あなたが持つその銃を今おろしてください

この世の悲しみを

受けたことの後悔を

受け入れることの難しさを

自分自身をやっていくことをあきらめそうになる時

そんな時に私たちヒーラーの力を借りてください。

大切なものはあなたの命

他にはありません

誰かと比べるのはやめましょう

あなたはあなたのままでいいなんて聞いても、すぐそのあとで比べてしまいそうになる

自分自身だけと向き合うことをやりましょう

あなたが自分自身に対して知っていることは、ほんの少しです

今のあなたが本当のあなたではありません

これだけははっきりと言えます。

今のあなたが想像もできないほど、あなたの本質は大きく偉大であると。

うれしかったことを思い出してみましょう。

あなたはたくさんの喜びで包まれたことがあります。

誕生の時、あなたの周りにいた全員をあなたの光が照らしたのです。

それはまばゆい光でした。

もう一度、その光へと戻りましょう。

誰もがあなたを見てほほ笑んだその光へ。

自分だけがと思っているかもしれません。

そして、自分だけがとてもつらい人生を送っていると。

それは、そうかもしれないし、そうでないかもしれない。

しかし、おそらくあなたより大変な人生の人はこの世にいるはずですよね。

それがそうだとするなら、私だけの人生が大変だとはもう思わないように。

むしろ、みんなの人生で、いろんなことが起こり、時に傷つけあうことがあっても、それはその人の人生なんです。

あなたがケアする必要のあるのは、あなたの人生だけです。

あなたが手放すことで、あなたも周りも楽になります。その持っている銃をおろしてください。

 

アコースインミラクルズの中に、

あなたがこの地球のためにできる最も素晴らしいことは、あなたが今自分を攻撃するのをやめることであるという一節があります。

 

あなたの大切な人のために、あなたが最も大切だと思っている地球上の子供たちのために、

 

今、あなたの持っている銃をおろしましょう。

そこに、あなたが生まれた時持っていた光がもう一度さすんです。

それはあなたが持っていて少しの間忘れてしまったものです。

あなた自身へと戻ってください。あなたの光の中に戻ってください。

あなたは愛です。

Quan Yinメッセージ

言うと言わざるとにかかわらずあなたは愛です。

それ以上でもなくそれ以下でもありません。

愛はただ愛するだけです。そこにあるものを。それがあなた。

あなたとは永遠からなる存在です。そこへと還ります、私たち全員がそうなのです。

永遠とも思われた長い旅は終わろうとしています。しかし、実際には終わることはありません。あなたの一部が死に、また新たな再生がなされ旅が始まるのです。それを私たちは永遠とともに繰り返してきました。

そう永遠とともにです。

あいするあなた。あなたは永遠に還るのです。そこがあなたの場所、それがあなた自身。

あなたと共にありますように。

Quan Yin

 

次回の満月の瞑想会は10月5日(木)19時より☆

次回の満月の瞑想会は、


【日時】10月5日(木)19時より

【場所】めぐろパーシモンホールB1会議室にて☆

【内容】まずは、体を一つ一つ丁寧に癒していきます。

日頃は後回しになっている体を感じながら、マインドフルネスの状態になっていくところからスタートします。

オーラ、チャクラを整えて、お集まりの全員に共通するテーマをクリアリングしていきます。

さらには、あなたののハイアーセルフと出会っていきましょう。

【参加費】2000円は、当日お持ちください。

【お申し込み】お名前、メールと、10月5日瞑想会参加を、こちらメールフォームよりおしらせください。

*当日はエネルギーが動きますので、ミネラルウォーターをご持参ください。

 

毎回、参加される方によってガラリと内容が変わるのが、瞑想会のいいところ。
前回は過去世と家系とが一つのテーマとしてあったようでしたね。

オーラを浄化して整えると、今までとは違った波動になって引き寄せるものも変わってきますよ☆

どうぞお気軽に参加してくださいね〜☆

連載④自分の人生を生きていこう

さて、子供として、親たるもの親の役目をちゃんとやってよ!と言いたくなる気持ちはありますが、

昨日お伝えした通り、

お母さんは、あなたが欲しいものを与えることはできない。なぜなら、お母さん自身がそれを持っていないから。

という事実があります。

何度聞いても、呆然としてしまいますね。

でも、大丈夫。

 

一番愛情をかけてもらうべき時に、そうしてもらえなかった子供たち、

私たちは大人になりました。

自分を見つめ始めて、

インナーチャイルドの存在にも気が付いています。

インナーチャイルドとは、傷ついた内なる子供のこと。

これからは、

あなた自身が、あなたのことを第1番に認めてあげる。

たとえ、誰も認めてくれなくても、

あなただけはあなたの味方でいてあげる。

あなたの内なる子供の味方でいる!

つまりは、自分の責任を自分で取るということ。

それは、本当の意味で、あなた自身の人生を生きると決めるということです。

 

そこには自由があります。

あなたは自由になっていい。

あなたの上に自由な青い空が広がっていることを受け入れましょう。

両手を広げてあなたの人生をつかんでください。

 

そうなったあなたには恩恵が待っています。

それはこれまでどんなに親を責めても全く聞いてもらえなかったのに、あなたがあなたの人生を生き始めた途端、お母さんや家族が、変わってしまうのです。

そこには感じよく話しかけてくる別人の彼らがいるんです!

それには笑ってしまいますね。

言い方を変えると、お母さんも自分の人生を見つけ始めます。

あなたの周りの人たちも。

そして、生き方を変えることができない人は、あなたの人生から去って行きます。

もっと違う言い方をすると、世界が変わり始めます。

あなたが、変わることで、本当に世界が変わるんです。

 

さてさて、それだけじゃない。そこには更なる恩恵があるんですよ。

あなたと親との深いところでの繋がり。

本当は両親は愛を与えてくれていた、それがただひとつの真実だったとしたら。

そんなこと信じられないと思いますか。

彼らの愛を受けとるとき、

あなたの世界はさらに一変するでしょう。

そして、あなたの使命や、ほかにも多くの恩恵が。

どうぞ、さらなる恩恵を受け取ってくださいね。

セッションはこちらから、

スピリチュアルリーディング

インナーチャイルド

多次元ヒプノセラピー

連載③諦める

昨日の承認欲求の話し、自分にも心当たりあるなあという方も多かったのではないでしょうか。普通ありますからね。ご心配なく^^

今日は、諦める!です。

何を?

それは、お母さんがあなたを認めてくれることをです!

さ、先に言ってしまった!

こんなえげつないことを!!

でも、何回でも言いますよ!

認められることを諦めようって!

どうしてかと言うと、

だって、お母さんは、絶対あなたを認めてくれないから!

多くの人の世の中で認められたいの根底にあるのが、

母に認められたいというものです。

頑張っていい成績を取ろうとする、

お母さんが喜ぶからと、周りの人を助けなくちゃと思っている、

お母さんが望む自分でいなくっちゃだめ。

認められたいと思って行う行動には、

一見、認められたいとは思えないようなこともあるんです。

お母さんより優秀にならない、

お母さんより醜くなろう、

お母さんが望んだダメな自分になることでお母さんに認めてもらいたい!

なんだかとても切ないです。

そこまでしても、

そして、どんな親でも、子供にとっては唯一のお母さんなんですね。

それは、何度も言いますが、乳幼児期に与えてもらえなかったものが、あまりに大きくて、そうなってしまうのです。

どんなことをしても認めてもらいたい。愛情が欲しい。

しかし、どんなに頑張っても、

お母さんはあなたを認めることはありません。

それはできません。

なぜなら、お母さん自身がそれを与えてもらえなかったんです。

だから、あなたにあげるものを、それは無条件の愛にほかならないのですが、それを持ち合わせていないのです。

だから、あなたにそれをあげることができなかった。

子供としては、呆然となるばかりですが、

諦めるしかないんです。

 

悲しいけれどこれが、私たち子供が知る必要のある客観的事実。

じゃあどうすればいいの!?

ちゃんと答えがありますよ

人生って、誰のものでしょう?

連載②親にぶつかってみる

前回は、全ての問題はインナーチャイルドの問題である。とお伝えしましたが、

今日は、承認欲求について!

自分の成果をみんなに知ってもらいたい!

って、

そう思いますよね。

私も、そう思うことたくさんあります!。

ギターを買った時、バスに乗りつつ、♪みんなが私を音楽やってる人だって見てるんだと思うと、嬉しかったですもん☆はい、何でも形から入る方ですから~

まあそれはいいとして笑、

さてさて、

そんなたわいない場合もあれば、

認められることが至上命題となっている人もいます。

まあ、ほとんどの人が、みんなに、または誰かに認めてもらいたくて、

活動しているんですね。。

しかし、度がすぎると、自分というものがなくなってしまう。

例えば、必死で働いていて、上司が認めてくれない、認めてくれるで一喜一憂することになりますから。この状態は、結構辛い。

ある程度まではOKで、ここからは健全とは言えなくなる、その境目は、

みんなが認めてくれるのが、自分のモチベーションを高めることに繋がったり、いいフィードバックとなったりするのであれば、健全ですよね。

それに振り回されることになっているとすると、健全ではない状態です。

なぜそんなことになるんでしょう。

 

それは、子供の頃に認めてもらいたい欲求をちゃんと満たしていないからです。

お腹の中から、乳幼児期にです。

それで必死になる。

やっぱりここでも、お母さんとの関係が根底にあります。

 

さてここで大切なのは、

まずは、自分がそういう状態であることを知っておくことです。

自分は承認欲求が強い方だ。

誰かに認めてもらいたいと思っている。

そして、それが至上命題となってしまうと分かっていること。

そして、それから、

そんな自分にどうぞ優しく接してあげましょう。

 

スピリチュアルな法則で、

こうして欲しいと思えば思うほど、遠のく。というのがあります。

認められたい!!

みんなに、上司に、会社に、世の中に、

お母さんに。

でも、その思いが強すぎると、逆に遠のいてしまう。

そんな時には、その自分をまずは受け入れて、いたわってあげてくださいね。

それは、傷ついたあなたのうちなる子供なんです。

さて、

そんな時、親にぶつかってみる。という解決の方法があります。

思いの丈を親にぶつける!

今まで言えずにきたことを全部。洗いざらい!

私自身も過去にそれをやったことがあります。

その効果はと言うと、

自分自身の中のある部分はこの方法で満足したと思います。もし、あなたが親に文句の一つも言ったことがない。そんな子供時代だったとしたら、この方法は有効だと思います。

この方法を行うのが必要な時期もあるでしょう。

 

そんな時は、ぶつかってみてください。

さて次回は、根本的部分へと向かいます。

③諦める

連載①全ての問題はインナーチャイルドの問題である。

今日から4回で、母と子供の関係についてをお話ししたいと思います。

と言いますのも、セッションを受けられる方の多くが、

ほとんどと言ってもいいのですが、

この母子間のことが根底にあるからです。

今日はその①、

全ての問題はインナーチャイルドの問題である

です。

子供が育つ過程では、母親の愛情を目一杯に受ける、浴びるように受けることが特に必要な時期があります。

そこではお母さんが(または代わりとなってくれた祖母、姉、おばなどの存在でも大丈夫)、無条件の愛で包んでくれることが、健全なパーソナリティを育むには不可欠なんです。

お腹の中から、乳児期、幼児期2~3歳ごろまでのその段階を経て、

世界がお母さん、お父さんだけではないと分かってくる段階へと向かいます。

しかし、どれほどの親が無条件の愛で子供を包んであげることができるでしょう。20代、30代、最近では40代(それ以上の方も)のお母さんたち自身が、未だ自分を見つけようしています。

心を扱う専門家の間でも、このお腹の中にいる時期から乳幼児までの時期に愛情をどのくらい受け取っているかが大切だという視点を持っている人は、少ないと言われています。

 

また幼児期後期の課題には、自主性があります。はじめて友達の中、世の中に出てみて、どうやったらいいのか、何をしたいのか、どうすればできるのかということの基礎的な訓練をする時期。

その時には、友達の中でうまいかかなくても、家に帰ればそれを無条件で認めてくれて、また行ってらっしゃいと送り出してくれるお母さんや家族の存在が大切になります。絶対の安心が必要なんです。

しかし、このころに親が過干渉であったり、支配的であったり、拒否されていたとしたら、つまり、親の都合を押し付けられたとしたら、

自主性が育まれることはなく、親の考えに基づいて生きていくようになってしまいます。多くは恐怖心からそうならざるをえない。

親の考えが一番。正しいかどうか、私のためになっているかどうかは後回しになっている。

 

 

さて、自分自身を取り戻す時、

ある程度までくると、

私たちは、これらインナーチャイルドを扱い始めます。

ちなみにこちらでのインナーチャイルドの癒しは、

・インナーチャイルドセラピー

・多次元ヒプノセラピー

・ゲシュタルト療法

・アートセラピー

・ヨガセラピー

がベースになっています。

 

親に子供が自分とは違う一人の人間であるという認識がない

自分のコンプレックスを子供で解消したい親

ストレスを子供にぶつけてしまう親。

無関心、過干渉、時にその両方。

そんな中で子供は、

ここが安全だと思えない

世界は危険である 怖い

自分は恥である

自分に価値があるとは思えない

お母さんのため、家族のため、誰かのために生きるのが当たり前すぎている。

おさめることのできない怒りを持っている。

etc。

 

玉ねぎの皮を一枚一枚向いていくかのように、

自分自身を取り戻していく過程になっていきます。

そこにあるのは、めくってもめくっても、

お母さんとの関係なんです。

そう、何をおいても、母と子供。

こう言って言い過ぎではないと思います。

全ての問題はインナーチャイルドの問題なんですね。突き詰めて考えてると、あなたの目の前の問題は、ここから始まっている。

それ程インナーチャイルドの癒しは大切です。

明日は、親にぶつかってみる!です。

 

満月の瞑想会は9月6日19時〜

次回の満月の瞑想会は、

【日時】9月6日(水)19時より

【場所】めぐろパーシモンホールB1第2練習室にて☆

【内容】ドルフィンスターテンプルの誘導瞑想です。まずは、体を一つ一つ丁寧に癒していきます。

それを行いながら、マインドフルネスの状態になっていくところからスタートです。

オーラ、チャクラを整えて、お集まりの全員に共通するテーマをクリアリングしていきます。

さらには、あなたののハイアーセルフと出会っていきましょう。

【参加費】2000円・当日お持ちください。

【お申し込み】お名前、メールと、9月6日瞑想会参加を、こちらメールフォームよりおしらせください。

*当日はエネルギーが動きますので、ミネラルウォーターをご持参ください。

 

 

前回の瞑想会の様子はこんな感じ☆

顔出し大丈夫なみなさまです☆和やかな中にも、みなさん自分を見つめるいい時間となったようでしたよ〜

感謝!!!

あなたの性体験のトラウマを癒す

トラウマは、エネルギー体や体に残っていますが、それを浄化し癒やしていくことは可能です。

その体験の瞬間、人は瞬時に色々なことを処理しています。例えば、この出来事はなかったことにしようと、意識の外へと体験自体を抑圧することがあります。それは生きるためにそうしたのです。

それらは、あなたの準備が整った時に、また再び意識に浮かび上がろうとします。その時の自分がsosを言って知らせてくれているんです。

何を思い出したとしてもそれはもう過去の出来事です。

また、体とともに、魂の領域やエネルギー体もヒーリング癒していきます。

恐怖のあまり波動の低い存在とつながっていたなら、速やかに立ち去ってもらいましょう。

今できうる限りの癒しを自分自身に与える許可を出してください。

 

そして、あなたの人生はあなたが決めていいんだということです。

 

泣いてもいいんです。

もう泣きたいだけ泣いても大丈夫。

泣きたいのを我慢した時の分まで、今好きなだけ。

 

スピリチュアルリーディングはこちらより