去世をヒーリングすると何が変わるのでしょうか。

 

それは、それぞれの過去世での最善の人生を再構築して、今へとつなげることができる。

 

つまり、その過去が変わることで今現在も変わることができるということです。

 

癒す必要のある過去世が、今と全く同じだったりして、実際に今現在を変えていくことができますからね。

そして、最善が起こることが今世でも可能となります。

 

 

これは、私の体験ですが、

 

アトランティスの動物実験の過去世があったんです。それがわかったとき、数年来の体の辛さの原因がこれだったとやっとわかって。何とも言えない体の辛さの中にあったのに、何が原因ともわからないことが余計に辛かったんですね。

その過去を癒したところものすごく楽になったことがあります。

 

ちなみに、この太陽系においてはアトランティスでは(ほかの時空間でも)、動物実験やDNAの実験などもあったようですね。

 

ちょっとおどろおどろしいですが、今が癒すタイミングなのかもしれません。

 

粉々になったあなたの転生を癒しましょう。

 

 

ふんわりウイングふんわりウイング過去世リーディングふんわりウイングふんわりウイング

 

都内サロンにて、遠隔でも行います。遠隔でも同じ効果です。

 

セッション中には過去世のリーディングと合わせて、今必要なヒーリングも行っていきます。

 

50分15000円

90分20000円

*事前のお振込みをお願いしております。

 

お申し込みは、こちらメールフォームより、

お名前、メール、今月のセッション日程をご覧いただいて、ご希望日時、過去世リーディング希望をお知らせください。*ペイパルでのクレジットお支払いをご希望の方は申し込み時にチェックを入れてください。

 

*当日はエネルギーが動きます。ミネラルウォーターをご持参ください。(多めにお取りください。)

 

*セッションに関するご質問などありましたら、お気軽にメールフォームよりどうぞ♪

 

チベットの過去世で必死に修行

今日は、過去世リーディングって、どんな感じ?

 

 

チベットで、必死に修行していた。

 

その昔。という話しです。

 

 

 

 

 

 

修行系の方っていますよね。人生は修行だ〜!みたいな。

 

私も数年前はそうでした。道を求めて、東へ西へ〜地球

 

それこそ、仏陀の修業時代をまねしてたかのように。

 

いつの間にか、修行系の私はどこかへ行ってしまい、のんびり系になっていましたが・・・・・キョロキョロ

 

 

 

 

 

 

 

チベットでは、私は男性の修行僧です。かなり必死で悟りにいたろうと頑張っています。

 

そこには大勢の修行僧たちが一緒に修行しています。その中のひとりの男性の僧から相当に激しい攻撃を受けています。

 

修行をしているということから分かるように、サイキックな攻撃です。それが、だんだんと呪術的な様相を帯びていき、最初は問題にもしていなかったのですが、身体がダメージを受けてきています。

 

次の場面では、横になって苦しんでいます。もう生きてはいけないようです。なにかを言っています。

 

殺されたようなものだと当時の私が言っています。

 

その相手に死ぬ間際に、攻撃をしています。それが致命傷となってお互いがこの時に死んだようです。

 

 

 

 

 

 

という過去世が見えていました。

 

 

 

 

 

 

 

で、それは今に大きく影響を与えていたのです。

 

それは、「お互いを破壊するまで攻撃し合う」という影響。

 

今まで何度かあったのですが、ある特定の人との間で、お互いに止められない摩擦となってしまうことがありました。

 

 

 

それらが、このチベットの過去世からのエネルギーが影響していたのでした。

 

 

という感じで過去世リーディングはすすみます。

 

 

セッションの最後にはアカシックレコードとつながります。

過去世リーディング

都内サロン(中目黒・三軒茶屋など)で行います。

また遠隔スカイプでも可能です。
  • 50分15000円
  • 90分〜120分20000円
お申し込みは、今月のセッション日程をご覧いただき、
こちらメールフォームより、お名前、ご希望日時、スピリチュアルリーディング希望(お試し50分の方はそちらも)と、対面か遠隔かをおしらせください。
事前のお振込をお願いしています。*ペイパルでのクレジットお支払いご希望の方は、メールフォームにチェックを入れてください。
*キャンセル規定をご一読ください。

瞑想会のご感想ありがとうございます。

瞑想会というものが全く分からないまま参加しましたが、100%信頼し 

その空間に身を委ねる事が出来ました

知らない神様が沢山登場してくれた事

ふんだんにゴールドの光を流してもらった事

オーラを9色?で覆った事

綺麗な薔薇を置けた事(私の薔薇は 赤ではなく 柔らかいレモンイエローだった)

それらの事が特に感動的でした

Y様より

私たちは一つ、何をやっても本当に自由だよ

宇宙との連動を図ります。

地球の中心と私の中心軸が一つとなります。

今日も楽しんでもらえたら幸いです。

一つとなることについて

私たちは一つだ

その事実は変わらない

それぞれがどう思っていようが、

それがただ一つの事実だ

誰かを羨んだり

憎しむ時も

怒る時にも

孤独を味わったとしても

一つであることに変わりはない

だから、何を言いたいかというと、

何をやっても大丈夫ってこと

本当に自由に何をやってもいいんだよ

ラファエル

私は最近、メタトロン、ラファエル、そしてセントジャーメインと一緒にいることが多くありました。

いろんなヒーリングを受けたりしたんですが、

みなさん、知ってますか?

大天使メタトロンがめっちゃ男前だってこと!

かなり昔に、肉体の周波数を変えて宇宙船で宇宙を旅をしている(確かイギリス人)の女性の話を聞きに行った時、

彼女はメタトロンと会っていて(それはメタトロンが肉体を持つ必要があった時のようで)、

満面の笑みで男前だった!と言っていました☆

それ以来、私は未だ肉体を持ったメタトロンとは出会っていないけれども、オラクルカードでのあんな感じかなあと妄想を膨らませております。

そして、もう一人のイケメンマスター、セントジャーメイン。

フランス革命や、テンプル騎士団、薔薇十字なんて聞くと、思い出す方もいるかもしれませんね。

私は、高校生の頃、世界史がとにかく得意でした。特にヨーロッパ史。勉強せずとも満点が当たり前だったんです。他の教科ではありえないけれど。 ヨーロッパ史が馴染み深すぎて、一度聞いたら忘れられない!そんな感じでした。何と言ってもクライマックスはフランス革命。1789年と聞くと心臓がドキドキしたのを覚えています。

セントジャーメインの画像は、ネット検索すると出てきます〜

ふんわりウイングふんわりウイング生まれ故郷の星ってなあに?

私たちの多くは、この銀河での転生を繰り返しています。

その中でも特に初めて生まれ出てきた星には、特別な思い入れがあります。

例えば、金星、例えばシリウス、例えばプレアデス、アルクトゥールスetc...

それら生まれ故郷の星には、今でもあなたの原型があり、

それはあなたの今世で成し遂げる必要のある原型、波動、周波数を保持してくれています。

そして、必要な時に、それが降ろされるんです。

例えば金星の愛の周波数を保持してる原型があったとしたら、それが降りてくる。

明日の早朝・8月8日の3時が満月の時間です。

満月は、浄化にぴったり! というのも、いろいろなものを体が溜め込んでいる時だからですね。

太陽と月の引力が引っ張りあうことで、私たちの体も膨張しています。

内面も揺れがちになりますが、自分と向き合うにはいい時期でもありますよ。

8月8日19時めぐろパーシモンホールでのドルフィンスターテンプル瞑想体験会では、メタトロンやセントジャーメインとも繋がります。満月の瞑想会はこちらから

ふんわりウイングふんわりウイング自分にとって何が幸せかを決めておこう!

これから、私たちはもっとどんどん本当の自分自身を生きるわけですが、

その際、何が自分にとって幸せなのかをはっきりさせておきましょう。

それは、もしかしたら、子供の頃におじいちゃんが言った言葉、『女の子はお嫁さんになるのが一番幸せ』ということを今も思い続けているだけかもしれません。

自分の好きなことは、案外、子供の頃にやりたかったけれど、やれないままでいることにあるかもしれませんよ。

お盆も近づいていますね〜!何が自分を幸せにするのかを時間をとって感じてみましょう。思い起こしましょう! これ、本当に大事なんですよね。私もやるぞおウインク

さて、お盆と言えば、富山で『心と体をとことんリラックス瞑想会』を行います!8月12日(土)14時〜富山サンフォルテ☆こちらから

8月8日満月の瞑想会

 

次回の満月の瞑想会は8月8日(火)19時〜

@めぐろパーシモンホールB1会議室にて

 

 

あなたの日常をもっと素敵になるように
あなたを取り巻く環境がさらに変容するように
あなたの人生をありのままに受け止めてみませんか。
目の前の出来事をただ観察する
中庸の視点を取り入れましょう。
この瞑想会で受け取れること
虹満月のエネルギーを受け取って浄化する

虹日頃は気がつかない体に意識を向けリラックスする

虹オーラを整え、結界を作る

虹チャクラの回転を整える

虹地球と繋がってグラウンディング

虹社会や家族、世間といった枠の中の自分ではない、ありのままの自分と出会う

 

 

満月の瞑想会ブログはこちらから

 

 

 【場所】めぐろパーシモンホールB1会議室

東横線都立大学駅徒歩7分程http://www.persimmon.or.jp/know/access.html

・定員7名さま
【参加費】2000円は当日お持ちください。
【お申し込み】お名前、メール、8/8瞑想会参加を、こちらメールフォームよりお知らせください。
・また、当日はエネルギーが動きますので、ミネラルウォーターをご持参ください。
・内容によっては延長することもございます。お時間には余裕を持ってお越しください。

円成実証の世界

ブッダの説いた原始仏教の中には、円成実証という言葉は出てきません。しかし、ブッダの言いたかったことを最も的確に著しているのが、この円成実証ではないかと思えるほどです。

では、どういうことかと言いますと、最も苦しいと思った体験の中に飛び込むことをブッダは求めていたと思います。飛び込むとは、あなたが誰にも言うこともできず、死ぬまで自分にさえ隠し通そう・なかったことにしようと抑圧してきたその体験を癒していく、光を当てていくことです。それを思い出すくらいなら、死んだ方がいいと思って、あなたは今までその体験を抑圧し続けてきました。しかし、ブッダはその中に飛び込むことを身をもって証明しているのです。さて、そうした時に何が起こるでしょうか。そうです。ブッダと成るのです。あなたの生きる意味・使命を知ることによって。ブッダと成る。ブッダとは覚醒に至った人のこと。それを一言で表すとするなら、宇宙との一体感を体得したと言えるでしょう。宇宙がそのまま自己の中に存在することを体得した、さながら円である宇宙が自己であることが分かったのです。円である宇宙がすなわち自己と成る。それを身をもって実証したこと。それが円成実証。ブッダは、それを知ってか知らずか、後々の仏教徒たちが、解釈に解釈を重ねていき、大乗仏教、そして密教、チベット、中国、そして日本に渡っていきました。後の仏教徒たちがブッダの教えを解釈し続け、展開して行ったことそれ自体が円成実証であり、もしかするとブッダの本当の意図はそこにあったのかと思うほどです。

そして、私たち後世の在家信者(寺の檀家である、それでも在家であると言えるとして)においての円成実証とは、宇宙との一体感を得る為には、あなたの命をかけた人生を送ることを選択すること。その具体的な方法は、あなたの最も辛く苦しい体験の中に飛び込むと決めること。つまりは、意識下に抑圧してきた体験を癒していくと決めること。

ブッダは言っています。あなたが最もいたたまれなかったあなたをあなたが受け入れること。その時、あなたの人生が、本当の輝きとなり、本来の姿を表すのです。

それを後世の仏教徒は円成実証と言って、ブッダの真意を著したのです。